car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・MRワゴン、日産・モコの次期モデルは無し、車種整理カタログ落ちへ

MRワゴン&モコは現行モデルで販売終了、車種継続は困難

スズキの現行MRワゴンは2011年にデビューしたモデルであった。日産へも完成車体が供給され、モコの車名で販売される。

(写真は現行スズキ・MRワゴン)
MRワゴン

MRワゴンの先代型の販売期間は約5年間であったが、現行型は既に販売4年が経過している。次期モデルについての噂も出始める時期ではあるが、次期MRワゴンの発売予定は無し。つまりカタログ落ちすることになりそうである。

(写真は現行日産・モコ)
モコ

日産の軽自動車はNMKV社のモデルへシフトしていく、スズキは新たな人気車種ハスラーに注力

MRワゴンの後継モデルが設定されない理由としては、姉妹車種モコを販売してきた日産の影響が大きいとされる。日産は三菱自動車と軽自動車事業に関する協業契約を締結しており、2011年にNMKV社を共同出資で設立した。NMKV社は日産および三菱自動車で販売される軽自動車の開発、生産を担当しており、車種ラインナップを拡充させつつある。

(写真はNMKV社が製造する日産・ディズルークス)
デイズルークス

そんななか、日産が販売する軽自動車ラインアップは、なるべくNMKV社の製品にしていく動きがある。この流れに従い、日産はスズキからモコの車体供給を受けることを現行モデルで解消し、今後はNMKV社のモデルを販売することに力が注がれることになる。

スズキは自社ブランドのMRワゴンのみで販売しなければならなくなり、車種を維持することは困難となる。

(写真はハスラー)
ハスラークーペ コンセプト

一方でMRワゴンと同クラスサイズであるワゴンRは、販売台数とブランド力に揺るぎがない。さらに2014年からは新たな人気車種としてハスラーが加わっており、MRワゴンのカタログ落ち後も、ワゴンR、ハスラーの2車種に集中していくことで販売台数を維持することが考えられる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2011/06/30)

アイドリングストップのメリットとデメリット

普及が進むアイドリングストップシステム

すべての車がハイブリッド車や電気自動車になれない現状では、普通のガソリン車が低コストで出来るだけ燃費を良くすることが重要になってくる。
そんな中、普及が進みつつあるのがアイドリングストップシステムだ。
最近は、各社が本気で開発を進めてきており、アイドリングストップシステムが出始めた頃と比べて完成度が非常に高くなってきており注目されている。

アイドリングストップ搭載車一覧

最近発売された車の中でアイドリングストップ機構が装備された車種は次の通り。

MRワゴン(スズキ)
ラフェスタハイウェイスター(日産)
モコ(日産)
プレマシー(マツダ)
マーチ(日産)
ワゴンR(スズキ)
セレナ(日産)
ヴィッツ(トヨタ)
ムーヴ(ダイハツ)
ステラ(スバル)

ハイブリッド車でシェアを持っているトヨタ、ホンダは、アイドリングストップ車の導入に対して消極的に感じる。

エンジンを止めることによる問題点を克服

ヒルスタートアシスト

上り坂で車を停止させている場合、ブレーキによる静止力に加え、エンジンとDレンジによって生み出すクリープ現象が静止するためのアシストになっている。
この状態で、エンジンを停止させると、車は坂道をころがり後退してしまう。
それを防止するためにブレーキを改良したのが、ヒルスタートアシストである。
この機能のおかげで、坂道の途中でも安心して、アイドリングストップさせることが可能になった。

エンジン再始動時間の短縮に成功

トヨタのヴィッツはエンジンの再始動にワンウェイクラッチと組み合わせた常時かみ合い式のスターターモーターを採用している。始動時間は0.35秒。

再始動時の振動改善のため日産のマーチはクランクプーリーなどにアンバランスマスを設ける工夫がされている。始動時間は0.4秒。

マツダのプレマシーはスターターは補助的に使うだけで、直接燃焼させることを主に始動させる。停止中にシリンダーを燃焼に最適なコンディションにしておく方法が取られている。始動時間は0.35秒。

