car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ルクラが新型エンジン搭載で燃費向上

スバルの軽自動車・ルクラがマイナーチェンジ&新グレード

人気の軽ワゴン車、スバル・ルクラがマイナーチェンジした。
燃費の良い新型エンジンとお買い得グレードの登場、燃費の向上、減税の拡大で今まで以上に人気化しそうだ。
ルクラはダイハツ・タントのOEM車であるが、ルクラ専用デザインのフロントグリルが設定されている。
本家のタントよりも、ファニーな印象で親しみを持ちやすい。

このほか、下位グレードには標準装備されていなかったアームレストが、今回のマイナーチェンジで標準化された。
よって全車にアームレストが付くようになる。
ルクラ

可変バルタイ新型エンジン採用で燃費が向上した

エンジンはターボ仕様とNA仕様が用意されているが、NA仕様エンジンを搭載した全車に可変バルブタイミングが付いた新型エンジンが採用されることになった。
これによる10・15モード燃費の向上は2km/L。従来21km/Lだったものが23km/Lとなった。
カタログ値で10%近く燃費が向上するのは進歩と言える。
実燃費でも目に見える効果として表れそうだ。

上級モデルのL Black Interior Limitedも注目

132万円~の新グレードL Black Interior Limitedは若者向けにオススメできる。
14インチアルミホイール、ルーフスポイラー、サイドシルスポイラーを装備して、スポーティーで上質感のある室内が特徴だ。
内装は文字通りブラックで統一。他グレードのベージュ色内装がファミリー向けなのに対し、ブラック内装は若者に人気の出そうな雰囲気と感じた。
ルクラの基本コンセプトは都会の子育てファミリーをターゲットにしているが、室内の広い軽ワゴンは若者にも人気が高いカテゴリーだ。
ブラック インテリア リミテッドは、こういったユーザー層から選ばれるグレードになりそうだ。

平成22年度燃費基準+25%を達成

従来+15%だった平成22年度燃費基準を+25%の達成をすることができた。
これは、前述の新型エンジン採用による効果が大きい。
自動車取得税および自動車重量税の減税額は75%となり、より経済的となる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先