car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型MINIクラブマン画像、Cセグメントカーへ拡大、11/7日本発売344万円から

投稿日:

新型MINIクーパークラブマンは大型化でCセグメントカーと直接対抗

BMWのMINIクーパークラブマンがフルモデルチェンジし2015年11月7日に日本での発売日を迎えることになった。

(写真は新型MINIクラブマン、フランクフルトモーターショー2015)
ミニクーパークラブマン ヘッドランプ

新型MINIクラブマンのボディサイズは全長4253mm×全幅1800mm×全高1441mm。ホイールベースは2670mmとなった。MINIシリーズ最大のボディサイズが与えられ、見た目の印象はおしゃれなCセグメントカーといったところ。日本市場ではVW・ゴルフ、アウディ・A3、BMW・1シリーズ、メルセデス・Aクラスといった輸入コンパクト勢がライバルとなってくるだろう。

ミニクーパー クラブマン フロントグリル ミニクーパー クラブマン ドア

新型MINIクラブマンは4ドア+観音開きラゲッジを採用、344万円から

先代型MINIクラブマンから大きく変化したのは、独立したリアサイドドアの追加である。先代クラブマンでは、サイドの前後ドアはクローズド時には3ドア風に見える観音開き式となっていた。これは歴代の3ドアモデルへ敬意を払ったものと想像するが、やはりオーソドックスに前後で独立したサイドドアが装備された方が利便性は高い。

ミニクーパークラブマン シート ミニクーパー クラブマン インテリア

ただし、ラゲッジドアについては、新型MINIクラブマンについても観音開きドアが継続採用されている。片開きでコンパクトに開閉できるこのドアは日常でよくあるハンドバッグサイズの荷物の出し入れが非常に捗る。

ミニクーパー クラブマン トランクルーム

ラゲッジスペースについては、まさにCセグメントで前述のゴルフらと遜色ない。5人乗り状態ではラゲッジ容量は360L。リアシートを倒すことで1250Lまで拡大可能だ。

ミニ クーパーS クラブマン

グレード別では、MINIクーパークラブマンとして車両価格は344万円。直3 1.5Lターボエンジン搭載で最高出力136ps、最大トルク22.4kgmのスペック。トランスミッションは6速ATを採用。

さらにMINIクーパーSクラブマンも設定され車両価格は384万円。直4 2.0L ターボエンジン搭載で最高出力192ps、最大トルク28.6kgm。こちらは8速ATが採用される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

新型MINIクラブマン画像、Cセグメントカーへ拡大、11/7日本発売344万円から

BMWミニ5ドアが日本発売、パリモーターショー2014ワールドプレミア画像

ミニクーパー クラブマンがフルモデルチェンジ間近、ジュネーブ発表コンセプト

BMWミニクーパーはフルモデルチェンジでボディサイズ拡大、日本限定モデルあり

布袋寅泰とMINIクーペ&ロードスターのコラボレーションモデル、画像あり