日産のセレナは専用のモーターをエンジンに設置している。スターターを流用していないので、静かで素早い再始動が可能になっている。性能は高いが、ややコスト高となるのが欠点。始動時間は0.3秒。

メリットとデメリット

メリット

まず燃費が良くなることがあげられる。
ただし、燃費の改善は期待するほど大きくない。
実燃費の5%程度の改善と思っていたほうがいいだろう。
年間ガソリンを15万円使うドライバーであれば、年間7500円程度の節約になる。
信号待ちで静かなのもメリット。
もちろんCO2排出量が減るわけだから環境にもやさしい。

デメリット

先に述べた通り、わずか5%の燃費差では経済的メリットは少ない。
バッテリーが大型されているため、バッテリー交換に掛かる費用が年間で2500~3000円程アップする。
そうすると年間のガソリン代の節約は5000円程になる。
アイドリングストップ車は6万円~10万円程度車体価格が高いから、元を取れないケースが多くなるだろう。
再始動の高速化により、運転の違和感は少なくなったが、繰り返されるエンジンのON/OFFに煩わしさを感じる人も多いはずだ。
アイドリングストップ中はエアコンが送風になるのも我慢を強いられる。

アイドリングストップ車を選ぶべきか?

現状では、アイドリングストップ車を避けるようなグレード選択でも問題ないと思う。
アイドリングストップシステムは、今後の進化に期待したい装備。さらに燃費や始動性が向上することができれば、標準装備化されていくだろう。
ユーザーに装備の選択をさせている段階では、敢えて選ぶ必要のない装備である。

過去記事(2011/06/27)

軽自動車で納期の早い車種は?

軽自動車の納期は震災以前の水準に近いところまで回復

東日本大震災により新車の納期の遅れが出ているが、これが回復傾向にある。
特にスズキ、ダイハツの軽自動車はほぼ震災以前の水準で工場が稼動しており、サプライチェーン問題は表面上は回復したかに見える。
ただし、これまでに溜まった受注分の納車があるため、納期は少し遅くなるだろう。

主力のワゴンR、ムーヴはぼほ震災前水準に回復

現在ワゴンRの納期の目安は1ヶ月半。
潤沢な在庫があり即納車とはまではいかないが、車検切れに備えて極端に早く注文しなくても手に入る状況だ。
軽自動車の中では最も早い納期となっている。
ターボエンジン搭載車のスティングレーTは遅れる傾向がある。
ムーヴは2ヶ月ぐらいの納期。
新型で余剰に在庫があったため一部グレードでは即納車も可能だ。

タントは新型エンジンに移行

ダイハツタントは6/6より新型の第二世代KFエンジンにモデルチェンジした。
従来より燃費性能のいいエンジンはムーヴなどと同タイプになる。
この時期のエンジン変更は単なる燃費改善策だけでなく、新型エンジンの方が供給しやすい体制にあることとも関係あるだろう。
今後タントの納期はムーヴの2ヶ月並に縮まる可能性が高い。

法人受注が混み合っているアルト、ミラは少し長めの納期

軽自動車の中での価格の安いアルト、ミラの二車種は法人需要が多く、震災後も絶えず受注が続いている。
生産停止時期に納車できなかった分が累積したままで完全にはき切れておらず、工場の生産が回復した現在も納期は2ヶ月半程度は必要になる。

OEM車の供給は後回しにされている

日産のルークスの納期は4ヶ月と軽自動車の中では納車までに時間が掛かる。
ルークスはスズキパレットのOEM車であるが、パレットの納期はわずか2ヶ月。
OEM車の生産が後回しになっているのが見えてくる。

メーカー 車種 納期
スズキ ワゴンR 1ヶ月半
パレット 2ヶ月
アルト 2ヶ月半
ダイハツ ムーヴ 2ヶ月
タント 3ヶ月
ミラ 2ヶ月半
ホンダ ライフ 3ヶ月
日産 モコ 3ヶ月
ルークス 4ヶ月

