car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型パサートが日本導入、上級車種のフルモデルチェンジで輸入車首位奪還なるか

新型パサートは329万円から、ヴァリアントは348万9900円から、1.4 TSIを搭載

フォルクスワーゲンからフルモデルチェンジした新型パサートが2015年7月16日に日本発売となった。車両価格はセダンが329万円から、ワゴンのヴァリアントが348万9900円からに設定される。

(写真は新型パサート、パリモーターショー2014)
新型パサート

新型パサート、ヴァリアントはキープコンセプト、正常進化で商品力を上げる

本モデルでパサートは通算8代目となる。ゴルフシリーズで先行採用されてきたフォルクスワーゲンの新世代プラットフォーム、MQBがこの新型パサートにも採用される。エクステリアはニューモデルらしくブラッシュアップされた印象もあるが、シンプルなダブルフレームグリルの表情は大きく変えられずキープコンセプトに仕上げられる。

パサート GTE フォルクスワーゲン パサート

ボディサイズはセダンが全長4785mm×全幅1830mm×全高1465mm、ヴァリアントが全長4775mm×全幅1830mm×全高1485mmとなる。ホイールベースはいずれも2790mmで、これは先代モデル比でプラス80mmとなる。

(写真は新型パサート ヴァリアント)
パサート ヴァリアント

積載能力は目に見えて進化した部分の一つである。セダンのトランクルームは先代モデル比21Lの586Lを達成。ヴァリアントは先代モデル比47Lの650Lで、さらに荷室拡大時には1780Lとなる。

パサートヴァリアント ラゲッジルーム 新型パサートGTE

パサート日本仕様のパワートレインは、1.4L TSI+7速DSGの1タイプのみが用意される。燃費性能に優れたダウンサイジングターボエンジンながらも最高出力150ps、最大トルク25.5kgfmといったパフォーマンスを発揮する。

#1 匿名さん2018/02/17(Sat)07:41:10
パサートにディーゼル車が追加!
日本でもついに、VWの珠玉のディーゼルエンジンを味わえる!
#2 匿名さん2018/02/17(Sat)20:52:50
パサートのディーゼル、楽しみです
#3 匿名さん2018/02/17(Sat)22:40:43
190psと400Nmという、強力な性能
トランスミッションは6速DSG
ドイツ車の真髄が味わえる1台
マツダが超えなくてはならない目標が
日本に乗り込んで来た!
#4 匿名さん2018/03/07(Wed)21:58:29
逆だろ
マツダからVWが真摯なクルマづくりや優れたデザインを学ぶことが大切
#5 匿名さん2018/03/07(Wed)22:20:51
ディーゼル終了へのカウントダウン
#6 匿名さん2018/03/07(Wed)22:37:09
マツダは、まずエンストしないようなクルマを作ること
ここからだ
背中は遠いよ
#7 匿名さん2018/03/07(Wed)22:39:54
ま、イメージは悪いよな
#8 匿名さん2018/03/08(Thu)05:19:37
不正ディーゼルと欠陥DSG、夢の組み合わせ。
楽しみだね。
#9 匿名さん2018/03/10(Sat)00:53:55
#6
そりゃマツダじゃなくてVWのことじゃねえか
#10 匿名さん2018/03/10(Sat)02:10:36
#9
そりゃVWじゃなくてマツダのことじゃねえか
#11 匿名さん2018/03/10(Sat)02:33:15
スカイアクティブ初採用で注目されまくったデミオは実燃費がカタログの半分以下の上に圧縮比上げすぎでレスポンス最悪だったが
どちらも常にやり玉に挙げられるのはホンダやトヨタのHVだけ。うまい宣伝による洗脳の賜物

ディーゼルに至っては、先進技術の様に宣伝し、実際触媒使わないシステムは他類なかったが
そのせいで一回エンジンかけると最低30分は走り続けないとカス溜まりでパフォーマンス低下が著しく
たった数年でエンジン不調まで出るという、日常使用を全く無視した開発の独り善がりディーゼルと判明
CX-5を始めとして出てほんの数年なのに不具合でた個体が次から次へ溢れんばかり。メーカーも短距離使用するなという常軌を逸した注意喚起する事態
#12 匿名さん2018/03/10(Sat)06:37:50
人それぞれいろんな見方があります。
#13 匿名さん2018/03/10(Sat)09:33:48
♯9
うわ、ばかぁ〜
#14 匿名さん2018/03/10(Sat)10:39:36
#13
排ガス偽装メーカーを崇め奉る大バカ発見wwww
#15 匿名さん2018/03/10(Sat)11:06:18
VWとマツダに絡むとロクな事がない
#16 匿名さん2018/03/10(Sat)11:54:37
#14
必死!
うける爆!
#20 匿名さん2018/03/10(Sat)12:06:10
VW『ゴルフGTI』やアウディ『Q5』など6700台リコール

