car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型シルフィ ゼロエミッション、日産が中国向けEVセダンを発売予定

日産シルフィ ゼロエミッションが2018年後半に中国発売される

日産は、4月25日より開催中の北京モーターショー2018で、シルフィ ゼロエミッションをワールドプレミアさせた。

(写真はシルフィ ゼロエミッション)
シルフィ ゼロエミッション

中国が自動車の主力市場として考えられるようになって久しいが、最近では外資の規制が撤廃される動きがあり、さらに日系を含めた外国メーカーの参入が活発になることが期待される。特にEVなど新エネルギー車については、通常乗用車の2022年よりも先駆けて、2018年内にも外国からの出資規制の対象外となることが発表されている。

シルフィ ゼロエミッション フロントグリル シルフィ ゼロエミッション トランク

シルフィ ゼロエミッションのほか、リーフやe-POWER搭載車も中国国内での販売を計画

そんななか発表されたシルフィ ゼロエミッションは、日産が中国で展開するEV事業の核となるモデル。プラットフォームは昨年2017年に日本発売された新型リーフから流用され、中国市場で好まれるセダンのボディスタイルに仕上げられた。

シルフィ ゼロエミッション リアコンビネーションランプ

新型シルフィ ゼロエミッションのエクステリアデザインは現行のシルフィに非常に近く仕上げられている。ただしリチウムイオン式によるメインバッテリーがフロアに敷き詰められる形で搭載されるなど、内部構造はリーフから多くの部分を受け継ぐ。航続距離は338kmと発表されている。

シルフィ ゼロエミッション 日産

新型シルフィ ゼロエミッションの発売時期は2018年後半となる見込み。このほか、日本で先行販売されているリーフも車体公開され、2018年末に中国で販売されることが予告されている。さらに、シリーズ式ハイブリッドのe-POWER搭載モデルも中国導入される計画となっている。

#1 匿名2018/04/26(Thu)17:21:48ID:M5MzQyNWmY
日本ではe-シルフィ―として発売してほしいなー
#2 匿名さん2018/04/26(Thu)19:04:44ID:ExZDYxZjWN
リーフよりこっちが欲しい
#3 匿名さん2018/04/26(Thu)19:17:42ID:lhM2ZlNDmY
中国では政府の支援もあって急速にEV,PHEVなどの新エネルギー車が普及しているらしい。
それにしても、日本の排気量による自動車税は確実に海外での競争力の妨げだよな。
#4 匿名さん2018/04/26(Thu)20:49:31ID:M0YmJkOTWY
見た瞬間、気持ち悪いと思った。
こんな事は初めてだ。
#5 匿名さん2018/04/26(Thu)20:58:24ID:JlZjMwZjmZ
これは酷い
#6 匿名さん2018/04/26(Thu)22:53:19ID:liZGNiNmDM
無理やり過ぎる 
国内で販売されないから関係ないが
#7 匿名さん2018/04/26(Thu)23:53:47ID:k2ZDYyODjY
いきおいのある市場からおこぼれもらうしかないんだよなぁ
国内でもでないものか、これにかぎらず
そういうのがおおすぎる
#8 匿名さん2018/04/27(Fri)00:02:26ID:c4OGVhNjWY
日産はゴーンに魂を売った時から、日本市場を軽んじている。
#9 匿名さん2018/04/27(Fri)11:11:31ID:Q3NTQ5NmDN
>プラットフォームは昨年2017年に日本発売された新型リーフから流用され、中国市場で好まれるセダンのボディスタイルに仕上げられた。

どうみても現行シルフィ(セントラ)とボディデザインは共通に見えるけど
「パレートレーンを新型リーフから流用した」じゃないかと
#10 匿名さん2018/04/27(Fri)13:28:01ID:NmZTYyYjWZ
#3
リーフの自動車税29500円は高すぎる。
下げるとプリウスが売れなくなるから、下げられないのだろうな。
#11 匿名さん2018/04/27(Fri)16:10:12ID:hhNzAwNTDN
取れる所から取ってしまえという安直な方針でしょう。
自動車に関する税金が、一般財源化されている事が大問題。
そういう政治家を当選させたのは国民自体なのだが。
#12 匿名さん2018/04/27(Fri)20:32:32ID:A5OWVkN22N
※#11
自動車に関わる税金もそうだけど、数年前からはキャリアのスマートフォンの通信料金の方が大問題!
四人家族の月額料金で車のローンが払える。
#13 匿名さん2018/04/28(Sat)06:02:45ID:E3NTk0YjzZ
トヨタ・ホンダには一生追い付く事のできない売国メーカー。