過去記事(2011/02/23)

モコ新型三代目(日産SA2)の評価と口コミ

新型モコは今回で三代目となるフルモデルチェンジデビューをした。

新型モコはこんな車

新型モコの基本設計はMRワゴンと同じ

モコは日産から販売されるが、製造はOEM提携を結んでいるスズキが行い、MRワゴンと一部の外観を除いて共通車体となる。

モコのグレード・価格設定はMRワゴンに近い

モコ(SA2) MRワゴン(MF33S)
グレード エンジン オーディオ&バックビューモニター オーディオレス グレード エンジン オーディオ&バックビューモニター オーディオレス
2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 4WD
G ターボ ¥1,393,350 ¥1,510,950 ¥1,340,850 ¥1,458,450 T ターボ ¥1,393,350 ¥1,510,950 ¥1,340,850 ¥1,458,450
X NA ¥1,215,900 ¥1,333,500 ¥1,163,400 ¥1,281,000 X NA ¥1,215,900 ¥1,333,500 ¥1,163,400 ¥1,281,000
S NA     ¥1,079,400 ¥1,197,000 G NA ¥1,131,900 ¥1,249,500 ¥1,079,400 ¥1,197,000

モコはオリジナルのMRワゴンとほぼ同じラインアップが設定された。
ただし、ベースグレードのモコGには、タッチパネル式のオーディオ&バックカメラをオプション装備することができない。MRワゴンではベースグレードSでもオーディオ&バックカメラの装備が可能だ。
ターボエンジン搭載車をモコではGグレード、MRワゴンではTグレードと呼ぶ。さらにベースグレード車はモコではSグレード、MRワゴンではGグレードと呼ぶ。これらのグレード名は、2車種で見積りを取る顧客からすれば少し混乱を招きそうなので注意していただきたい。

新型エンジンR06Aを採用

スズキが製造する新型のR06A型DOHCエンジンを採用している。
このエンジンが搭載されるのは、MRワゴンに続き2車種目である。
従来のK6A型と比較して、軽量化、ロングストローク化がされている。特に騒音減となる箇所を高剛性化し、従来よりエンジン騒音を大幅に減少させたのは評判が良い。
また、NAエンジンには吸気側だけでなく排気側にもVVT(可変タイミングバルブ)を採用したのも進化の一つだ。燃焼効率を高め環境性能や加速性能も向上している。
ターボエンジンモデルは吸気側のみのVVTとなる。

トランスミッションはCVT

先代モコは4ATのみの設定であったが、新型モコでは全グレードでCVTの採用となった。CVTはもはや熟成されたトランスミッションである。昔のCVTような、ギクシャク感もなく、しっかりしたスムーズな加速、そして巡航時にはエンジン回転数を抑えた低燃費な走りが実現されている。

広くなった室内

新型モコの室内長は先代モコと比較し18cmも伸びている。
特に後席の足元が広々しているのが印象的だ。
室内幅はダイハツのムーヴなどに比べると控えめだ。ムーヴ、ミラなどのダイハツ車は室内幅を最大限に大きくする傾向があるが、騒音の入り方や車体剛性も考えると、車全体のバランスとしてはモコ並の室内幅の方が好感が持てる。
荷室は室内長を多く取ったせいで、スペースは小さい。グレードX、Gには左右独立のスライドシートが装備されているので、荷室を広げることもできるが、それでもやや狭い。
リアシートを折りたためば、ほぼフラットになる点は評価が高い。

オーディオ&バックビューモニターは必要か?

