car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期bBは新開発の直3 1.0Lターボ搭載で2016年内発売予定、ダイハツ生産

次期bB開発中、ダイハツが生産を担当するOEMモデル、姉妹車COOもあり

ダイハツではトヨタ・bBおよびその姉妹車COOの後継モデルの開発が進められている。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

現行bBは2005年から販売される超ロングセラーモデルとなっている。ただし、売れているかといえばそういうわけでもなく、最近では月販100台に満たない水準に落ち込んでいる。これといった後継モデルもなく、ダイハツ生産によるOEMモデルということもあり、bBはほとんど放置されてきた状況だ。

トヨタ bB 2015

コンパクトワゴン市場はスズキ・ソリオの販売が成功しているように、魅力的な新型車を投入すればしっかり売れるセグメントでもある。他に日産・キューブも販売台数を伸ばしていた時期があった。

bB後継モデル

そんな中フルモデルチェンジされるbBは、パワートレインとして新開発の直3 1.0Lターボエンジンが搭載される予定となっている。

次期bBに新開発の直3 1.0Lターボエンジンを搭載、ホンダの1.0L VTEC-TURBO遅れる

直3 1.0Lのダウンサイジングターボエンジンと言えば、国内ブランドではホンダが1.0LのVTEC-TURBOを技術発表しており、一歩リードしてきた印象があった。ただし、その開発は遅れているようで、1.0L VTEC-TURBOは2016年にフルモデルチェンジが予定されているフリードへの搭載が見込まれていたが、最近ではこのタイミングでの市場投入は難しいとされる。フリードターボはモデル後期から後追いでラインアップされることになるだろう。

一方でトヨタの新型bBターボはモデル初期からの投入が予想されることから2016年にも発売されることになる。1.0Lターボはホンダよりもトヨタが先手を打つことになるだろう。またbBハイブリッドなるモデルも期待したいところだが、ダイハツ生産ということなので実現性は低いかもしれない。あくまで本命は1.0Lターボということになる。

(写真はホンダ1.0L VTEC-TURBO)
1.0L VTEC TURBO

bBのプラットフォームはパッソおよびブーンをベースに開発されることから、スライドドアではなく従来通りヒンジドアの採用が予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

クー

クー

代表グレード

CL

CX

発売日

2011年12月

2011年12月

型式

CBA-M401S

CBA-M411S

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

3800

3800

全幅(mm)

1690

1690

全高(mm)

1635

1635

ホイールベース(mm)

2540

2540

トレッド 前(mm)/後(mm)

1470/1465

1470/1435

室内長(mm)

1970

1970

室内幅(mm)

1420

1420

室内高(mm)

1330

1330

車両重量(kg)

1060

1120

エンジン型式

K3-VE

K3-VE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1297

1297

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

72.0×79.7

72.0×79.7

最高出力

92ps(68kW)/6000rpm

92ps(68kW)/6000rpm

最大トルク

12.5kg・m(123N・m)/4400rpm

12.5kg・m(123N・m)/4400rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

40

38

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

3リンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

175/65R14 82S

185/55R15 81V

タイヤサイズ(リア)

175/65R14 82S

185/55R15 81V

最小回転半径(m)

4.9

4.9

トランスミッション

4AT

4AT

駆動方式

FF

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

1,500,000円

1,913,000円

車名

クー

クー

代表グレード

CS

CX−リミテッド

発売日

2006年5月

2006年5月

型式

DBA-M401S

DBA-M411S

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

3800

3800

全幅(mm)

1690

1690

全高(mm)

1635

1635

ホイールベース(mm)

2540

2540

トレッド 前(mm)/後(mm)

1470/1465

1470/1435

室内長(mm)

1940

1940

室内幅(mm)

1420

1420

室内高(mm)

1330

1330

車両重量(kg)

1060

1120

エンジン型式

K3-VE

K3-VE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1297

1297

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

72.0×79.7

72.0×79.7

最高出力

92ps(68kW)/6000rpm

92ps(68kW)/6000rpm

最大トルク

12.5kg・m(123N・m)/4400rpm

12.5kg・m(123N・m)/4400rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

40

38

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

3リンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

175/65R14 82S

185/55R15 81V

タイヤサイズ(リア)

175/65R14 82S

185/55R15 81V

最小回転半径(m)

4.9

4.9

トランスミッション

4AT

4AT

駆動方式

FF

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

1,365,000円

1,873,200円

過去記事(2015/12/02)

bBのフルモデルチェンジは2016年秋頃、ダイハツが開発生産のOEMモデル

トヨタ・bBの後継モデルが開発中、次期型は新車名採用でイメージ一新か

bB後継モデルが開発中となっている。

(写真は現行bB)
bb

現行の2代目bBは2005年から販売されるロングセラーモデル。姉妹モデルとしてダイハツ・COO、スバル・デックスがあったが、これらはいずれも2013年に販売を終了させている。

bb-side

bBは販売が継続されているとはいえ、2015年に入ってからは月販100台を割り込む月も出てきている。現状の販売台数から考えるとモデル名の継続は難しそう。新車名が与えられ、新たな箱型コンパクトカーとして発売されることになるだろう。

トヨタ bB

bB、COO、デックスの三姉妹車はいずれもダイハツで生産されるモデルであった。そして後継モデルの開発もダイハツによって行われており、ブーンのシャシーがベースとなっている。後継モデルもトヨタ、ダイハツ、スバルの各ブランドでの姉妹車販売が予想される。

bB後継モデルはヒンジドア継続、ダイハツ生産ということでパワートレインは?

bB後継モデルの最大のライバルとなるのはスズキ・ソリオとなる。2015年8月にフルモデルチェンジしたばかりで、スズキの登録車として初めてとなるハイブリッドシステムが採用される。ただし、これはモーター出力の小さなマイルドハイブリッドに相当するものであった。まもなく2016年初頭には、駆動バッテリー容量とモーター出力を向上させ、EV走行が可能なストロングハイブリッド版も追加発売される予定となっている。

bB後継モデルもハイブリッドエンジンの搭載が期待されるが、ダイハツ生産車ということなのでどうだろうか。

(写真はスズキ・ソリオハイブリッド)
ソリオ ハイブリッド ソリオ HYBRID 東京モーターショー2015

ソリオは後席両側スライドドアの装備が人気となっているが、bB後継モデルは従来型bB同様にヒンジドアの採用となるだろう。

bB後継モデルの市販時期は2016年秋頃となる見込みだ。