car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ミラトコット発売、ダイハツ・ミラココア後継の女子向け軽自動車

ダイハツ・ミラ トコット発売へ、女子軽カーがモデルチェンジ

ダイハツから新型軽自動車、ミラトコットが2018年6月25日に発売された。

(写真は新型ミラトコット)
ミラトコット

新型ミラトコットのエクステリアデザインは女性ユーザーを意識したものとなっており、ミラココアの実質的な後継モデルとなる。スクウェアなボディと平面的なプレスラインを採用し、シンプルな可愛らしさが表現される。

ミラトコット ダイハツ ミラトコット リアコンビネーションランプ

ミラトコットのエアバッグはサイド、カーテンも標準装備、軽自動車初

ミラトコットのグレード展開はL、L“SAⅢ”、X“SAⅢ”、G“SAⅢ”の4つで、いずれもFFと4WDが用意される。JC08モード燃費は最高で29.8km/L。標準エクステリアの車両価格は107万4600円~142万5600円に設定された。ライバルとなるスズキ・ラパンが107万7840円~149万2560円であるから、これを相当意識して商品企画されたことが窺える。

ミラトコット インテリア

SAⅢグレードは安全性能支援システムのスマートアシストⅢが標準装備されラインアップの中核を担う。

さらにSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグが最安モデルのLから全車標準装備となっており、安全装備の充実もアピールポイントの一つとなっている。

ミラトコット シート ミラトコット リアシート

ミラトコット車名の通り、開発のベース車体となっているのはミラ(イース)である。ミラトコットでは、室内高がミライース比+30mmの1270mmとなっており、居住空間に余裕が持たせてある。

好みの問題ではあるが、標準エクステリアはあまりにもシンプル過ぎではないだろうか。アナザースタイルパッケージとして3つのカスタマイズモデルも用意される。

(写真はミラトコット スイートスタイル、+9万8820円)
ミラトコット スイートスタイル

(写真はミラトコット エレガントスタイル、+9万9187円)
ミラトコット エレガントスタイル

(写真はミラトコット クールスタイル、+8万9726円)
ミラトコット クールスタイル

#1 那珂仙川 真奈美2018/06/26(Tue)20:40:23ID:I5MGUxN2zZ
ちびまる子ちゃんとタイアップしてるんですね。
#2 匿名さん2018/06/26(Tue)20:43:40ID:NkNGMwZjTO
このクルマも「トヨタ自動車」が生産してるんですか?
いつもの「粘着荒らし」氏!
あなたの見解を聞きたいですが、もしかして「出禁」になっちゃいました?
ま、そのほうがいいんですがね
#3 匿名さん2018/06/26(Tue)20:58:11ID:ZlYTU1NTjZ
すごい熱意!
#4 匿名さん2018/06/26(Tue)21:15:45ID:JiYzZkNWjY
只でさえ、蒸し暑いのに…暑苦しい言い争いは止めろ!
無駄にコメントが多くてかなわん!
#5 匿名さん2018/06/26(Tue)22:26:44ID:Q2MDg1NmzN
自分が荒らしになってるのに気づかない哀れな人
#6 匿名さん2018/06/26(Tue)23:02:19ID:lmNmFkYzjM
ハッキリいって酷いデサインだ。

なんでエッセみたいなデサインにしなかったのだろう。

エッセの価格も安かったかけど、デサインはシンプル&キュートだった。

価格の安さとサイドとカーテンエアバッグが標準装備なのは評価できるけど。
#7 匿名さん2018/06/26(Tue)23:30:36ID:I0OTc0YjDM
もっとこんな車増えて欲しい
グリル馬鹿でかいマイルドヤンキー仕様ばかりで日本の風景が騒がしい
#8 肥溜めストーリー2018/06/27(Wed)06:16:39ID:FkMjhjZT2M
それは一理あり。
#9 匿名さん2018/06/27(Wed)11:39:33ID:ZjNWFlYjzY
なかなかカタマリ感のあるデザインで言われてるほど悪くないと思うけど、サイドの安っぽいプレスラインとバックドアのデザインはちょっと残念。
カタマリ感をトータルもっと意識してたらこうはならなかった気がする。
#10 匿名さん2018/06/27(Wed)12:13:51ID:M1MDMwZjzZ
自分の考えから外れていれば否定しかしない人間って屑ですね。

