car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱&日産がi-MiEV後継の軽電気自動車を2016年内に発売する計画

次期i-MiEVが開発中、2016年内に三菱と日産の両ブランドで販売される見込み

三菱i-MiEV後継モデルが2016年内にも発売される計画となっている。

(写真は現行i-MiEV)
i-MiEV

三菱自動車と日産は2011年に軽自動車事業を担当する株式会社NMKVを共同出資により立ち上げていた。その後、ek、デイズ、eKスペース、デイズルークスなどの三菱と日産の両ブランドで販売される軽自動車を企画、開発、生産している。

i-MiEV

そして、現在市販化に向けて開発が進行しているのが、三菱・i-MiEV後継車に相当する次世代EV軽自動車である。

i-MiEV後継モデルはFFレイアウトの採用、使い勝手の良さで日常で選ばれる軽EVに

現行i-MiEVは2009年に発売されたモデル。独特の流線型ボディは設計自由度の低い軽自動車の中では特に異色の存在で、国内販売が弱点の三菱自動車のラインアップの中でも人気モデルとなっていた。EVの他に一般的な軽自動車用ガソリンエンジンをMRレイアウトで搭載させたiが同じボディデザインでラインアップされたが、現在はEVのi-MiEVのみの販売が継続されている。

i-MiEVについては販売期間7年となるタイミングで次期モデルへ切り替わることになるが、次期モデルはガソリンエンジン搭載車の設定は無く、EV専用車となる見込みだ。

ただしプラットフォームは現行のekおよびデイズがベースとなる。つまり、通常のFFレイアウトの採用ということで、i-MiEVのような近未来的なエクステリアデザインになることは期待しないほうがいいかもしれない。i-MiEV後継モデルは高い居住性と積載能力が与えられることで日常で使いやすい軽EVとなるだろう。

(写真は日産リーフ)
日産リーフ

国内のEV市場と言えば、日産が専用車のリーフをラインアップし業界を先導してきたイメージが強い。次期i-MiEVは日産ブランドでも別車名で販売されることになり、日産のEVシェアが拡大することが予想される。

#1 匿名さん2018/03/05(Mon)20:16:57

名前(任意)
コメント

車名

アイミーブ

アイミーブ

代表グレード

発売日

2016年12月

2016年12月

型式

ZAA-HA4W

ZAA-HA4W

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1610

1610

ホイールベース(mm)

2550

2550

トレッド 前(mm)/後(mm)

1310/1270

1310/1270

室内長(mm)

1790

1790

室内幅(mm)

1270

1270

室内高(mm)

1250

1250

車両重量(kg)

1070

1090

エンジン型式

シリンダー配列

排気量(cc)

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

----ps(----kW)/----rpm

----ps(----kW)/----rpm

最大トルク

----kg・m(----N・m)/----rpm

----kg・m(----N・m)/----rpm

圧縮比

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

使用燃料

電気

電気

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

3リンク ド・ディオン式

3リンク ド・ディオン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

145/65R15

145/65R15

タイヤサイズ(リア)

175/55R15

175/55R15

最小回転半径(m)

4.5

4.5

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

ミッドシップ

ミッドシップ

消費税込み車両価格

2,273,400円

2,624,400円

車名

アイミーブ

アイミーブ

代表グレード

ベースグレード

発売日

2011年8月

2010年11月

型式

ZAA-HA3W

ZAA-HA3W

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1610

1610

ホイールベース(mm)

2550

2550

トレッド 前(mm)/後(mm)

1310/1270

1310/1270

室内長(mm)

1790

1790

室内幅(mm)

1270

1270

室内高(mm)

1250

1250

車両重量(kg)

1110

1100

エンジン型式

シリンダー配列

排気量(cc)

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

----ps(----kW)/----rpm

----ps(----kW)/----rpm

最大トルク

----kg・m(----N・m)/----rpm

----kg・m(----N・m)/----rpm

圧縮比

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

使用燃料

電気

電気

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

3リンク ド・ディオン式

3リンク ド・ディオン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

145/65R15

145/65R15

タイヤサイズ(リア)

175/55R15

175/55R15

最小回転半径(m)

4.5

4.5

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

ミッドシップ

ミッドシップ

消費税込み車両価格

3,800,000円

3,980,000円

過去記事(2014/02/20)