フォルクスワーゲングループジャパンおよびアウディジャパンは1月24日、VW『ゴルフGTI』やアウディ『Q5』などの高圧燃料ポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
対象となるのは、VW『ゴルフGTI/162kW』『ゴルフR 2.0/206kW』、アウディ『A4オールロード』『Q5 2.0 TFSI クアトロ』『S3スポーツバック』『S3セダン』の6車種で、2012年10月9日~2014年9月10日に輸入された6752台。

高圧燃料ポンプの設計が不適切なため、ポンプハウジングと燃料調圧バルブ間の密閉性が不足しているものがある。そのため、高速走行時等にポンプ内の燃料圧力が高い際、燃料調圧バルブ取付部から燃料が漏れるおそれがある。改善措置として、全車両、高圧燃料ポンプを対策品に交換する。
不具合は357件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
https://response.jp/article/2018/01/25/305195.html
#21 匿名さん2018/03/10(Sat)13:37:55
♯9
うわ、ばかぁ〜
#22 匿名さん2018/03/10(Sat)16:04:45
VWもマツダも五十歩百歩、目くそ鼻くそ
#23 匿名さん2018/03/10(Sat)16:31:36
マツダディーゼル、煤がつまって、エンスト地獄
#24 匿名さん2018/03/10(Sat)16:58:55
クリーンディーゼルwww
環境後進国へ投入!
#25 匿名さん2018/03/10(Sat)18:11:33
VWは環境技術がないので排ガス偽装で消費者をだますしかなかった
#26 匿名さん2018/03/10(Sat)18:23:32
25

ハンデをあげたのよ

ワンサイドゲームはつまらんだろ?

#27 匿名さん2018/03/21(Wed)06:38:04ID:RjYWUxZTDY
この期に及んで日本でディーゼル売るってなめてるな
#28 匿名さん2018/03/25(Sun)20:40:51ID:IxM2U4MTDZ
ワーゲンのディーゼルでDSG
すばらひー
うっわぁぁぁぁ魅力たっぷりぃぃぃぃぃぃ(笑)
排ガスはクリ~ンクリ~ン
#29 匿名さん2018/03/26(Mon)14:48:59ID:MyMDFiMTTM
ローカルネタ(DSG=大将軍)
#30 匿名さん2018/03/26(Mon)14:59:18ID:c2MmMyNjjM
28
病院行けよ
#31 匿名さん2018/03/31(Sat)00:22:53ID:Q4NzBiNjDY
やはりゴルフの圧勝!
ゴルフが酷評される記事を読んでみたい!

https://allabout.co.jp/gm/gc/470268/
#32 匿名さん2018/03/31(Sat)00:33:57ID:I3NzBhZT2Z
【VW ゴルフ など、2万2912台をリコール…ABS/ESCが作動しないおそれ】

対象はVWが『ゴルフ1.4/90kw』、『ゴルフ1.4/103kw』、『ゴルフ1.4/118kw』、『ゴルフ1.4/125kw』、『ゴルフ2.0/169kw』、『ゴルフ2.0/147kw』、『ゴルフ3.2/184kw』、1『ゴルフヴァリアント1.4/90kw』、『ゴルフヴァリアント1.4/118kw』、『ゴルフヴァリアント2.0/147kw』などの18車種で2008年6月30日~2009年12月14日に輸入された1万9447台。
 ABS/ESCコントロールユニットの耐久性の評価が不十分なため、エンジン熱などにより、基盤に組み付けられたICチップ(パワーコントロールユニット)に亀裂が生じることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると亀裂が進展し、ICチップへの電源供給が断たれ、警告灯が点灯するとともに、ABSおよびESC(横滑り防止装置)が作動しないおそれがある。https://response.jp/article/2018/02/28/306624.html
#33 匿名さん2018/03/31(Sat)00:34:21ID:Q4NzBiNjDY

