car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型パサートが日本導入、上級車種のフルモデルチェンジで輸入車首位奪還なるか

投稿日:

新型パサートは329万円から、ヴァリアントは348万9900円から、1.4 TSIを搭載

フォルクスワーゲンからフルモデルチェンジした新型パサートが2015年7月16日に日本発売となった。車両価格はセダンが329万円から、ワゴンのヴァリアントが348万9900円からに設定される。

(写真は新型パサート、パリモーターショー2014)
新型パサート

新型パサート、ヴァリアントはキープコンセプト、正常進化で商品力を上げる

本モデルでパサートは通算8代目となる。ゴルフシリーズで先行採用されてきたフォルクスワーゲンの新世代プラットフォーム、MQBがこの新型パサートにも採用される。エクステリアはニューモデルらしくブラッシュアップされた印象もあるが、シンプルなダブルフレームグリルの表情は大きく変えられずキープコンセプトに仕上げられる。

パサート GTE フォルクスワーゲン パサート

ボディサイズはセダンが全長4785mm×全幅1830mm×全高1465mm、ヴァリアントが全長4775mm×全幅1830mm×全高1485mmとなる。ホイールベースはいずれも2790mmで、これは先代モデル比でプラス80mmとなる。

(写真は新型パサート ヴァリアント)
パサート ヴァリアント

積載能力は目に見えて進化した部分の一つである。セダンのトランクルームは先代モデル比21Lの586Lを達成。ヴァリアントは先代モデル比47Lの650Lで、さらに荷室拡大時には1780Lとなる。

パサートヴァリアント ラゲッジルーム 新型パサートGTE

パサート日本仕様のパワートレインは、1.4L TSI+7速DSGの1タイプのみが用意される。燃費性能に優れたダウンサイジングターボエンジンながらも最高出力150ps、最大トルク25.5kgfmといったパフォーマンスを発揮する。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

新型パサートが日本導入、上級車種のフルモデルチェンジで輸入車首位奪還なるか

フォルクスワーゲン・パサートが2015年7月にフルモデルチェンジ、通算8代目

VWパサートが8代目へフルモデルチェンジ、パリモーターショー2014画像

パサート オールトラックが日本発売、4モーション2.0TSIエンジン搭載

VWのパサート・オールトラックが2012年秋に日本導入