car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ eの欧州予約が開始、埼玉生産ながらも欧州優先、日本発売はその後

新型電気自動車Honda eの優先予約権をWeb受付

Honda e の先行予約が英国、ドイツ、フランス、ノルウェーの欧州4カ国でスタートしました。

ホンダeの前身となるデザインスタディモデルは、2017年の東京モーターショーでも出品されていたUrban EV Concept。そして、そのエクステリア、インテリアのデザインイメージを引き継いだのが、Honda e プロトタイプで、2019年3月のジュネーブモーターショーで公開されていた。

コンパクトなボディと丸目のヘッドランプが印象的ですが、遂に欧州で先行予約が開始された。

ホンダ eの手付金は800ユーロ、詳細未定のため返金キャンセルには応じる

新型Honda eは手付金800ユーロにて、オンラインでオーダー受付中。ただし、車両価格を含め詳細な仕様がまだ決まっていない段階でもあり、予約後のキャンセルおよび手付金の返還には応じるとのこと。

ホンダe

ボディカラーは5色
 モダンスチールメタリック
 チャレンジイエロー
 プラチナホワイトメタリック
 クリスタルブルーメタリック
 クリスタルブラックパール
が用意されている。

ルーフとAピラー、Bピラーはブラック系でツートンカラーということになりそう。
Honda eは、2019年内の欧州発売が見込まれていたが、改めて2020年春ごろのデリバリー開始が予告された。
生産拠点は埼玉県の寄居工場になる見込み。日本生産ではあるが、販売は欧州市場が優先され、日本発売はその後ということになる。

ボデイサイズなどは、まだ具体的な数値が示されていない。映像からは、前後オーバーハングが比較的短く、軽自動車並の小型車といったイメージ。ただし、ホイールベースやトレッド幅は意外と大きくて、Bセグメントのフィットぐらいのサイズに近い。それでもコンパクトカーと呼ばれるクラスではあるが、乗り心地、あるいは走行安定性などで極端な不満が出ないレベルはクリアしていると思われる。

航続距離は200キロ以上としており、これは最近の他の電気自動車との比較では短く感じる。急速充電機能により30分で80%のチャージに対応し、短い航続距離の弱点が補われる。

Honda eの特徴の一つであるカメラ式サイドミラーは標準装備になることが発表された。ここからの映像は車内の両サイド、Aピラー部分に設置された6インチモニタに映し出される。そしてカメラの出っ張りはホイールアーチ部分の幅を超えておらず、従来型のドアミラーに比べてエアロダイナミクスが良くなるほか、ぶつけてしまうというリスクも小さくなりそう。

このカメラ式のサイドミラーとポップアップ式のドアハンドルも相まって、サイドからのエクステリアはシンプルながらも先進的な印象に仕上がっている。

ボディサイズはコンパクトで、航続距離も短い。ただし、ホンダは単なるエコノミーEVとして、販売していくつもりは無さそうである。次世代EV時代のプレミアムコンパクト、これまでのミニクーパーのようなポジションを狙っているのでないかと思われる。

このほか後輪駆動であることも特徴の一つ。Honda Sports EV Conceptが東京モーターショーで出品されていたが、このモデルはホンダeとは共通プラットフォームのスポーツEVクーペとして市販化が計画されている。こちらも、もちろん後輪駆動ということになる。

最後に次期フィットの話題を追伸。Honda eとはボディサイズ的に同クラスとなるが、グローバル販売台数では、ガソリン燃料車のフィットシリーズが依然主力であり続けるはず。そして、2019年10月25日に一般公開日を迎える東京モーターショーでの次期型ワールドプレミアがプレスリリースで予告された。

#1 匿名さん2019/06/01(Sat)06:12:11ID:NlZjhkZjTN
幅次第だけど、終の車に良いかもしれない。
安全装備充実してるだろうし。
遠出難しいのも却ってメリット。

