car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダS2000後継モデルを開発中か、直4 2.0Lターボハイブリッド搭載クーペ

投稿日:

次期S2000を計画、NSXとS660の間を埋めるホンダ本命のスポーツカー

S2000は1999年から2009年まで販売されたFRスポーツクーペ。その後継モデルの開発がホンダで行われている。その発売時期としては2017年が予測される。

(写真は従来型S2000)
S2000 2005年モデル

ホンダは2015年よりF1復帰を果たし、再度スポーツイメージの向上に積極的となっている。そんな中、フラグシップスポーツカーのNSXをモデル復活させており、日本市場に向けても2015年10月より開催される東京モーターショーで発表される計画となっている。また、軽自動車セグメントにおいてもS660を2015年3月に発売させたばかりである。

(写真は新型NSX)
NSXホンダ ジュネーブ2015 NSX ホンダ リアコンビネーションランプ

もちろんこれらのハイエンドモデルとローエンドモデルの2車種を市販化させただけで終わるわけがなく、次に計画されているのがS2000の復活である。

(写真は新型S660)
S660特別仕様車コンセプトエディション

次期S2000は2.0L VTEC-TURBOを搭載、ハイブリッドシステムSH-AWDの採用で高級スポーツカーとなる

(写真は2.0L VTEC-TURBOエンジン)
ホンダVTEC TURBO 2.0L
次期S2000への搭載が予想されるエンジンは、2.0L VTEC-TURBOとなる。このユニットはシビックタイプRにおいて市販デビューしたばかりとなっており、最高出力310ps、最大トルク40.8kgfmというパフォーマンスが発表された。シビックタイプRはFF車であるが、S2000は次期モデルでもFRベースとなることが予想されるため、この2.0L VTEC-TURBOユニットはS2000では縦置きに搭載されることになるだろう。

(写真は新型シビックタイプR)
シビック タイプR 2015ジュネーブ シビック タイプR リアウィング

さらに、フロントドライブはNSXのシステムを流用した左右独立モーター駆動のSH-AWDが採用される可能性が高いとされている。つまりハイブリッドシステムの搭載で、そうなると車両価格は跳ね上がることになり、先代モデルの400万円前後の価格帯に収まるのは難しいだろう。SH-AWD無しで軽量かつ低価格としたFRモデルのラインアップも期待したいところだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

ホンダS2000後継モデルを開発中か、直4 2.0Lターボハイブリッド搭載クーペ

S2000後継車がN-ONE調 丸目ヘッドライトのエクステリアデザインを検討

ホンダはS2000後継車の開発をスタートさせていた、2015年の発売予定