car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型ゴルフヴァリアントがワールドプレミア、ジュネーブモーターショー2013

ゴルフⅦベースのワゴン、ヴァリアントがジュネーブでデビュー

フォルクスワーゲンはジュネーブモーターショー2013で、『ゴルフヴァリアント』を公開した。
ゴルフヴァリアント
本国ドイツでは『ゴルフエステート』、米国では『ジェッタ スポーツワゴン』として販売されているワゴンタイプのゴルフヴァリアントは、前身のゴルフワゴンを含めると、現行モデルは2009年に発売された4代目にあたり、その運転性能の良さや快適さに加えて、JC08モード燃費で19.0km/Lという優れた環境性能が日本でも評価され人気のあったモデルであった。今回発表された新型ゴルフヴァリアントは、2012年9月に発表された新型ゴルフ7をベースにしたワゴンボディバージョンであり、これまでと同様にゴルフシリーズ派生車によるラインナップ充実が行われることになる。当然日本市場にも導入が進むと予測される。
ゴルフヴァリアント 2013ジュネーブ
ゴルフヴァリアント トランク

新型ゴルフヴァリアントには気筒休止システムが導入される

新型ゴルフヴァリアントには、ゴルフⅦにも採用されているフォルクスワーゲン新開発のMQBプラットフォームが採用されている。MQBとはドイツ語で「Modulen Quer Baukasten」を意味し、日本語でいえば「フロント横置き車両のためのモジュール化した基本構成規格」とでもなるだろうか。ゴルフだけでなくアウディA3でも採用されており、室内空間が広くなる、軽量化により環境性能の向上につながる、などの利点があるとされている。さらにエンジンにも最近になってフォルクスワーゲンでよく用いられるようになった気筒休止システムが導入されており環境性能にも配慮している。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2011/04/05)

ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドライン(VW)の口コミ評価

ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドラインのメカニズムと実燃費

1.4LのTSIエンジンが素晴らしい

最近は環境意識の高まりでエンジンが小排気量化される傾向がある。
ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドラインもその流れを受けて、1370kg~の車体重量ながら、1.4Lという小排気量エンジンの採用となっている。
日本の道路ならまだしもアウトバーンのドイツではパワー不足ではないのかと心配していたが、低回転からトルクのある鋭い加速が素晴らしい。
スピードが乗ってからの再加速もスムーズだ。
ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドラインは小排気量化による出力ダウンを過給機を備えることで補っている。
1.4Lエンジンながら2.0L並の加速が可能である。
コンフォートラインと異なり、トレンドラインはターボ過給機のみでスーパーチャージャーは装備していない。
それでも、実用域の加速で不満を感じることはない。

DSGトランスミッションのスムーズなシフトチェンジ

ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドラインの持つ、燃費性能の向上に貢献するメカニズムの一つにDSGがある。
多段式であるがATよりも高効率でダイレクト感があるのが特徴。
シフトチェンジ時ではギアが瞬間的に入れ替わり空走感が無い。
ストップ&ゴーの多い街乗りではCVTの効率にやや劣るが、郊外や高速道路ではDSGの方がやや得意だ。
何よりもエンジン回転数がマニュアルミッション車に近く、自然なエンジンフィールが得られるので運転好きのドライバーに人気が高い。
DSGは整備が万全であれば、CVTやATに比べて最も理想的なトランスミッションと言える。
欠点としては、やや信頼性が落ちることが挙げられる。
海外製のオートマチックトランスミッションは形式に関わらずトラブルが多い。
日本車のATやCVTに比べるとどうしても耐久性に弱点があり、個体の当たり外れもある。
DSGのもう一つの欠点は低速域のギクシャク感があることだ。
他のトランスミッション形式に比べて、経験が浅いためメカニズム的に荒削りな部分を感じることがある。

実燃費報告

ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドラインに乗っているユーザーからの口コミ実燃費では、街乗り10~13km/L、郊外13~15km/L、高速15~17km/Lぐらいの報告が多い。
TSI+DSGの燃費効果は抜群と言えるだろう。
燃費性能を日本車に例えると、カローラ並と言った所。
ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドラインの持つ接地感のある足回りとハンドリング性能で、カローラ並みの実燃費であれば文句のつけようが無いだろう。

メーカー フォルクスワーゲン
モデル ゴルフ ヴァリアント
グレード Golf Variant TSI Trendline
メーカー希望小売価格 2,750,000円
年式 2011年
型式 DBA-1KCAX
駆動方式 FF
全長(mm) 4545
全幅(mm) 1785
全高(mm) 1530
ホイールベース(mm) 2575
室内長(mm)
室内幅(mm)
室内高(mm)
車両重量 1370kg
最小回転半径 5.0m
サスペンション前 マクファーソンストラット
サスペンション後 4リンク
エンジン 1.4L
CAX
4気筒
DOHC
ターボ
トランスミッション 7速DSG
10・15モード燃費 16.4km/L
JC08モード燃費

ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドライン

ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドラインはこんな車

シートが快適

ゴルフ ヴァリアントはシートの仕上がりが良くて評判だ。
歴代のゴルフシリーズのシートの出来の良さをしっかり引き継いでいる。
座面長が十分で太ももをしっかり下から支えてくれるのが嬉しい。
窮屈な感じではないのに、腰のホールド感は抜群で、コーナリング時もしっかり左右から支えてくれる。
体を支えるのに余計な力を必要としないので長距離ドライブの疲労感が少ないのが特徴だ。

乗り心地がいい

ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドラインは、硬過ぎず軟らか過ぎずの程良い足回りで、運動性能と乗り心地の軟らかさを両立させている。
路面からの衝撃に対してびくともしない高剛性ボディで支えられている感じは安定感があり乗っていて疲れない。
サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラットで、リアが4リンク式となっている。
ゴルフヴァリアントはハッチバックのゴルフとホイールベース長が同じプラットフォームが使われている。

パワステのフィールがいい

ドイツ車のパワーステアリングの多くは、日本車と比較して重いものが多かった。
重いステアリングは高速道路では、安定感があり運転しやすいが、街中の運転や車庫入れは女性のドライバーでは一苦労と言っても大げさでないぐらいのものがあった。
ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドラインのステアリングは程よく軽くセッティングされており、女性のドライバーでも安心してドライブできる。
高速道路での安定性も失われていない。
ステアリング操作感の向上はフォルクスワーゲン車の進化を感じる部分の一つである。