新型モコはタッチパネル式のオーディオ&バックビューモニターをセールスポイントの一つとしている。
このタッチパネル式オーディオだが、ナビとの同時取り付けはできない。
現在の受注状況では、ほとんどのモコでオーディオ&バックビューモニターのオプションを選択する場合が多いようだ。
ただし、MRワゴンのオプションとして先行して販売されているオーディオ&バックビューモニターの口コミの評価があまりよくない。
表面がつるつるのタッチパネルは、操作しにくいという口コミが多いのだ。
また、黒光りしたタッチパネルディスプレイ面は指紋が目立ちやすく、実際の使用時はあまり美しくない。専用の指紋拭き取りクロスまで装備してあるのは皮肉にも感じる。
ディーラーのセールスマンの押しで何となく付けてしまったオプション装備だろうが、これだったらナビを取り付けたほうが賢明だ。

新型モコと新型MRワゴンの違い

新型モコと新型MRワゴンを比較した場合、MRワゴンが若者向けでユニセックスなイメージなのに対し、モコはママ向けで女性らしいのが特徴だ。

専用色モコベリー

新型モコ(専用色モコベリー) MRワゴン
モコ MRワゴン

新型モコのオリジナリティーとして、専用色モコベリーが設定されている。
女性にターゲットを絞ったモコならではの上品なピンク色のボディカラーは人気色になりそうだ。

モコはより女性らしいデザイン

モコらしさが表れているのは、フロントのデザインだ。
モコはターゲットを完全に女性向けに絞ってきた感じがある。可愛らしいヘッドライトやフロントグリルはママ世代からの評判が良い。
ゆるキャラのようなフロントマスクを持つ新型MRワゴンがユニセックスな印象を持つこととは対照的だ。

過去記事(2011/02/07)

AZワゴン、ワゴンR他、軽トールワゴンOEMまとめ

AZワゴンも見積りを出してみよう

軽トールワゴンの人気が続いている。販売チャンネルが競合するOEM車種は競争が激しく、これを利用すれば、値引きも大きくなる場合がある。
OEM先で販売される車種は、車両本体の大部分はOEM元の車種と同じだ。製造自体もOEM元が行っている。特別な拘りが無いのであれば、両方の見積りを取り、値引き競争させるのが基本だ。ワゴンRを買うなら、AZワゴンも見積りを出してみよう。

OEM先 OEM元 全高[mm]
マツダ AZ-ワゴン スズキ ワゴンR 1640
日産 モコ スズキ MRワゴン 1625
日産 ルークス スズキ パレット 1735
マツダ スクラム スズキ エブリィワゴン 1795
スバル ステラ(予定) ダイハツ ムーヴ 1620
スバル ルクラ ダイハツ タントエグゼ 1730
スバル ディアスワゴン ダイハツ アトレーワゴン 1875

AZ-ワゴン

AZワゴン
AZ-ワゴンはマツダから販売されている。中身はワゴンRと同じだ。
知名度の割には、中古車相場はワゴンRに近い。

モコ

モコは日産から販売されている。OEM車の中では専用設計がやや多い。フロント部分はモコのオリジナルで、MRワゴンとの差別化が大きい。

ルークス

日産ルークスはスズキパレットのOEM車だ。ルークスが上級グレードのハイウェイスターをメインに販売促進しているのに対し、パレットはベースグレードと上級のパレットSW共に力を入れている。

ステラ

ステラはスバルが現在唯一製造する軽自動車だ。四輪独立懸架のサスペンションを装備し、乗り心地とハンドリング性能は軽トールワゴン車の中でも評価が高い。他車と比較し室内がやや狭く、不人気車となっている。今後、ダイハツのムーヴをOEM元として供給を受ける予定で、スバルとしての軽自動車生産は終了する。

ルクラ

スバル・ルクラはダイハツ・タントエグゼのOEM車種だ。人気車タントのスライドドアを廃止したモデルとなる。スライドドア付きのタントのOEM車は現在無い。

ディアスワゴン

スバル・ディアスワゴンはダイハツ・アトレーワゴンのOEM車だ。
スバルはダイハツと軽自動車に関して提携しているが、主力のムーヴ、タントの供給は受けることができていない。

一円でも安い方が得か?

