car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダCX-9が2016年1月フルモデルチェンジ、MPVとの統合で日本発売の可能性も

KOERUコンセプトは次期CX-9を示唆している?3列シートクロスオーバーSUV

マツダのフラグシップSUV、CX-9のフルモデルチェンジが早ければ2015年内にも実施される見込みとなった。

(画像はKOERUコンセプト)
KOERU 越

マツダは来月9月に開催されるフランクフルトモーターショー2015で新型コンセプトカーの越(KOERU)を発表する予定となっている。KOERUが意図する市販モデルについて様々な憶測が飛び交ったが、これはCX-9の次期モデルということになりそうだ。

(写真は現行CX-9)
CX-9 CX-9 北米仕様

次期CX-9は2016年1月のデトロイトショーでワールドプレミアか、日本発売の可能性も

マツダは現在のところKOERUコンセプトについてスケッチ画像1点のみを公開している。ここからはデザインコンセプトKODOをベースにしたクロスオーバーSUVモデルであることが判断できるが、ボディサイズについての情報がなく判断が難しくなった。

(写真はCX-7)
CX-7

KOERUコンセプトの発表が欧州であることから、CX-7の後継モデルを予想したが、これはどうやらハズレのようだ。

フランクフルトでKOERUコンセプトを公開後、主力市場の米国で新型CX-9の市販プロトが公開される見込みとなっている。次期CX-9は2015年11月のロサンゼルス国際オートショーかあるいは2016年1月の北米国際オートショーでのワールドプレミアが予想されており、コンセプトの発表から速いペースで市販化されることになる。

一方で、マツダでは古くなったMPVを退役させて、3列シートを装備する次期CX-9と車種統合させる動きがある。この流れでいけば、これまで日本で販売されたことのないCX-9が次期モデルからは日本導入されることも予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

CX−7

CX−7

代表グレード

ベースグレード

クルージングパッケージ

発売日

2011年4月

2011年4月

型式

CBA-ER3P

CBA-ER3P

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4695

4695

全幅(mm)

1870

1870

全高(mm)

1645

1645

ホイールベース(mm)

2750

2750

トレッド 前(mm)/後(mm)

1615/1610

1615/1610

室内長(mm)

2010

2010

室内幅(mm)

1535

1535

室内高(mm)

1225

1225

車両重量(kg)

1660

1660

エンジン型式

L3-VDT

L3-VDT

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

2260

2260

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

87.5×94.0

87.5×94.0

最高出力

238ps(175kW)/5000rpm

238ps(175kW)/5000rpm

最大トルク

35.7kg・m(350N・m)/2500rpm

35.7kg・m(350N・m)/2500rpm

圧縮比

9.5

9.5

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

69

69

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

9.0

9.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

235/60R18 103H

235/60R18 103H

タイヤサイズ(リア)

235/60R18 103H

235/60R18 103H

最小回転半径(m)

5.7

5.7

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,950,000円

3,320,000円

過去記事(2015/08/12)

越(KOERU)マツダ次世代コンセプトがフランクフルトモーターショーで発表予定

マツダがKOERUを発表、KODOコンセプト採用の新型クロスオーバーSUV

マツダは新たなクロスオーバーSUV車種のコンセプトモデルとして「越(KOERU)」を2015年9月15日よりドイツで開催されるフランクフルトモーターショーで公開することを発表した。これに先駆けてスケッチを一枚公開している。

KOERU 越

マツダのデザインコンセプト、「魂動(KODO)」が、このKOERUにも採用されていることがフロントのグリルデザインを見て判断できる。

KOERUの正体は?次世代SUVのCX-7後継モデルを予測

このKOERUコンセプトがいかなるモデルの次世代型を意図しているのか、マツダのSUVモデルを振り返ってみる。

(写真はCX-3)
CX-3 マツダ
まず、CX-3はまだ発売されたばかりで次期コンセプトが出されるタイミングではない。

(写真はCX-5)
CX-5 上海モーターショー2013
CX-5は2012年の発売であった。ただし次期コンセプトとなるとまだ少し気が早いか。

(写真はCX-7)
CX-7
CX-7は一部市場を除き販売が終了しており、現行アテンザがベースの後継モデルを開発中との情報があった。

(写真はCX-9)
CX-9
CX-9はMPVと統合され次期モデルが開発中ということであった。

(写真はアクセラ)
アクセラ ディーゼル スカイアクティブD
さらに、アクセラをベースにしたSUVテイストモデルが追加されるという噂もある。

このKOERUの正体について、現在のところ公式な情報は無い。ただし発表が欧州であることを考えると北米向けCX-9を発表する場としては相応しくないだろう。さらにアクセラのSUVテイストモデルは単なる派生車であるから、コンセプトカーが発表されるほどのモデルではなさそう。そうなると欧州での販売が好調なMazda 6(アテンザ)をベースにした次世代SUVモデル、つまり次期CX-7である可能性が高いと考える。

いずれにせよフランクフルトモーターショーは約1ヶ月後に迫っている。KOERUの実車が披露されれば、より正確に判断することができるだろう。

過去記事(2014/11/18)

マツダがCX-7とMPVの後継モデルを計画か、SUVミニバン 3列目シート装備

新型CX-7を現行アテンザをベースに開発中、デザインはKODOコンセプト

デザインコンセプト「魂動」をベースとした多くのニューモデル投入を進めてきたマツダであるが、次はCX-7級の新型クロスオーバーSUVの開発を進めている。

(写真はCX-7)
CX-7

開発中の新型車は、現行アテンザの車体がベースとなり、CX-5調のクロスオーバーSUVスタイルのモデルとなる。さらに3列目シートを装備することで、従来のMPVに相当するミニバンの要素が含まれた車種となる。

(写真はMPV)
MPV

(写真はアテンザ)
アテンザ 上海モーターショー 2013

次期CX-7にはSKYACTIV-D 2.2の搭載が予想される、3列目シートを装備しミニバン需要にも応える

新型クロスオーバーSUVの車名はCX-7が引き継がれると予想する。
マツダの国内向け現行ラインアップを見ると、SUVタイプの車種としてはCX-5がフラグシップとなっているが、海外市場ではCX-7、さらにCX-9が設定されている。

CX-7はかつて日本でも販売されていた。CX-5の登場により、これへ乗り換えたユーザーいるようだが、小さなボディサイズへの移行には抵抗を感じるユーザーも少なくない。次期CX-7はこういったユーザーの乗り換え需要にも応えることになる。

また3列目シートを装備することは、近年のミドルクラス以上のSUVにおいて一つのトレンドになりつつあるようだ。日産は昨年発表のエクストレイルで3列シート車を設定しており、さらにルノーも新型エスパスとして3列目シートを装備したクロスオーバーSUVスタイルのミニバンをパリモーターショー2014で発表している。

(写真は日産・エクストレイル)
エクストレイル 大阪モーターショー

CX-7後継モデルに3列目シートが設定されることで、MPVはカタログ落ちとなり、ミニバン需要も引き継がれることになるだろう。

さらにこのクラスの車種に、スカイアクティブ-D 2.2としてクリーンディーゼルを設定できるのもマツダの強みであり、商品力の高いモデルとなることが期待される。