car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型MINIクラブマン画像、Cセグメントカーへ拡大、11/7日本発売344万円から

新型MINIクーパークラブマンは大型化でCセグメントカーと直接対抗

BMWのMINIクーパークラブマンがフルモデルチェンジし2015年11月7日に日本での発売日を迎えることになった。

(写真は新型MINIクラブマン、フランクフルトモーターショー2015)
ミニクーパークラブマン ヘッドランプ

新型MINIクラブマンのボディサイズは全長4253mm×全幅1800mm×全高1441mm。ホイールベースは2670mmとなった。MINIシリーズ最大のボディサイズが与えられ、見た目の印象はおしゃれなCセグメントカーといったところ。日本市場ではVW・ゴルフ、アウディ・A3、BMW・1シリーズ、メルセデス・Aクラスといった輸入コンパクト勢がライバルとなってくるだろう。

ミニクーパー クラブマン フロントグリル ミニクーパー クラブマン ドア

新型MINIクラブマンは4ドア+観音開きラゲッジを採用、344万円から

先代型MINIクラブマンから大きく変化したのは、独立したリアサイドドアの追加である。先代クラブマンでは、サイドの前後ドアはクローズド時には3ドア風に見える観音開き式となっていた。これは歴代の3ドアモデルへ敬意を払ったものと想像するが、やはりオーソドックスに前後で独立したサイドドアが装備された方が利便性は高い。

ミニクーパークラブマン シート ミニクーパー クラブマン インテリア

ただし、ラゲッジドアについては、新型MINIクラブマンについても観音開きドアが継続採用されている。片開きでコンパクトに開閉できるこのドアは日常でよくあるハンドバッグサイズの荷物の出し入れが非常に捗る。

ミニクーパー クラブマン トランクルーム

ラゲッジスペースについては、まさにCセグメントで前述のゴルフらと遜色ない。5人乗り状態ではラゲッジ容量は360L。リアシートを倒すことで1250Lまで拡大可能だ。

ミニ クーパーS クラブマン

グレード別では、MINIクーパークラブマンとして車両価格は344万円。直3 1.5Lターボエンジン搭載で最高出力136ps、最大トルク22.4kgmのスペック。トランスミッションは6速ATを採用。

さらにMINIクーパーSクラブマンも設定され車両価格は384万円。直4 2.0L ターボエンジン搭載で最高出力192ps、最大トルク28.6kgm。こちらは8速ATが採用される。

#1 匿名さん2018/03/05(Mon)15:14:30
でっかいMINI

名前(任意)
コメント

過去記事(2014/10/18)

BMWミニ5ドアが日本発売、パリモーターショー2014ワールドプレミア画像

ミニにクーパー 5ドア、クーパーS 5ドアが追加ラインアップ日本発売

ミニ5ドアが2014年10月2日に日本発売を迎えた。また同日にプレスディを迎えたパリモーターショーにてワールドプレミアされ、車体が公開された。

ミニ5ドア

最近のMINIはクラブマンやクロスオーバーといったモデルの追加で大型化の傾向にあったが、ついに本家のミニクーパーに5ドアモデルが追加された。5ドアモデルのラインアップと価格は、MINIクーパーが298万円、MINIクーパーSが350万円の2タイプ。いずれもMINI 3ドアから18万円高の価格設定となる。

ミニクーパーS 5ドア BMW MINI cooper 5ドア

MINIクーパー5ドア、日常の使い勝手が向上され日本でも販売台数が伸びるはず

MINIクーパー5ドアのボディサイズは全長4000mm×全幅1725mm×全高1445mm、ホイールベースは2565mmとなる。MINIクーパー3ドアとの比較では、全長は+165mm、全幅は+15mm、ホイールベースは+70mmの拡大を遂げた。これらは後席ニースペースで+72mm、ヘッドクリアランスで+15mmと居住性の向上に充てられたほか、トランクの奥行が延ばされ荷室容量は3ドアの211Lから5ドアは278Lへ拡大された。

BMW ミニクーパー 5ドア パリモーターショー2014 ミニクーパー 5ドア トランクルーム

エクステリアは3ドアのデザインルールがそのまま使われており、真正面および真後ろからでは、これらの違いを見分けるのは難しい。

ミニクーパー 5ドア ワールドプレミア 5ドア MINI BMW

5ドアMINIに搭載されるパワートレインは、クーパーが最高出力136psの直3 1.5Lターボ、クーパーSが最高出力192psの直4 2.0Lターボとなる。トランスミッションはいずれも6ATが採用される。

mini-5door-interior MINIクーパー 5door

MINI 5ドアのJC08モード燃費は、クーパーが17.9km/L、クーパーSが16.4km/Lとなる。

過去記事(2014/03/17)

ミニクーパー クラブマンがフルモデルチェンジ間近、ジュネーブ発表コンセプト

ミニクーパー クラブマンはフルモデルチェンジでさらに大型化、Cセグメントサイズに

今月開催されたジュネーブモーターショー2014で、ミニは最新作のMINI CLUBMAN CONCEPTを発表した。

ミニ クラブマン コンセプト

本モデルはコンセプトモデルとしながらも市販型に近い形での出展となり、実質的には次期ミニクーパー クラブマンのボディそのものと考えられている。

MINI クラブマン コンセプト MINI COUPER CLUBMAN CONCEPT

ボディサイズは全長4223mm×全幅1844mm×全高1450mmと大型化を果たした。全長方向では現行ミニクーパークラブマンから26cmの延長となる。特に1.8mを優に超える全幅については「ミニと呼べない」というファンからの声が聞こえてきそうだ。

