car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ・ミラトコットの販売が好調、男性からも支持される女子カー

ミラトコットの初期受注が約9000台、ミラココア後継モデル

ダイハツでは新型ミラトコットの販売が好調となっている。

(写真は新型ミラトコット)
ミラトコット スイートスタイル

ミラトコットは2018年6月25日に発売されたモデル。月販目標3000台に対し、約9000台の初期受注を得た。ミラココア後継車としての役割を果たしつつある。

ミラトコット リアコンビネーションランプ ミラトコット シート

ミラトコットは女子力控えめで老若男女にウケる仕様

ミラトコットは、ミラココア時代から引き続き、女性ユーザーからの支持を意識したファニーで可愛らしいエクステリアが特徴的である。それでも、カラー選択によっては男性ドライバーがオーナーとなっても違和感は無い。特にシニアドライバーからの支持が強いスマートアシストⅢを採用したグレードが大半を占めており、まさに老若男女から受注を得ている状況だ。

ミラトコット インテリア ミラトコット クールスタイル
ライバルはスズキ・ラパンで、ミラトコットは同価格帯でぶつけてきた。個人的な主観では、女子向け軽自動車としてのコンセプト力とデザイン性はラパンの方が高く感じる。

(写真はスズキ・ラパン)
アルトラパン

ミラトコットはベース車のミライースから室内高をアップさせるなど居住性を強化しており、このあたりは女子以外からも支持されている所以の一つだろう。つまり、販売台数としては、従来のミライースやムーヴシリーズからの流入も考えられるため、ダイハツブランド全体として大きく販売増とするまではいかないのではないだろうか。

(写真はスズキ・ジムニー)
ジムニー フロントグリル

2018年の軽自動車セグメントでは、スズキがジムニーをフルモデルチェンジ、さらにスペーシアが躍進しており、販売台数を増やしている。スズキが軽自動車販売台数首位を奪還する勢いとなっている。

#1 匿名さん2018/08/18(Sat)15:04:26ID:FiYzQ1Zm2N
ダイハツは派生車の名前をコロコロとかえすぎ
名前が全然定着していないと思う
どうせトコットもムーヴキャンバスも1代限りで終了だろう
#2 南 祐斗2018/08/18(Sat)18:59:03ID:RlMWQ5NWWZ
トヨタ自動車株式会社向けのOEⅯモデルピクシスは
そして 株式会社スバルのOEⅯモデルプレオは
#3 匿名さん2018/08/18(Sat)21:11:55ID:g5OWQzZDjN
馬鹿っぽい女が乗るクルマ、No.1決定ですね。
#4 匿名さん2018/08/18(Sat)22:10:05ID:FiYzQ1Zm2N
ダイハツは派生車の名前をコロコロとかえすぎ
名前が全然定着していないと思う
どうせトコットもムーヴキャンバスも1代限りで終了だろう
#5 匿名さん2018/08/18(Sat)22:12:14ID:U5YmM5MzTN
大事なことなので2度いいました
#6 匿名さん2018/08/18(Sat)22:40:35ID:E3MjU0YzTY
派手なグリルやメッキの装飾がそろそろ時勢に合ってないよな、軽と言えどもシンプルでコンサバなものを長く使いたい。
やや高級路線でブランドに育ててるホンダのNシリーズは上手にやってると思う
#7 匿名さん2018/08/21(Tue)23:03:25ID:cwZGU3ZjTY
初動はどのクルマも好調
1年たてばさーてどうかな?
#8 南 祐斗2018/08/23(Thu)21:31:09ID:JkMDkxYTTO
WLTCモードは
#9 匿名さん2018/08/23(Thu)21:44:10ID:NlZjllMDDO
これでMTとかあれば検討したのに
#10 匿名さん2018/09/07(Fri)18:04:00ID:UyOWFiY2DO
こういう車こそカスタムでビシッと!
#11 匿名さん2018/09/09(Sun)02:04:56ID:c0MDBlOTzN
コロッケ食いてぇ
#12 匿名さん2018/10/01(Mon)21:19:52ID:A4NjkxZmWY
アヴァンツァート追加にならないかな
#13 匿名さん2018/10/25(Thu)11:30:18ID:IxMDM3ZmTN
デザインで言えばラパンの方が上手。トコットはヘッドライトとホイールはいいが、その他の部分では古臭さを感じてしまう。こうしてみると、ラパンは小さい中でも上手に軽っぽさを誤魔化しているね~
#14 匿名さん2018/10/25(Thu)12:29:35ID:FmZmZmZGWM
TR-XXを出して欲しいな
ボクシーなデザインは意外とイケる

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/06/26)

ミラトコット発売、ダイハツ・ミラココア後継の女子向け軽自動車

ダイハツ・ミラ トコット発売へ、女子軽カーがモデルチェンジ

ダイハツから新型軽自動車、ミラトコットが2018年6月25日に発売された。

(写真は新型ミラトコット)
ミラトコット

新型ミラトコットのエクステリアデザインは女性ユーザーを意識したものとなっており、ミラココアの実質的な後継モデルとなる。スクウェアなボディと平面的なプレスラインを採用し、シンプルな可愛らしさが表現される。