アイミーブ後継車種の開発がスタート、次期モデルは三菱と日産の協業

アイミーブのフルモデルチェンジに向けて三菱&日産が共同開発

アイミーブの次期モデルが開発中であることが明らかとなった。
想定される市販時期としては2015年以降が挙げられる。

(写真はConcept CA-MiEV、ジュネーブモーターショー2013)
CA-MiEV

アイミーブは三菱自動車が2009年から販売してきた軽自動車規格の電気自動車。現行の初代モデルは三菱が単独で開発してきたが、次期モデルは日産との協業で行われることになる。既に、三菱・ekワゴン、eKスペースおよび日産・デイズ、デイズルークスらの新型軽自動車を共同開発し市販化に成功させてきた両社は、次はEVの分野でも手を結ぶことになる。

(写真は現行アイミーブ)
i-MiEV

これまで三菱がアイミーブを販売してきた一方で、日産はリーフでEV市場にチャレンジしてきた。特にEVという分野で両社はライバル関係であったわけだが、いずれも給電設備が十分に普及しないという問題を抱えていた。

(写真は現行リーフ)
リーフ G

日産は2016年度までに累計150万台のEVを販売する計画でいたが、この目標達成は2018~2019年度にまで遅れると見込んでいる。今後、EV市場が拡大するかどうかは、給電設備普及の問題と車両価格の低価格化が決め手となるだろう。

アイミーブと同じボディのガソリンエンジン車、アイの復活も期待される

また三菱は、EVではないガソリンエンジン搭載モデルとして、アイミーブと同型ボディのアイをラインアップしていた。660ccのガソリンエンジンをリアミッドシップに搭載した人気のあるモデルであったが2013年9月に販売を終了している。EVの普及にはまだ時間が必要というのが現実で、ガソリンエンジン搭載車のラインアップも期待したいところだ。

(写真はシトロエンC-ZERO)
シトロエン C-ZERO アイミーブ OEM

三菱のアイミーブはシトロエンにもOEM供給され、C-ZEROとして販売されている。

過去記事(2013/03/18)

三菱 Concept CA-MiEV ジュネーブ画像、リーフ対抗の次世代EVを提案

BセグメントEVのConcept CA-MiEVを三菱が提案、リーフ対抗

三菱自動車がジュネーブモーターショー2013で世界初披露したコンセプトカーがConcept CA-MiEVである。
CA-MiEV
CA-MiEV 2013 ジュネーブ
Concept CA-MiEVは、三菱が次世代の電気自動車(EV)を提案すると豪語するだけあって様々な工夫が随所に盛り込まれており、見ているだけでワクワクするようなEVのコンセプトカーに仕上がっている。
ボディサイズは全長4050mm×全幅1775mm×全高1550mm、ホイールベース2550mmで、車体重量は1300kgとなる。全幅と全高に関しては日産・リーフと近い寸法だが、全長はConcept CA-MiEVが395mm短い。Cセグメント寄りのリーフに対し、Concept CA-MiEVは欧州Bセグメントど真ん中を狙ってきた感じである。
CAミーブ
Concept CA-MiEVの外観は、近年プリウスに代表されるようにハイブリッドやEVに多い流線型のフォルムである。三菱によれば未来に向けて走り出すアスリートをイメージしたということだ。軽量かつコンパクトで無駄のない作りになっており、車体も低く、効率的に走行しようという狙いが車体の外観からでも感じ取れる。
三菱 CAミーブ ジュネーブ2013

Concept CA-MiEVには三菱自動車の最新のEVテクノロジーを搭載

Concept CA-MiEVは次世代のEVと謳うだけあって、やはり一番の特徴はEVシステムまわりにある。主要なEVコンポーネントはモーター・インバーター・充電器を一体化することによってロスを少なくし、かつ軽量化に成功した。またエネルギー回収効率の良いブレーキを採用し、磁界共鳴式非接触充電装置により充電効率が高いシステムを採用。これに28kWhという大容量のバッテリーを加えて、一回の充電で300kmの航続可能距離を実現するという。また時代を反映し、エアコンやオーディオ機器のリモコン機能などスマートフォンやタブレット端末との連動性をも、Concept CA-MiEVは備えている。盗難防止のためのGPS搭載&リモートトラッキング機能など、コンセプトカーとは思えない実用的な機能を多く揃えており、市販化が楽しみな一台である。

過去記事(2013/02/23)

三菱・アイミーブ後継のコンセプトカー、CA-MiEVがジュネーブモーターショー発表

アイミーブ後継の電気自動車を三菱が発表

三菱自動車は、電気自動車アイミーブの後継車種に相当するコンセプトカーとしてCA-MiEVを来月2013年3月に開催されるジュネーブモーターショーで公開する。

このCA-MiEVが軽自動車規格に準じたボディサイズであるかどうかは不明である。「CA」が「Compact and Advanced technology」を意味することや、ジュネーブの地で欧州向けに発表されることから、軽自動車クラスではなくBセグメントクラスの寸法になる可能性があるだろう。
CA-MiEV
公開されたティザー画像からはヘッドライトデザインとボディフォルムのシルエットが確認できる。アイミーブに採用された丸みを帯びたラウンドボディから一転し、直線基調のシンプルなボディデザインとなりそうだ。