VW・ゴルフ、プジョー・308らを代表とする欧州Cセグメントハッチバックカーと完全に肩を並べる大きさとなった。

ミニクラブマン ジュネーブ2014

次期ミニクーパー クラブマンはリアドア完全装備の6ドア仕様に、テールランプも新デザイン

現行のミニクーパー クラブマンではボディ右側に観音開きドアが採用されていたのがアイデンティティの一つでもあったわけだが、次期モデルでは大きくなったボディサイズに合わせ、オーソドックスに左右リアドアが装備された。通常の5ドアハッチバックカーを扱うのと大差ない実用性が与えられたことになる。
ただし、荷室用のバックドアは2枚の観音開き式となっており、ここでは個性を貫き通した形となった。

次期ミニクーパー クラブマン ミニ クラブマン フルモデルチェンジ

新しくなったリアコンビネーションランプも大きく変化を感じられる部分である。歴代ミニシリーズでは小さなヒップに合わせるかのようにコンパクトなランプ類が縦型に配置されるケースが多かった。次期クラブマンではワイドで大型のテールランプが持たされることでリアビューでの存在感を増している。

過去記事(2014/01/11)

BMWミニクーパーはフルモデルチェンジでボディサイズ拡大、日本限定モデルあり

新型ミニ、東京モーターショーで公開されたニューモデルが3月正式発売

既に東京モーターショーでワールドプレミアを迎えていたBMW新型ミニが2014年3月にも正式発売となる見込み。

新型ミニクーパー

新型ミニのボディサイズは全長3821mm×全幅1727mm×全高1414mm、ホイールベースは2495mm。先代モデルと比較すると、全長が+98mm、全幅が+44mm、全高が+7mmと大幅なサイズアップを遂げることになる。

BMW新型ミニ BMW ミニ 東京モーターショー

新型ミニのホイールベースは先代モデル比+28mm。そのほとんどがリアシートレッグスペースに割り当てられ、後席の居住性は向上した。さらにラゲッジ容量は211Lと、これは先代比で+51Lとなる。

新型ミニクーパー シート ミニクーパー エンジン

日本市場向けに導入されるパワーユニットは2タイプ。標準のミニクーパーには直3 1.5Lターボエンジンが搭載され、その仕様は最高出力136ps、最大トルク22.4kgm。上級のミニクーパーSには直4 2.0Lターボエンジンの搭載で、最高出力192ps、最大トルク28.6kgmとなる。

BMW ミニ 

新型BMWミニに日本だけの特別仕様車、限定296台が設定される

2014年1月11日には特別仕様車として、MINI Speedgate(ミニスピードゲート)がプレスリリースされた。

MINI Speedgate

3タイプのボディカラーに対してそれぞれ98台、合計296台が日本市場だけに向けて数量限定販売される。

ミニスピードゲートのエクステリアは、フロントフェンダーとリアハッチゲートにチェック柄のアクセントが加えられ、16インチアルミホイールが装備される。シート、ステアリングもスポーツ仕様となり、スポーツボタンが設置される。これら約45万円相当のオプション装備がベースグレード車に対して+約15万円アップの289万円に価格設定された。

過去記事(2012/09/12)

布袋寅泰とMINIクーペ&ロードスターのコラボレーションモデル、画像あり

BMWが布袋寅泰MINIを発表

BMWは、ギタリストの布袋寅泰が2012年6月に行った武道館ライブを特別協賛したことを記念して、布袋寅泰オリジナルのミニクーペとミニロードスターのコラボレーションモデルを発表した。
MINI布袋 ロードスター
MINI 布袋 ブラックファイアー
この企画は日本でMINIが発売されて10周年を迎える今年に、「究極のエキサイティング」を目指すMINIのイメージに布袋の奏でるロックのイメージが合致したことによって実現している。布袋自身も、「自分のオリジナルモデルのMINIができるなんて本当に夢のようだ!」とコメントし、興奮を隠せない様子だ。

赤のクーペと、HOTEI幾何学模様のロードスター

hotei mini blackfire face
ミニクーペは、「ブラックファイアー」と呼ばれるモデルで、その名の通り赤と黒を貴重に燃え上がるようなイメージに仕上がっている。
布袋 MINI ブラックファイアー
ボディーの柄はギターがイメージされていて、インテリアではリング状の部位を全て赤メッキでかっこよく仕上げられている。
布袋 ミニクーペ ブラックファイアー
hotei mini blackfire
ダッシュボードにはギターをガラスケースに収まっているのをイメージしたと言う通り、型取りしたギターの形が埋め込まれている。

一方、ミニロードスターの方は、黒地に白の幾何学模様がド派手な印象の「ギタリズム」モデルとなっている。
布袋ギタリズムMINIロードスター
メーターの針までギターになっており、細部にまでホテイズムが浸透している。
MINIロードスター 布袋ギタリズムギター
ミニロードスター 布袋モデル
サイドシルプレートまでもギタリズム仕様だ。
サイドシルプレート 布袋モデル

なお、このBMWが布袋寅泰とコラボしたミニクーペとミニロードスターは、7月の東京丸の内のBMW studioを皮切りに、全国のMINI正規ディーラにて順次特別展示されているが、残念なことに一般発売の予定は無い。
自分の目でご覧になりたい方へぜひ足を運んでみて欲しい。
ミニロードスター HOTEI
(現在の展示スケジュール)
2012年9月15日(土)~9月17日(月・祝) MINI 沼津
2012年9月22日(土)~ 9月23日(日) MINI 浜松
2012年9月29日(土)~ 9月30日(日) MINI 静岡

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先