それが仏産。
#14 匿名さん2018/04/28(Sat)08:26:24ID:UzNmY5ODDZ


トヨタホンダ日産に性能で永久に追いつかないのはVWだろ。
#15 匿名さん2018/04/29(Sun)14:51:36ID:I2NTAxYjzM
そだねー!
#16 匿名さん2018/05/02(Wed)14:57:51ID:M0OWE5ZDGY
日産で唯一褒められるとしたら、インテリジェンスミラーだな。他社はナビオプション付けないとステアリング連動バックガイドモニターがまず使えん。
#17 匿名さん2018/05/02(Wed)22:10:08ID:NhY2QwNzzZ
ゴーンさんはいつまで社長続けるの
#18 匿名さん2018/05/03(Thu)06:44:27ID:UxMGI0MWDZ
ひ、ひ、酷すぎるクルマ(個人感想)
#19 匿名さん2018/05/03(Thu)12:19:41ID:Q3MTQ1NDTM
の好みに合わせたデザインなんでしょう
#20 #192018/05/03(Thu)12:20:21ID:Q3MTQ1NDTM
チュウゴクジンの好みに合わせたデザインなんでしょう

なんで、変換したら、x になるの?
#21 匿名さん2018/05/03(Thu)19:47:34ID:NhYzgxZmGY
#22 匿名さん2018/05/04(Fri)04:15:01ID:ZiMDAxZWWZ
日本メーカーのEVセダンの中では最量販モデルになるだろう。
#23 匿名さん2018/05/04(Fri)05:18:29ID:k0ODE5YWjN
車名変更して国内導入

ブルーバード e-SSS

勿論、nismo仕様あり

以上、勝手な妄想
#24 匿名さん2018/05/04(Fri)11:26:50ID:MyMjI1MjzM
中国政府のEVシフトに合わせて素早いなあ。日本でもリーフのパワーユニットを他車に移植すればと思うんだが、やらないねえ。中国での展開に比べてやや動きが遅い気がする。
#25 匿名さん2018/05/04(Fri)21:29:52ID:BmNmE5NTWM
の、による、のための車メーカー。

それが仏産。
#26 匿名さん2018/05/05(Sat)19:29:58ID:RjMjBkYzDN
さすが、中国市場での日系車販売No.1ブランド!
中国で、下位に甘んじるトヨタをこのまま引き離せ!
今年もグローバル販売2位を死守だ!(ルノーグループとして)
やっちまえ日産!技術の日産!
日産がやらなくて、ほかに誰がやる!
#27 匿名さん2018/05/05(Sat)20:52:53ID:U0NWJkZWDZ
上の人の発言、何度も見た。
たぶん同じ人だろうし、本当に日産のファンならこんな発言をしないのは、誰が見ても明らか。
#28 匿名さん2018/05/05(Sat)21:28:47ID:Y4YzEyYjWM
やっちゃえ日産か…
全然、自動運転でないのに自動運転と言わせちゃえ日産だろ。矢沢永吉様に何言わせてんだ!
#29 匿名さん2018/05/05(Sat)21:42:32ID:BlOTY0MGjN
醜悪すぎる‥
#30 匿名さん2018/05/06(Sun)12:44:21ID:cwODcyNGzN
「ようつべ」より、エルグランドの最新CM
https://www.youtube.com/watch?v=pGeIy3QRkIE

「自動運転化技術搭載」とナレーションがあるが、
エルグランドには「エマージェンシーブレーキ」は設定すらないんだよな
「自動運転」の定義がアイマイ過ぎて・・・
「e-POWER」も「電気自動車と豪語」しちゃうし・・・