そういう連中みたいにはなりたくないものです。
#11 匿名さん2018/06/27(Wed)16:10:30ID:IwZWZkNjTY
ウィンカ別の丸ライトの方が格好いいと思う
#12 南 祐斗2018/06/27(Wed)19:54:58ID:c3NDg2N2zY
トヨタ自動車株式会社 ピクシスは
#13 匿名さん2018/06/27(Wed)19:55:47ID:RkMWM2NG2Y
#10
同意。
基地外荒らしを筆頭に、クズコメントが少なからず見受けられるのは非常に残念。
そもそも、#9のような高齢男性が批評するジャンルのクルマでは無いので。
#14 匿名さん2018/06/27(Wed)20:17:19ID:YwNThlYTTN
ガラパゴス必死の釣り!
#15 匿名さん2018/06/28(Thu)09:30:17ID:ZmODVkMGTZ
女子が集まって研究した結果フィアット126になったんだからええやん。ここのオッサン達とは違う感性なんだよ。
#16 匿名さん2018/06/28(Thu)14:26:29ID:Q0YjIxNWjO
他の車もそうだけど、
ドアミラーの台座、なんで塗装しないんだろう
コストカットかもしれないがものすごくカッコ悪い
#17 匿名さん2018/06/28(Thu)15:08:20ID:A1NGU1YmzZ
ミラココアの名前じゃダメなんかな?とっとこなのだ
#18 匿名さん2018/06/28(Thu)17:13:02ID:I4MGQwOTDZ
#16
それは同感
#19 匿名さん2018/06/28(Thu)22:45:34ID:Q2ODBmYzWM
カローラルミオンとミライースを合体させたらこんな車になりましたみたいなブサイクなデザイン…。コレ女性に売れるの?
#20 匿名さん2018/06/29(Fri)12:32:53ID:MwZmRlMmTZ
CM見た。「ミラコロッケ」のほうが売れたかも。
このデザインを受け入れる感受性があるかどうかより、
「ジェネレーションギャップ」について考えたほうがいい。
ダイハツは、この車のターゲットユーザーから「(高齢)男性」は
完全に除外しているんだから、ここの住民の罵詈雑言など気にも
留めないはず。
#21 匿名さん2018/06/29(Fri)12:49:44ID:BlOWYyNDTZ
そのとおりですね(╹◡╹)
#22 匿名さん2018/06/30(Sat)07:55:13ID:ZhZWEwNDDN
20
お前のクズコメントもウザイ。。。
#23 匿名さん2018/06/30(Sat)08:08:49ID:gzMjIzMTmZ
#22みたいなコメントが更にウザイんだよね・・・
ひがんでばかりいる人生、楽しくないでしょ、どう?
#24 匿名さん2018/07/01(Sun)12:10:53ID:lhMDg0YzDM
ドラえもんに出てきそうなクルマw
#25 匿名さん2018/07/03(Tue)10:16:24ID:hiMTQ5MTTM
トコットでコロッケ買いにチョコット出掛けてくる
#26 匿名さん2018/07/03(Tue)11:24:04ID:E3MDY3NGWN
ヴィヴィオbistroだったけ?
あんな感じにすれば良かったのに…
レトロ(ベスパのスクーター風)にしたくて作ったら、安っぽくなったみたい。
#27 コブラ返り2018/07/03(Tue)12:41:38ID:g1ZDA3OTjO
自分色に染めればいいんじゃないかな。
#28 匿名さん2018/07/03(Tue)13:23:25ID:EyNzM4OTjY
ブサイクを自分色に染めてもつまらんだろ。美人を自分色に染めてこそ
#29 匿名さん2018/07/07(Sat)00:03:12ID:g1NDk4NjTN
以外にも共産趣味者にも受けが良いと風のうわさで聞いた
#30 usi2018/07/07(Sat)13:50:23ID:Q4Y2NjMDWY
15様の言うように、フィアット126の線ありです。
娘さんより、かえってお父さんが飛びつくデザインでは?
#31 南 祐斗2018/07/07(Sat)14:39:32ID:M4OWY0MWWN
どうかトヨタ自動車株式会社と株式会社スバルもOEⅯしてよ
#32 肥溜めストーリー2018/07/07(Sat)14:50:37ID:RjMzMwZDTZ
どことなく昔のクオーレの雰囲気を感じさせる。