OEM元、OEM先の二車種を競合させて、見積価格が1円でも安い方がお得感がありそうだが、実はそれほど単純ではない。
基本的にOEM先の車種より、OEM元の車種の方が中古車としての市場価値が高い。つまり新車購入の見積りでOEM元、OEM先の見積りが同程度なら、OEM元の車種を買った方が、後々後悔が少なくてすむ。
車として価値がなくなるまで乗り潰すという考えの方なら、1円でも安い方がお得だろう。しかし軽自動車は製造年から長く経過しても市場価値がある。例えばワゴンRは10年落ちでも走行が5~6万キロ程度なら25万円程度で業者間で取引されている。12年落ち8万キロ程度ですら10万円を割る事は少ない。

基本はOEM元車種の方が高価値

OEM元車種の方が中古車価値が高い場合が多いが、これはOEM先の方が販売台数や知名度が高い車種でさえ成り立つ。
一つの例として、日産モコとスズキMRワゴンを考えよう。
モデルチェンジの時期はMRワゴンが先行してデビュー行われる分、MRワゴンにとって有利な販売状況になるが、大部分の期間は日産モコの方が多く売れてきた。中古車の流通量もモコの方が数倍も多い。
こういうOEM先の販売台数の方が大きくなるような人気逆転車種でも、2~3年落ちのカーオークション相場、つまり中古車の卸値はOEM元車種のMRワゴンの方が10万円程度高い。
ただし、AZワゴンに関しては思ったより相場での価値が高い。オリジナルのワゴンRとの差があまり見られなかった。

過去記事(2011/02/06)

モコ二代目(日産SA1)の中古車価格相場

モコはスズキMRワゴンのOEM車種で製造はスズキが行う。車体の大部分はMRワゴンと共通で、フロントマスクは独自のデザインとなっている。専用色のモコルージュの設定や内装に独自のパーツを用いるなど、OEM車種としてはオリジナルとの違いが大きい。
日産としては車種展開の穴埋めという範疇を超えて、積極的に開発販売を行ってきた感じがあり、CM放映回数も多かった。売上台数もオリジナルのMRワゴンを上回っている時期がある。
既に、スズキからはフルモデルチェンジしたMRワゴンがデビューしており、これにあわせて日産のモコも2011年2月のFMC発表が予定されている。SA1型の二代目モコはまもなく旧型となり、さらに中古車価格の値下がりが期待できる。

日産モコのカーオークション落札相場

表示されている価格は業者向けカーオークションの落札結果です。実際に中古車の店頭に並ぶ場合はこれよりも10万程度高くなることが多い。
人気色はブラウン。数万程度であるが相場が高い。

新車が投売り状態の在庫一掃処分(2010/12)

新車の在庫処分と思われる走行0kmの車体が25~40万円スタートで大量出品されていた。概ね80万円台で落札されている。
試乗車と思われる低走行の車体も多く出品され、70万円台で落札。

モコ 2010年式 MG22S 0km 評価点S ブラウン ¥865,000-
モコ 2010年式 MG22S 0km 評価点S ブルー ¥815,000-
モコ 2010年式 MG22S 0km 評価点S パールホワイト ¥816,000-
モコ 2010年式 MG22S 0km 評価点S パープル ¥850,000-
モコ 2010年式 MG22S 6,000km 評価点4.5 ベージュ ¥724,000-

まだまだ新しい高年式車は下落(2010/12)

投売り新車の登場で、わずか3年落ちの低走行車が50万円台で売買されるケースが目立ちお買い得だ。

モコ 2007年式 MG22S 18,000km 評価点4.5 ブルー ¥524,000-
モコ 2007年式 MG22S 30,000km 評価点4.5 ブラウン ¥564,000-
モコ 2007年式 MG22S 29,000km 評価点4.0 ベージュ ¥612,000-
モコ 2007年式 MG22S 25,000km 評価点4.5 ピンク ¥535,000-

初代モコは年式の割に高い

2005年以前のSA0型初代モコは30~50万程度を中心に取引されている。
デザインも今風でなく、やや古い車といった印象の割には、しっかりした値段で取引されている。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先