工夫が足りない
#34 匿名さん2018/03/31(Sat)06:47:26ID:IzYTk3NDDM
「フォルクスワーゲン車の弱点と・・・」の掲示板に行けば腐るほど見れますが、あそこはヤバいです。

名前(任意)
コメント

過去記事(2015/06/16)

フォルクスワーゲン・パサートが2015年7月にフルモデルチェンジ、通算8代目

新型パサートが7月に発売、フォルクスワーゲンのDセグメントセダンがFMC

フォルクスワーゲンは新型パサートの日本発表を2015年7月に計画している。

(写真は新型パサート、パリモーターショー2014)
新型パサート

新型パサートが、昨年2014年に欧州で発表されパリモーターショーでも公開されていた。今のところ日本では従来型パサートの販売が継続されているが、これも来月には新型に刷新されることになる。

フォルクスワーゲン パサート パサート GTE

新型パサートのボディサイズは全長4767mm×全幅1832mm×全高1456mmとなる。基本的には先代パサートのサイズ感が維持されており、引き続きDセグメントセダンど真ん中にポジショニングされる。日本では輸入車ということもあり、比較的プレミアムイメージが強いが、グローバル市場ではトヨタ・カムリ、マツダ・アテンザといったミドルクラスのFFセダンがライバルとなってくる。

新型パサート インテリア

先代モデルからのキープコンセプトはエクステリアデザインでも見られ、フロントデザインはグリルとヘッドライトが一直線に配置されたシンプルなものとなった。

新型パサートはフォルクスワーゲンの販売巻き返しの切り札

フォルクスワーゲンと言えば、長らく輸入車シェアトップであった。しかし、景気が上向く昨今においては、よりプレミアムなセグメントの車種の販売が好調だ。特に2015年に入ってからはメルセデスベンツがシェアナンバーワンのペースで販売実績を積み上げつつある。

(写真はメルセデスベンツCクラス)
新型Cクラス セダン

そんな中、フォルクスワーゲンは、これまでの販売の主力であったゴルフシリーズよりも大きく、プレミアムイメージが強いパサートをフルモデルチェンジさせることで販売の巻き返しを図る。

過去記事(2014/11/01)

VWパサートが8代目へフルモデルチェンジ、パリモーターショー2014画像

新型パサートのパリモーターショー出展画像、セダン&ヴァリアント

フォルクスワーゲンは新型パサートをパリモーターショー2014で公開した。
(写真は新型パサート)
新型パサート

新型パサートは2014年7月にフルモデルチェンジ発表があった。

フロントデザインはダブルフレームグリルを採用。エアインテークグリルとヘッドライトの上下幅を揃え、シンプルな一文字フェイスとなる。このあたりは先代モデルからのキープコンセプトと感じたが、ヘッドライト先端が拡がっていく7代目に対し、新型8代目はやや狭まる形状に変更されており、よりすっきりしたイメージとなった。フルモデルチェンジということであれば、もう少し表情の変化が欲しかったところだ。

新型パサート インテリア フォルクスワーゲン パサート

ホイールベースは先代比で延長されたにもかかわらず、全長が短くなっている。それでもキャビンスペースはもちろんラゲッジスペースも拡大したとしており、このあたりはしっかりと正常進化を遂げている。車体重量は最大85kgの軽量化を実現している。

(写真は新型パサート ヴァリアント)
パサート ヴァリアント パサートヴァリアント ラゲッジルーム

セダンのパサートに加えて、ステーションワゴンのパサート ヴァリアントも同様にフルモデルチェンジされた。

パサートGTE(プラグインハイブリッド)も同時デビュー、欧州複合モード燃費50km/L

パサート GTE 新型パサートGTE

さらに、プラグインハイブリッドのパサートGTE、パサートヴァリアントGTEがワールドプレミアされたことも注目を浴びた。GTEは2014年3月のジュネーブモーターショーでゴルフGTEとして初めて設定された。パサートについても今回のフルモデルチェンジのタイミングに合わせてGTEが新設定される。欧州複合モード燃費は50km/L、EV航続距離は50kmといったスペックとなる。

過去記事(2012/06/24)