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/05/10)

ミラトコット発売予定、ダイハツからミラココア後継の新型軽自動車

ミラトコット発売へ、ミラココアの実質的後継モデル

ダイハツはミラトコットを発売する予定となっている。2018年6月25日に正式発表となる見込み。

(写真は旧型ミラココア)
ミラココア

ダイハツは昨年2017年にベーシック軽自動車のミライースをフルモデルチェンジさせている。これに採用されたDNGAプラットフォームを他モデルへ展開させる段階にあり、今夏はミラココアの実質的な後継車となる新型ミラトコットへ採用していく。新型ミラトコットはミラココアに比べて大幅な軽量化と燃費性能の向上が期待される。

(写真はミライース)
ミライース ミライース リアコンビネーションランプ

新型ミラトコットのエクステリアはムーヴキャンバスの流れを汲むと予想

既に販売終了となっているミラココアは、顧客ターゲットを女性に絞ったファニーな顔付きのエクステリアが特徴的であったが、これは新型ミラトコットに引き継がれることになる。

ベースのミライースは、シャープな顔付きのシンプルデザインで、どちらかと言えば通勤の足や様々なビジネスシーンでも違和感を感じさせないエクステリアに仕上げられていた。ミラトコットはヘッドランプ、リアコンビネーションランプで現行ムーヴキャンバスの流れを汲む丸目ランプの採用が考えられる。毎日の買物の足として親しみの持てるデザインとなりそう。

(写真はムーヴキャンバス)
ムーヴキャンバス

高額化傾向のある軽自動車セグメントであるが、ミラトコットはパーソナルカーという性質が強く、低価格帯のグレードが販売のメインとなる。
ターボは無く、NAエンジンのみの設定。駆動方式はFFと4WDを用意。多くのグレードでスマートアシストⅢが標準装備されるなど、こういったあたりは開発ベース車のミライースに準じた仕様となるだろう。

過去記事(2018/01/04)

ダイハツ・ミラココアが2018年フルモデルチェンジへ、ミライースに続く

次期ミラココアが2017年発売のミライースをベースに開発中

ダイハツの軽自動車、ミラココアのフルモデルチェンジが2018年に実施される見込みとなっている。

(写真はミラココア後期型)
ミラココア ツートンカラー

ミラココアのフルモデルチェンジについて、以前の記事では2016年の予想をしたが、これは実現されなかった。昨年2017年にはベースとなるミライースがフルモデルチェンジを受けており、その新型プラットフォームを流用した派生モデル、ミラココアもいよいよ一新されることになる。

(写真はミラココア中期型)
ミラココア

次期ミラココアは、ミライースの最新プラットフォームとスマートアシストⅢを採用

ミラココアは可愛らしいエクステリアが特徴で、女性から支持されてきたモデル。改めて見てみると、後出しで大ヒットしたスズキのハスラーに似てなくはないか。ただし、スズキはSUVスタイルに仕上げてきたところで、商品コンセプトが異なる。逆に言えば、ミラココアもカラーリングやホイールデザインあたりのちょっとした変更でSUVスタイルにすることも可能なわけで、そうすることで男性客にまで販売ターゲットを拡大することができるのではないか。

(写真はスズキ・ハスラー)
ハスラー

次期ミラココアにSUVスタイルが設定されるかどうかは想像の域に過ぎない。ただし、従来からの女性ファン層を引き継ぐ、可愛らしいキープコンセプトのモデルが用意されるのは間違いないだろう。

(写真はミライース)
ミライース ミライース リアコンビネーションランプ

ミライース譲りの燃費性能と、最新の安全運転支援システムのスマートアシストⅢも装備される見込み。

(写真は次期タント コンセプト)
タント

ダイハツでは、このほかにタントのフルモデルチェンジが2018年内に実施される見込みとなっており、軽自動車セグメントでの活躍が期待される。