car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ e プロトタイプ詳細動画、2019年内発売で大ヒットの予感

電気自動車 ホンダ「e」2019年内の欧州発売、翌年日本発売予想

今回ご紹介するのはホンダ e プロトタイプ。映像はジュネーブモーターショー2019でのワールドプレミア時のもの。

(動画はホンダ e PROTOTYPE、ジュネーブモーターショー2019)

特徴的なエクステリアの丸目ヘッドランプは、2017年発表のホンダ・アーバンEVコンセプトの進化版であることを意味する。N360あるいは現行軽自動車のN-ONEのデザインを引き継ぐモデルということになる。プロトタイプと言うことで、見た目はほぼ市販型と考えられる。

ホンダ e

ホンダeは低価格EV、リーフよりもコンパクトで航続距離は短い

新型eプロトタイプは、エクステリアだけでなくインテリアも公開された。まず目につくのが、フロントに設置された横長のディスプレイ。その両脇の別モニターにカメラ式サイドミラーからの情報が映し出される。

助手席側にまで続くディスプレイは、車内エンターテイメントとして積極的に活用されることが期待される。

アーバンEVコンセプトでは、頼りないベンチシートが装備されていたが、eプロトタイプでは、セパレートシートに変わっている。

フル充電からの航続距離は200km。これは日産・リーフよりも短い。バッテリーが少ない分、車両価格は安くなるだろう。普段使いのパーソナルなEVとして普及が進むことが期待される。

2019年内の欧州発売、そして2020年前半の日本発売が予想される。

#1 匿名さん2019/03/31(Sun)05:07:03ID:VmYjkyODTZ
ユニーク!
#2 匿名さん2019/03/31(Sun)08:23:50ID:M0YjczZTzN
複数台所有で充電環境も整えられる小金持ち向けかな。
内外装見ると300万以下は難しそうだけど、
赤字で売るのかコストダウンするのか気になるところ。
#3 匿名さん2019/03/31(Sun)11:59:25ID:Q1ODFjOTzM
行動範囲が狭い人は十分かもしれないが、個人的には環境や道路状況などバッテリーの電力低下などを踏まえると、300キロくらいで余裕がないとなあ。
#4 匿名さん2019/03/31(Sun)12:07:10ID:U4MzNmZGWY
中国でのカーシェアリングサービスの展開を見越してのことだろうな。日本でも都市部はカーシェアリングは便利だろうな。自動運転で収容所にロボ掃除機みたいに戻ってきたらいいね。
#5 匿名さん2019/04/01(Mon)02:25:45ID:hmYjY5MDTY
ヤバい
グッと来た!
#6 匿名さん2019/04/04(Thu)13:59:25ID:YwMDI3ZDzY
ジュネーブショーでワールドプレミアってところが「ホンモノ感」万点!
#7 匿名さん2019/04/04(Thu)15:08:28ID:I1ZDNkZT2N
ホンモノとかニセモノとか
そういうワードはあまり好ましくない
理由は他の板を参照
#8 匿名さん2019/04/04(Thu)17:11:35ID:FiNGVmOWGY
♯7
ニセモノという言葉は、♯7以外は使ってないよね。そっちの方が気になる。

名前(任意)
コメント