car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ・アベンシスが10月5日にマイナーモデルチェンジして日本発売

英国産アベンシス、日本仕様もマイナーモデルチェンジを受ける

アベンシスのマイナーモデルチェンジが実施され2015年10月5日から発売される見通しとなった。

(写真は新型アベンシス、ジュネーブモーターショー2015)
トヨタ アベンシス

トヨタ・アベンシスは主に欧州向けに販売されるDセグメントカーで、セダンおよびワゴンがラインアップされる。現行型は2009年にフルモデルチェンジされた3代目モデルで、日本仕様はワゴンのみとなる。今年3月のジュネーブモーターショー2015では、フェイスリフトを含めたマイナーモデルチェンジが発表され、アベンシスは後期型へ移行されることになる。

アベンシス フロントグリル ヘッドライト

既に英国バーナストン工場では、7月から後期型アベンシスの生産がスタートされており、同工場からの輸入販売となる日本仕様もマイナーモデルチェンジを受けることになる。

新型アベンシスはエクステリア一新、JC08モード燃費は14.6km/Lへ向上

新型アベンシスのエクステリアは、オーリスやカローラなどと共通のデザインテーマとなっているキーンルックの最新バージョンが採用される。

新型アベンシス 欧州仕様

フロントデザインだけでなくリア周りも刷新されており、今回はマイナーモデルチェンジとしては大掛かりなリニューアルとなった。これにより全長は40mm伸ばされ4820mmとなる。

アベンシス リアコンビネーションランプ

またパワートレインでは、CVTの改良とG AI-SHIFT制御の装備が実施される。これによりJC08モード燃費は現行13.6km/Lから新型14.6km/Lへ向上する。

安全運転支援システムのセーフティーセンスCも装備に加わり、モデル後期の商品力アップが施される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/03/06)

アベンシス日本版がマイナーチェンジ、発売日は4月16日

マイナーチェンジを受けて新型アベンシスへ

昨年2011年に三代目としてフルモデルチェンジしたアベンシスが、マイナーチェンジを受けてフェイスアップされる。
わずか一年でのデザイン変更となるが、そもそも三代目アベンシスは限定生産されたものしか日本に入っていなかった。
実質的にはラインアップを外れていたような状況であったのだが、今回のマイナーチェンジ後は日本でも本格的に販売されるようになる。
この新型アベンシスについて、既にトヨタによる公式発表がされており、発売日は4月16日となっている。

新型アベンシスは、レクサス風のグリルが採用される

アベンシス 2012
新型アベンシスとしての今回の改変は、ビッグマイナーチェンジと呼べるほど変更点が大きい。
エクステリアでは、フロントバンパー下部のエアインテークが台形になり、レクサス調のスピンドルグリルデザインが採用されることになる。
厳密には新型レクサス車のグリル部分でくびれのあるラインではなく、グリル下部にくびれのある現行HSに近いラインとも言える。
このバンパーデザインの採用により、新型アベンシスの全長は4780mmへと15mmの延長。
アベンシス
リアの変更箇所は少なく、コンビネーションランプやバンパー形状も前モデルと変わりがない。
ただし、リアナンバープレート上部のボディ同色パーツがメッキパーツに変更され上質感が付加されることになる。

インテリアでは、シートに改変が加わる。表皮柄、形状について新しいものが採用され、機能的にはこれまでよりサポート性が高くなる。
ドアグリップ、両サイドの空調吹き出し口、センタークラスター、ドアスイッチベースは新デザインになり、内装の質感は向上する。
また、キャビン前方エンジンルーム側と床面の遮音材が改められ、静粛性についても改善が行われた。

これまでの歴代アベンシスは、欧州車のような高いハンドリング性能に定評のあるモデルであるが、今回の改変では、そのハンドリング性能に直接関わる部分がさらに磨きこまれる。
サスペンションやショックアブソーバー回りのパーツグレードが上がり足回りは強化。
そして、電動パワステはギアレシオの最適化やステアリング回りのサブフレームの剛性強化がなされ、フィーリングは向上する。
エンジン、トランスミッションに関してはキャリーオーバー。燃費性能もこれまでと同じJC08モードで13.6km/Lのままになる。

新型アベンシスはこれまでと同じく、トヨタの英国バーナストン工場で生産され日本に輸入される。

過去記事(2011/07/23)

3代目新型アベンシスXi(トヨタ)がデビュー

新型アベンシスXi、日本へはワゴンタイプのみ導入

トヨタ アベンシスは、2008年にラインアップから姿を消し販売中止となっていたが、欧州市場ではその後も販売が続き、2009年にフルモデルチェンジして3代目となっていた。
今回はその3代目のアベンシスワゴンが日本市場にデビューすることになった。

生産は2代目と同じくトヨタの英国工場で生産される。
欧州市場では、エンジン排気量は2.0Lだけでなく1.8L、1.6Lとラインアップされ、ディーゼルエンジンを採用したグレードも存在し、多様なモデルが存在するが、日本に導入されるのは2.0Lの3ZR-FAEガソリンエンジンのみ。これにはトヨタ最新のバルブマチック技術も盛り込まれている。これに組み合わされるトランスミッションはSuper CVT-iとなる。
欧州仕様の多様なグレードからもわかるように、ヨーロッパでは大きな荷室を持つ大衆ワゴン車というイメージが強い。
ただし、日本市場では上級グレードのみの導入。欧州車の洗練された走りとプレミアム感を前面に出したやや上級車的な位置付けで、車両価格は250万円からとなっている。

中でもアウトバーンや石畳での走行を想定してセッティングされたサスペンション性能による乗り味は、純国産車では味わえない欧州車そのもののティストになっている。
これが、メンテナンスの大変な欧州ブランド車ではなく、トヨタ車のイージーなメンテナンスで乗れる所にこの車の価値がある。

CVTは7速シーケンシャルシフトマチックが付いており、パドルシフトを使ったスポーティーな走行も可能。
JC08モード燃費は13.6km/L。このクラスの車としてはCVTが採用されている分だけ燃費性能は良好と言えるだろう。

ボディサイズが大きいのが難点

新型アベンシスのボディサイズは全長4765×全幅1810×全高1480、ホイールベース2700、車両重量1470kgとなっている。
180cmオーバーの全幅と4.8m近い全長は日本ではかなり大きく感じる。このあたりが実際に所有するにあたってのネックになりそうだ。
車両重量は何とか1.5t未満に抑えられており、日本でも所有しやすくなっている。

欧州車的なしっかりしたシート

硬さがありホールド感が高いシートは長距離長時間のドライブでも疲れにくく評価が高い。
左右、前後ともに余裕のディメンションで、ゆったりリラックスでき室内には上質感がある。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先