今こそ小さな高級車が必要じゃないかと。
#2 匿名さん2019/06/03(Mon)02:23:14ID:JjYWU0OTTO
スライドドアにして欲しい
#3 匿名さん2019/06/03(Mon)18:15:06ID:M3ZjQ5MDjN
タイプR追加して欲しい
#4 匿名さん2019/06/17(Mon)14:45:55ID:A5OTI1ZTjO
ラゲッジの使い勝手が予想外に悪いのが残念だった
せっかくソックリなんだし、軽同様にしてくれりゃいいのに
#5 匿名さん2019/06/17(Mon)20:06:12ID:E2ODMwOWTY
埼玉で生産されるホンモノのクルマ
#6 匿名さん2019/06/18(Tue)01:57:18ID:RmYjA3ZmWM
埼玉で生産されても、真っ先に欧州から販売が始まる。欧州で販売されるクルマがホンモノのクルマ。
#7 匿名さん2019/06/18(Tue)12:23:36ID:NhMGE0MzmO
埼玉で生産され、やがて日本でも販売される正真正銘ホンモノのクルマ。
#8 匿名さん2019/06/23(Sun)11:53:45ID:ExNjRjYTmN
250万なら買ってやる
#9 匿名さん2019/06/23(Sun)21:33:28ID:NkNThlZmjY
FRってのがニクい!
#10 匿名さん2019/06/25(Tue)12:11:04ID:I5NzNkZmGM
一応確認の為聞きますが、FRは何の略?

名前(任意)
コメント

過去記事(2019/05/02)

ホンダe新型EV、2019年内量産スタートも欧州優先、日本発売2020年夏

Honda e普及型の低価格EVを期待、それでも内外装でしっかりアピール

ホンダの新型電気自動車 eは、2019年後半の量産スタートがスケジュールされている。ただしこれは、欧州向け出荷が優先となる。
2019年内の欧州発売、そして日本発売は翌2020年の夏頃が予想される。

車両価格は未定だが、これがいくらになるのかが気になるところ。
EVの車両コストを考える上でポイントになってくるのが、バッテリー容量と航続距離となる。
プレスリリースによると、ホンダeの航続距離はWLTPモードで200km以上としている。
例えば、日産のリーフ e+は、62kWhバッテリー搭載モデルのWLTPモードの航続距離が推定で385キロと公表されている。
これよりもホンダeは航続距離が相当短く、ボディサイズも小さい。
車両価格は従来の電気自動車の水準よりも安くなることが想定される。

ホンダe

映像のモデルはプロトタイプ。最近のホンダは、プロトタイプとして発表されたモデルの内外装は、ほぼ市販型と変わらないという傾向がある。このeプロトタイプも市販型にかなり近いと考えられる。

ホンダeは欧州の電動化の波に乗れるのか

ホンダeのエクステリアは丸目のヘッドランプ、リアコンビネーションランプが特徴の5ドアハッチバックに仕上げられている。
ボディサイズは公表されていないが、全長はフィットよりも一回り小さく見える。

ホンダe プロトタイプ

ボンネット上の黒いカバー内に充電ポートがあり、30分で80%までの充電を可能とする急速充電に対応する。

ドアハンドルはフロントはポップアップ式、リアはブラックアウト処理されており、さらにドアミラーはカメラ式でコンパクト。すっきりとしたサイドエクステリアが演出されている。

インテリアは高級感とは少し方向性が違う。シート表皮、センターコンソール、ダッシュボードなどは北欧家具風のデザインで上質感がある。

ダッシュボードには三分割された横長のディスプレイが設置される。さらに両サイドにカメラ式サイドミラーのモニターが置かれる。ドライバーのすぐ前のディスプレイはデジタルメーターパネルとなっている。メルセデスAクラスでは数種類のメーターデザインを選択することができた。ホンダeでも同様の機能が備わることが予想される。

このほかディスプレイにはHDMIの入力端子が備えられており、同乗者向けエンターテイメントとして幅広い使い方が可能となる

230VのAC電源コンセントも用意されている。日本仕様では100Vとなるだろう。アウトドアや災害時の電源としての活用が期待される。

ホンダ e プロトタイプ リアコンビネーションランプ

プラットフォームはEV専用に新開発されたもので後輪駆動となる。ホンダではスポーツEVの開発も進められている。前回2017年の東京モーターショーで出品された、ホンダスポーツEVコンセプトの市販型は、Honda eと共通の後輪駆動プラットフォームの採用となるだろう。