ユーザーを騙すCM造りは、日産とマツダが一段上。
#31 匿名さん2018/05/06(Sun)19:39:22ID:dkNzNiZjzY
日産もヨーロッパでディーゼル車から撤退の報道があった
いまだにディーゼル車売りつける欧州メーカーは環境意識ゼロ
欧州には排ガス偽装するような糞メーカーもあるのに比べ
日産はさすがだ
#32 匿名さん2018/05/06(Sun)20:15:16ID:YyZjE5N2WM
技術の日産とか、本気で言ってんのか?
ただの売国メーカーじゃねーか。
#33 匿名さん2018/05/06(Sun)23:51:06ID:Q1MDVlMGTZ
ノートはこの調子でいけば、今年も日本での年間販売はダントツトップとなる事でしょう。日産の不正は、日本人には許される内容だったようです。
勝ては官軍、かと。
#34 匿名さん2018/05/07(Mon)05:45:59ID:MwNmI0NzjO
ノートe-power一か月乗ったけど、ええ車だったぞ。今あのクラスの車買い替えるならモード・プレミア買うわ。ワンペダル走行たまらんわい
#35 匿名さん2018/05/10(Thu)01:41:16ID:NlYTZkYzTM
必死www
#36 匿名さん2018/05/12(Sat)03:27:00ID:ZmOThjMDDM
26
ウスバカの醜悪な日産ネガキャン
こういう奴は早く成仏してくれ
#37 匿名さん2018/05/12(Sat)08:52:27ID:E2ODdmYzTN
#36
真夜中の発狂
朝から晩まで
発狂、発狂、また発狂
#38 匿名さん2018/05/13(Sun)19:50:13ID:dlNGM4ZDWZ
#37=#26
それは自分がやってる日産ネガキャンことだろ!
#39 匿名さん2018/05/14(Mon)21:39:19ID:M3YWE0N2TN
ノートe-power速いらしいね
モーターに馬力があって爽快というのは聞いた
#40 匿名さん2018/05/14(Mon)23:44:32ID:Y4YWY1MWGO
たまには、日本にも新型車を出して欲しいものです。
#41 匿名さん2018/05/16(Wed)09:39:10ID:BiZmM3ZmzM
国内が萎んでるんだから、日本日産はもっと選択と集中を進めるべき。
スカイライン・フーガ・シーマをインフィニティ移行してティアナのシルフィをちゃんと売る、ジュークの代わりにキックス 導入後。
ノート・マーチ・キューブはアジアレベルで統合、エルグランドもアジア展開すべき。
#42 匿名さん2018/05/16(Wed)16:40:09ID:YzNGMwZTjO
41
同意
#43 匿名さん2018/05/16(Wed)17:46:15ID:YzNGMwZTjO
41
あ、でも
>ノート・マーチ・キューブはアジアレベルで統合、
これは嫌だ。ごめん。新興国(アジア)向けと統合されるのはちょっと。
新興国向けは、新興国なりの別のニーズがあるので・・・
欧州マイクラの日本導入を切に希望
今年の日産は、北米中心に、キックス、アルティマ、QX50の新型が発売
しかし、日本市場向けの今年のブランニューモデルはゼロだそうだ
#44 匿名さん2018/05/16(Wed)20:05:08ID:EwYzFiZGWO
日産は、ノートとセレナが売れており、国内市場シェアが5ポイントも急上昇。
ノートは販売台数1位キープしてる。
#45 匿名さん2018/05/16(Wed)21:14:59ID:Y4ZTA1M2TM
ゴーンに届くといいね。
#46 匿名さん2018/05/17(Thu)09:44:17ID:MyNjc2ZjzO
ほんと国内の日産無能。
キックス・・・e-POWER積めば売れるのに
アルティマ・・・スカイラインと被ってるし、現行も売る気がない
QX50・・・infiniti導入しないから、導入したくても出来ない

名前(任意)
コメント

過去記事(2012/12/06)

新型シルフィを発売、脱ブルーバードとワイドボディ3ナンバー化

日産がシルフィの発売を開始、大型化でも最小回転半径は縮小

日産自動車は2012年12月5日に中型セダン、シルフィのフルモデルチェンジ発売を開始した。今回からブルーバードの冠が取れ、シンプルに「シルフィ」と名乗ることになる。
新型シルフィ
フルモデルチェンジしたシルフィのボディサイズは全幅1760mmと旧モデルに対し65mm拡大し、3ナンバー化された。このうち室内幅としては30mmの拡大となりワンクラス上の客室スペースを実現。残り35mmがドアの厚みの拡大に使われ、側面衝突時の安全性を向上させるとともにボリューム感のあるエクステリアデザインが造り出された。このようなワイドボディ化にも関わらず、最小回転半径は5.2mと旧モデルの5.3mより小回りの効く取り回し性能が与えられている。

エンジンは新開発の直4 1.8L MRA8DE型が導入された。副変速機付きエクストロニックCVTとの組み合わせによりJC08モード燃費は15.6km/Lを達成している。

新型シルフィは主に中国向けに開発された車種、日本仕様は国内生産を維持

日産はシルフィと同クラスのCセグメントハッチバック車、新型ティーダの日本発売を見送りとしていた。このシルフィも基本的には中国、北米などを中心とするグローバル市場向けに開発された車種であり中国で先行して発表されていたが、今回の日本発売に至った。
しかし、シルフィが新型車でありながらもエコカー減税の対象外となっているのは、日本市場が軽視されている結果であろう。
シルフィ 2012
日産では日本向け車種のタイ生産化が進められているが、この新型シルフィについては神奈川県の追浜工場で生産される。なお、シルフィより一つ下のセダン、ラティオはタイ生産の輸入車となっている。