ミラトコット ダイハツ ミラトコット リアコンビネーションランプ

ミラトコットのエアバッグはサイド、カーテンも標準装備、軽自動車初

ミラトコットのグレード展開はL、L“SAⅢ”、X“SAⅢ”、G“SAⅢ”の4つで、いずれもFFと4WDが用意される。JC08モード燃費は最高で29.8km/L。標準エクステリアの車両価格は107万4600円~142万5600円に設定された。ライバルとなるスズキ・ラパンが107万7840円~149万2560円であるから、これを相当意識して商品企画されたことが窺える。

ミラトコット インテリア

SAⅢグレードは安全性能支援システムのスマートアシストⅢが標準装備されラインアップの中核を担う。

さらにSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグが最安モデルのLから全車標準装備となっており、安全装備の充実もアピールポイントの一つとなっている。

ミラトコット シート ミラトコット リアシート

ミラトコット車名の通り、開発のベース車体となっているのはミラ(イース)である。ミラトコットでは、室内高がミライース比+30mmの1270mmとなっており、居住空間に余裕が持たせてある。

好みの問題ではあるが、標準エクステリアはあまりにもシンプル過ぎではないだろうか。アナザースタイルパッケージとして3つのカスタマイズモデルも用意される。

(写真はミラトコット スイートスタイル、+9万8820円)
ミラトコット スイートスタイル

(写真はミラトコット エレガントスタイル、+9万9187円)
ミラトコット エレガントスタイル

(写真はミラトコット クールスタイル、+8万9726円)
ミラトコット クールスタイル

過去記事(2018/05/10)

ミラトコット発売予定、ダイハツからミラココア後継の新型軽自動車

ミラトコット発売へ、ミラココアの実質的後継モデル

ダイハツはミラトコットを発売する予定となっている。2018年6月25日に正式発表となる見込み。

(写真は旧型ミラココア)
ミラココア

ダイハツは昨年2017年にベーシック軽自動車のミライースをフルモデルチェンジさせている。これに採用されたDNGAプラットフォームを他モデルへ展開させる段階にあり、今夏はミラココアの実質的な後継車となる新型ミラトコットへ採用していく。新型ミラトコットはミラココアに比べて大幅な軽量化と燃費性能の向上が期待される。

(写真はミライース)
ミライース ミライース リアコンビネーションランプ

新型ミラトコットのエクステリアはムーヴキャンバスの流れを汲むと予想

既に販売終了となっているミラココアは、顧客ターゲットを女性に絞ったファニーな顔付きのエクステリアが特徴的であったが、これは新型ミラトコットに引き継がれることになる。

ベースのミライースは、シャープな顔付きのシンプルデザインで、どちらかと言えば通勤の足や様々なビジネスシーンでも違和感を感じさせないエクステリアに仕上げられていた。ミラトコットはヘッドランプ、リアコンビネーションランプで現行ムーヴキャンバスの流れを汲む丸目ランプの採用が考えられる。毎日の買物の足として親しみの持てるデザインとなりそう。

(写真はムーヴキャンバス)
ムーヴキャンバス

高額化傾向のある軽自動車セグメントであるが、ミラトコットはパーソナルカーという性質が強く、低価格帯のグレードが販売のメインとなる。
ターボは無く、NAエンジンのみの設定。駆動方式はFFと4WDを用意。多くのグレードでスマートアシストⅢが標準装備されるなど、こういったあたりは開発ベース車のミライースに準じた仕様となるだろう。

過去記事(2018/01/04)

ダイハツ・ミラココアが2018年フルモデルチェンジへ、ミライースに続く

次期ミラココアが2017年発売のミライースをベースに開発中

ダイハツの軽自動車、ミラココアのフルモデルチェンジが2018年に実施される見込みとなっている。

(写真はミラココア後期型)
ミラココア ツートンカラー

ミラココアのフルモデルチェンジについて、以前の記事では2016年の予想をしたが、これは実現されなかった。昨年2017年にはベースとなるミライースがフルモデルチェンジを受けており、その新型プラットフォームを流用した派生モデル、ミラココアもいよいよ一新されることになる。

(写真はミラココア中期型)
ミラココア

次期ミラココアは、ミライースの最新プラットフォームとスマートアシストⅢを採用

ミラココアは可愛らしいエクステリアが特徴で、女性から支持されてきたモデル。改めて見てみると、後出しで大ヒットしたスズキのハスラーに似てなくはないか。ただし、スズキはSUVスタイルに仕上げてきたところで、商品コンセプトが異なる。逆に言えば、ミラココアもカラーリングやホイールデザインあたりのちょっとした変更でSUVスタイルにすることも可能なわけで、そうすることで男性客にまで販売ターゲットを拡大することができるのではないか。

(写真はスズキ・ハスラー)
ハスラー

次期ミラココアにSUVスタイルが設定されるかどうかは想像の域に過ぎない。ただし、従来からの女性ファン層を引き継ぐ、可愛らしいキープコンセプトのモデルが用意されるのは間違いないだろう。

(写真はミライース)
ミライース ミライース リアコンビネーションランプ

ミライース譲りの燃費性能と、最新の安全運転支援システムのスマートアシストⅢも装備される見込み。

(写真は次期タント コンセプト)
タント

ダイハツでは、このほかにタントのフルモデルチェンジが2018年内に実施される見込みとなっており、軽自動車セグメントでの活躍が期待される。