(写真は現行i-MiEV)
i-MiEV

CA-MiEVの航続距離はアイミーブの性能を大きく超える

CA-MiEVの仕様についても一部公表しており、航続可能距離は300kmに到達するということである。現行アイミーブでは、Mグレードが120km、Gグレードが180kmであるからこれは大きな進歩で、さらに日産・リーフの228kmを大きく凌ぐ数値である。電気自動車の航続可能距離が短いという大きな欠点は、些細な問題になりつつある。

さらにCA-MiEVの大きな特徴となるのが充電方式である。太い充電ケーブルを車体に接続するというのがこれまでの電気自動車の充電スタイルであったが、CA-MiEVではワイヤレス充電が採用される。

アイミーブ発売の2009年から4年が経過するこのタイミングでの後継コンセプトカーの発表は、現在の三菱の経営環境を考えれば即市販化に結びつくモデルになるとは考えにくい。ただし日産がリーフを大幅値下げし、今年2013年から本格的に電気自動車を普及をさせようとする動きがある。こういったトレンドの中、三菱がリーフ対向車としてCA-MiEVを発表することは、市販化への期待を抱かせるものである。

過去記事(2011/07/29)

電気自動車i-MiEV(アイミーブ)の実質負担額が188万円に

アイミーブ、エントリーグレードMの設定でEVが普及

これまで電気自動車のi-MiEVは、軽自動車規格の小さな車でありながら補助金の交付を受けても実質負担額が300万円もしていた。
ガソリンエンジンを装備しない完全な電気自動車(EV)として注目が集まっていたが、この車両価格の高さがネックで、購入先は一部の法人や官公庁に限られ、なかなか普及が進まない状況であった。
今回、バッテリー容量を減らすなど機能を制限したエントリーグレード「M」が登場し、その車両価格の実質負担額は188万円となった。
EV普及に拍車がかかりそうだ。

エントリーグレードM(実質負担188万円)

新しく設定された「M」は主にバッテリー容量を減らしてコストダウンさせたモデル。1回の満充電からの航続距離がJC08モードで120km。「G」の180kmと比較してもバッテリー容量が少なくなったのがわかる。
ただし、用途を限定すれば、一日に120kmというのは必要十分な走行距離とも言える。
普段の買い物や送り迎えであれば、全く問題がない。
2台目の車としてもいい選択肢になってくる。
バッテリーのほか、ステアリングやシフトノブがウレタン樹脂へ、シートについては素材が簡素になりアジャスターが省略、スチールホイール+ホイールキャップの採用などと、コストダウンは随所に見られる。

上級グレード「G」(実質負担284万円)

「M」と比較して96万円も高いが装備は充実。(これでも補助金差し引き前で459万9000円から380万円に車体価格は引き下げられている。)
ヘッドライト、リアコンビネーションランプはLED化されるほか、アルミホイールが装備されるなどエクステリアも差別化される。
専用ナビ、シートヒーターが標準装備されるあたりも満足度が高い。
より上質な内装を望むなら、プレミアムインテリアパッケージのオプション設定も可能だ。
航続距離は180kmとガソリン車と比べればまだまだの水準だが、遠出できる可能性が出てきた。

回生ブレーキの性能が向上

ブレーキペダル連動回生ブレーキ機能も性能アップしている。
これにより従来比で20%の走行距離が伸びた。

災害時には電源車としての可能性も

大容量バッテリーやハイブリッドエンジンを搭載する自動車は、災害時の電源車としての可能性が注目される。
東日本大震災では、大容量の100V電源供給が可能なエスティマハイブリッドが長期間停電が続いた被災地で、電源供給車として活躍していた。
そんな中、i-MiEVもAC電源が供給可能になるオプション(ACパワーサプライEZ)を1万5540円で設定している。
ただしこれによって、供給できる電力量はたったの100W。性能的にはホームセンターで売っている2000円程のDC-ACコンバーターと同等かそれ以下で、お薦めできないディーラーオプションだ。
これとは別に1500Wの電源供給ができるオプションを現在開発中とのこと。1500Wあればテレビや電子レンジまで稼動させる能力があるので、災害時にも活躍しそうだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先