過去記事(2012/10/01)

シルフィが12月5日フルモデルチェンジ、大型化3ナンバーボディで発売

新型シルフィが車格アップして発売予定、国内生産は維持

2012年4月の北京モーターショーでワールドプレミアを迎えていた新型シルフィ。その日本発売が2012年12月5日に予定されている。
1959年から続く伝統のブランド「ブルバード」を廃止し、本モデルからはシンプルに「シルフィ」と名乗ることになる。
シルフィ 2012
まず注目したいのがそのボディサイズである。全長4615mm×全幅1760mm×全高1495mm、ホイールベースは2700mmとなり、長さと高さ方向は、現行シルフィをほぼ踏襲したが、幅は65mm拡大し3ナンバーセダンの仲間入りをすることになる。
セダン車は日本よりも北米や中国での人気が高い。大型化はこれらの市場の好みが重要視された結果でもあるだろう。
次期シルフィ
シルフィ 運転席

新型シルフィのエンジンは当面1.8Lの一本のみ

新型シルフィのエンジンは新開発された1.8L 直4のMRA18DE型の1タイプのみが採用される。現行の1.5Lと2.0Lは廃止となる。
日産の1.8Lエンジンとしては、これまでMR18DE型エンジンが多くの車種に採用されてきた。新型のMRA18DE型は、その改良版に相当するものと考えていたが実は全くの新開発エンジンで、ロングストローク化による低燃費化と、ツインVTC採用によるポンピングロスの低減化が採用されている。
最高出力131ps、最大トルク17.7kgmとスペック上の数値は、従来型1.8Lエンジンを少々上回る程度なのだが、実際の加速タイムでは現行シルフィの2.0Lモデルに相当する性能を発揮する。つまり新型シルフィは、ボディサイズが大きくなったにもかかわらず、性能を落とさないエンジンのダウンサイジング化に成功したことになる。
この新型エンジンと組み合わさるトランスミッションは副変速機付きCVTとなり、JC08モード燃費は15.6km/Lを達成する。
新型シルフィ 1.8L
また、パーキングブレーキがフットからハンドブレーキに変わったことも、ドライバーにとって覚えておきたいポイントである。
残念ながら、初期投入モデルではFFのみで4WDの設定は無い。寒冷地仕様に相当する装備は、標準装備で対応しているということだ。
シルフィ トランク
新型シルフィの価格は、最も安いグレードで194万円程度~が想定されている。
日産のセダンでは、ラティオが次期モデルからタイ生産となるわけだが、シルフィは次期モデルも日本国内生産が維持される。

過去記事(2012/04/29)

日産が新型シルフィをワールドプレミア、北京モーターショー

日産、次期シルフィがデビュー

日産は、車種ラインナップの整理を進める中で、コンパクトセダンクラスについてはティーダラティオを廃止してシルフィに統合することを決めている。そんな中、次期モデルのシルフィが2012年4月25日から開催の北京モーターショーにて、ワールドプレミアを迎えた。
新型シルフィ 北京モーターショー
新型シルフィは中国、日本だけでなく世界中で販売されるグローバルカーとなる。まずは、東風日産乗用車公司の花都工場で生産を始め、2012年の半ば頃に中国での発売が開始される見込みだ。その後、2014年にかけて120ヶ国で発売される。日本仕様の発売時期は2012年内で、中国とほぼ同時期になると予測。
次期シルフィ

新型シルフィは上質感をさらに向上

新型シルフィ、中国仕様のパワートレインは、直4 1.8Lエンジンと副変速機付エクストロニックCVTが採用される。日本仕様では、さらに1.5Lエンジン搭載モデルも望まれるところだ。
新型シルフィ 1.8L
現在の中国市場は、世界で最もセダン需要が高い。日本市場では、この新型シルフィが日産で最も小さなセダンということになりそうだが、中国では更にワンランク小さいサニーもラインアップしている。

シルフィ トランク
新型シルフィのトランクルームはクラス最大の容量を持つ。
センタートランクスルー機構は備えるが、分割可倒式は採用されないようだ。

シルフィ 運転席
新型シルフィ リアシート
次期シルフィの外観デザインはキープコンセプトながら、上質感は向上している。後席レッグスペースも広い。まもなく旧モデルとなる現行シルフィは、それがBセグメントカーの延長線上であることを感じさせたが、新型シルフィには、それよりもワンランク上の車格を持たせてある。