パサート オールトラックが日本発売、4モーション2.0TSIエンジン搭載

フォルクスワーゲンの新型パサート オールトラックがデビュー

パサートオールトラックの販売が日本でも開始された。
パサートオールトラックは、ステーションワゴンのパサートバリアントをベースとし、走破性の向上とクロスオーバーSUVテイストのエクステリアが与えられた。パサートオールトラックとコンセプトが近いライバル車は、A4オールロードクワトロ、ボルボXC70、日本車ならレガシィアウトバックが挙げられる。
パサートオールトラックは2011年の東京モーターショーで公開されていた。2012年の秋頃に日本に導入されるのではと考えられていたが、販売開始は早められた。

(写真は東京モーターショーに出展されたパサート オールトラック)
パサート・オールトラック
新型パサートオールトラック

パサートオールトラックはバリアントのSUVテイスト上位車種

パサート オールトラックは、バリアントをベースに開発されたが、この2車種の大きな違いは、最低地上高、駆動方式そしてエンジンにある。

バリアントの最低地上高は135mmであったが、オールトラックでは165mmに引き上げられ+30mm高くなった。セダンのパサートとの比較では70mm高いことになる。樹脂製のアンダーガードも装着され、外観的にもSUV的な仕上がりになった。
ボディサイズのディメンションは全長4785mm×全幅1820mm×全高1560mm。全高を除きバリアントと共通になる。

パサートシリーズの駆動方式はFFが主力であったが、このパサートオールトラックにはFFの設定は無い。フォルクスワーゲンでは、4MOTIONと呼んでいるフルタイム4WDシステムのみのラインアップなる。

オールトラックの車体重量は1670kgで、バリアントからは200kgの増加だ。これまで日本に導入されたパサートシリーズは、1.4LのTSIエンジンが搭載されていたが、このオールトラックでは2.0L TSIの採用となる。
さらに、トランスミッションも2.0L TSIエンジンに合わせて、6段式のDSGが採用されている。バリアントは7段式DSGであるから一段減ることになる。
パサートオールトラック 2012
日本に導入されるのは、Passat Alltrack 2.0TSIのワングレード。価格は494万円から。

過去記事(2012/04/08)

VWのパサート・オールトラックが2012年秋に日本導入

パサートに新しくオールトラックが追加

フォルクスワーゲンの上級車種、パサートシリーズに、新しく「パサート・オールトラック」が追加されることになる。
パサート・オールトラック
現在日本で販売されているパサートシリーズは、セダンの「パサート」、ステーションワゴンの「パサート・ヴァリアント」、4ドアプレミアムクーペの「パサートCC」がラインアップしている。
追加されるオールトラックは、ベースとなっているのは紛れも無くヴァリアントであるのだが、オフロードでの走行性能を強化し、SUV的な要素が加わったモデルとなっている。
パサートオールトラック 2012

パサートオールトラックは専用装備でオフロードもこなす

他のパサートシリーズに対して、オールトラックは専用のDCCサスペンションを装備することで、最低地上高はヴァリアント比で30mm高くなり、165mmになる。これにより、着座位置は程良く高くなり視界は良好、サスペンションのストロークが大きくなったことで乗り心地も良くなっている。パサート・オールトラックは、ステーションワゴンとSUVの中間のような性質を持つ車種であるが、オンロードでの快適性についても向上している。
また、駆動系はハルデックスのAWDシステムが採用される。
本格的なSUVと比べれば、悪路走破性はそれほど高いとは言えないかもしれないが、通常走行でありがちな悪路や雪上などに十分対応できる装備となっている。
passat-alltrack
ボディサイズは、全長4771mm×全幅1820mm×全高1550mm。ドイツ本国では、ガソリンエンジン仕様として1.8L TSIと2.0L TSI、ディーゼルエンジン仕様として2.0L TDIのノーマルとハイパワーが用意される。この内、日本仕様に採用されるのは、ガソリンエンジン仕様の2.0L TSIのみになる可能性が高く、その最高出力は210ps、最大トルクは28.5kgmとなる。また、トランスミッションは6段DSGが採用される。
最近では、マツダ・CX-5の登場で、日本でもクリーンディーゼルへの関心が高まっている。ガソリンエンジン仕様だけでなく、ディーゼルエンジン仕様のパサート・オールトラックも日本に導入して欲しいものだ。

パサート・オールトラックの日本発売は、2012年秋頃が予定されている。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先