car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ルノー・キャプチャーがフェイスリフト、ジュネーブモーターショー2017

キャプチャーにCシェイプ採用の新エクステリアを導入

ルノーの小型クロスオーバーSUVのキャプチャーがフェイスリフトを受けて、ジュネーブモーターショー2017で公開された。

(写真は新型キャプチャー)
キャプチャー

ルノー・キャプチャーはコンパクトなシティSUVとして欧州で最も売れているモデル。同セグメントでは、かつて日産がジュークで大成功を収めたが、最近ではモデルが新しくお洒落なフレンチデザインのキャプチャーが人気となっている。そのキャプチャーも2013年の発売から4年が経過したタイミングにあり、フェイスリフトが実施された。

キャプチャー フロントグリル キャプチャー バックドア

新型キャプチャーは今夏の英国発売予告、ルノー日産アライアンスのSUVに注目

新型キャプチャーのエクステリアの特徴は、Cシェイプと呼ばれるヘッドランプ周辺のデザインにある。従来型キャプチャーではフォグランプ周囲が台形のメッキパーツで装飾されるに留まっていたが、これが新型ではC型のLEDライトに置き換わり主張が強まった。ヘッドランプ内のC型のLEDライトを含めて、Cシェイプは上下二段構成となりフロントデザインが構成されている。

キャプチャー ジュネーブ2017 ルノー キャプチャー

リアコンビネーションランプもCシェイプ採用の新デザインとなる。

キャプチャー リアコンビネーションランプ

新型キャプチャーは2017年夏の英国発売が予告されており、同時期に日本仕様もリフレッシュされることが予想される。

(写真は新型コレオス、パリモーターショー2016)
コレオス コレオス リアコンビネーションランプ

この他、ルノーではワンクラス上の新型コレオスがアジアで先行導入されていたが、2017年6月に欧州発売される見込み。さらに日産・ジュークもフルモデルチェンジが近いとされており、ルノー日産アライアンスのクロスオーバーSUVセグメントで動きが激しくなっている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2014/01/17)

ルノー・キャプチャーが2月27日発売、日産ジュークと共通プラットフォーム

キャプチャーが日本発売、1.2Lエンジン+6速EDC搭載のクロスオーバーSUV

ルノーから新型クロスオーバーSUVのキャプチャーが2014年2月27日に発売される。

(写真は新型キャプチャー、東京モーターショー2013)
ルノー キャプチャー

2013年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされた新型キャプチャーが、ようやく日本に導入されることになった。
ルノー キャプチャー 東京モーターショー
新型キャプチャーのボディサイズは全長4125mm×全幅1780mm×全高1565mm。プラットフォームは同じグループ会社の日産が販売するジュークと共用しており、ジュークの好調な販売にあやかった派生車種という見方もできるだろう。

新型キャプチャーに搭載されるパワーユニットは直4 1.2Lエンジンとなる。1.5Lおよび1.6Lターボをラインアップするジュークとの比較ではやや力不足か。

ルノー新型キャプチャー

そしてトランスミッションはツインクラッチ式の6速EDC。奇数番ギアと偶数番ギアがそれぞれのシャフトに設置されることでスムーズなシフトチェンジを可能とする自動変速システムである。これはフォルクスワーゲンのDSGやホンダのDCTと同様のメカニズムとなる。

ルノー キャプチャー SUV

新型キャプチャーの価格は249万8000円から、ツートーンカラーのインテンスが人気

新型キャプチャーの車両価格はエントリーグレードのゼンが249万8000円から、インテンスは259万8000円からとなる。輸入クロスオーバーSUVとしては手が届きやすい価格帯であるが、200万円以下のグレードもラインアップする欧州モデルとの比較では割高と感じた。

キャプチャー インテンス

新型キャプチャー、上級グレードのインテンスはルーフ別色のツートーンカラー仕様となり、よりキャプチャーらしい外観となる。