car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アウディ新型A6 全車マイルドハイブリッド、ジュネーブモーターショー画像

アウディA6フルモデルチェンジ、5代目モデルはわずかに拡大

アウディは、ジュネーブモーターショー2018で新型A6 セダンを発表した。7年目のフルモデルチェンジとなりA6シリーズは5代目へと切り替わる。

(写真は新型A6 セダン)
A6

新型A6のボディサイズは全長4939mm×全幅1886mm×全高1457mm、ホイールベースは2924mmとなる。これらディメンションは先代モデル比で拡大しつつも、それぞれ+6mm、+12mm、+2mm、+9mmとその上げ幅は僅かであり、従来型モデルのサイズ感は維持された。

A6 インテリア A6 フロントグリル

A6のエンジンはV6 3.0L マイルドハイブリッドのガソリンとディーゼルを用意

新型A6のエクステリアはアウディ最新のデザイン言語が採用されており、顔付きは2017年にデビューしたばかりのA8やA7に近い。フロントビューではアウディのトレードマークとして定着したシングルフレームグリルはワイド化され、存在感を強めている。これに伴い、ヘッドランプは左右に短く、コンパクトで直線的なラインで形取られた。デイタイムランニングライトも特徴的で、太さの異なる何本かのLEDラインで構成される。

アウディ A6 A6 リアコンビネーションランプ

アウディブースのステージ上には、A6セダンと伴に、A7スポーツバックも出品。やはりA6はセダンということで腰高なトランクルームがコンサバティブな印象を与える。A7スポーツバックでは左右リアコンビネーションランプが一文字のLEDテールランプで連結されたが、これはA6セダンではクロームメッキが施されたガーニッシュに置き換わっている。テールランプは最新デザインの縦ライン採用ではあるが、A6セダンとA7スポーツバックで点灯パターンが少し変えられており、それぞれ個性を感じるところである。

(写真はA7スポーツバック)
A7 A7 リアコンビネーションランプ

トランク容量は530Lとなる。

A6 トランク

パワートレインラインアップは欧州向けには2種類を用意。いずれもAWDシステムのクアトロを装備し、アシストモーターによるマイルドハイブリッドシステムが採用される。

A6 シート A6 リアシート

まずはV6 3.0LガソリンターボのTFSIで、最高出力が250kW(340hp)、最大トルクが500Nmのスペック。トランスミッションは7速Sトロニックの組み合わせで、最高速度は250km/h、0〜100km/h加速は5.1秒というパフォーマンスとなる。

もう一つはディーゼルでV6 3.0LのTDIをメインユニットとする。そのスペックは最高出力が210kW(286hp)、最大トルクが620Nmで、トランスミッションに8速ティプトロニックが備わる。

A6 ジュネーブモーターショー2018

新型A6セダンはドイツのネッカーズルム工場で生産され、本国では2018年6月の発売が予定されている。

#1 匿名さん2018/03/19(Mon)15:01:04ID:JhMDcxMmjO
欧州は出来もしない電動化をなんでやるとか言い出したのか
ほんと終わっちまうぞ
#2 匿名さん2018/03/19(Mon)20:49:34ID:g3NmM0NTDN
それでもやらなきゃ、2021規制から罰金必至だもの。
#3 匿名さん2018/03/19(Mon)21:54:29ID:NiZTMzYzjZ
ダサイ
古臭い
でかめのターボで割りと早いですよ
いちおうモータ入ってるんで法対応ok

これが一流ブランドのやる仕事か
#4 匿名さん2018/03/19(Mon)22:15:09ID:g3NmM0NTDN
俺は落ち着いてカッコ良いと思ったけど、
この程度じゃ法対応NGでしょ
#5 匿名さん2018/03/20(Tue)22:28:41ID:hmOTk0MzGM
今のVWアウディの技術力ではトヨタみたいなハイブリッドは作れないし、日産やテスラみたいなEVも作れない
小排気量ターボや気筒休止でお茶を濁していたツケがまわってきたみたいだな
#6 匿名さん2018/03/21(Wed)16:01:33ID:hmNzlhY2mM
5

歴史的な無知ですな
アンチ投稿1件◯円のバイトさんかな?
#7 匿名さん2018/03/21(Wed)18:40:43ID:A3ZWJjODTZ
6

必死すぎやな
環境技術があったら排ガス偽装事件は起こさんやろ
#8 匿名さん2018/03/22(Thu)16:51:40ID:I5NTRlMz2N
6
ほんとそれ
#9 匿名さん2018/03/24(Sat)00:17:04ID:llM2M3Y2DY
無知なヤツの多いこと
#10 匿名さん2018/03/24(Sat)00:22:59ID:NlZmY1MDGY
VWアウディは排ガス偽装でアメリカでどれだけ損失出したの?
アメリカの当局に罰金いくら払ったんだ?
#11 匿名さん2018/03/24(Sat)14:34:51ID:FmYTdmYjmZ
この程度の不祥事は些末事だよ。
日本メーカーはハンデを貰ったんだから、今のうちに差を詰めておかないといけないよね。

VWやアウディに日本車が追いつく日が来るかもしれないなんて。
クルマファンの誰もが夢見る事だよね。
#12 匿名さん2018/03/24(Sat)17:26:22ID:UwZTAwMTDN
そうとは言い切れませんな。
#13 匿名さん2018/03/25(Sun)19:49:00ID:UzMjhiY2WN
#11
アタマおかしい人だねwwww

VWは排ガス偽装でどれくらいアメリカ当局に罰金払わされたか知らんのか。バカすぎ。
#14 匿名さん2018/03/25(Sun)19:56:04ID:UyNzhmNjTZ
オーストラリアでも引っかかった模様
#15 匿名さん2018/03/25(Sun)20:17:07ID:M0YjU5MGTM
日本市場には何ら関係無かったから、全く無問題!
気にするなら選ばなければいいわけだしね!
#16 匿名さん2018/03/25(Sun)20:25:30ID:UzMjhiY2WN
VWは排ガス偽装の影響で日本で販売落ちて、ベンツにもBMWにも抜かれたじゃん。ハァー、そんなことも知らねえのーか。
#17 匿名さん2018/03/25(Sun)20:29:40ID:M0YjU5MGTM
ここはアウディの板!
アウディはここ数年、万年4位!
どうしてもVWにハナシを持っていきたいみたいだけど!
ここの読者は学習済みだから!

名前(任意)
コメント

過去記事(2012/10/11)

A6ハイブリッドが発売中、アウディの日本市場初のHVは2.0Lターボ

A6ハイブリッドが登場、アウディ初となるプレミアムHVセダン

アウディは日本国内向けとしては同社初のハイブリッドモデルである、『A6ハイブリッド』を2012年9月24日から発売した。
その発表会における大喜多社長の言葉を借りれば、「日常メインのハイブリッドは多数存在するが、A6ハイブリッドはアウディならではのプレミアム性と日常ユースを兼ね備えている」ということで、アウディならではセレブリティあふれる走り心地を失わずに、ハイブリッドによって日常的に使いやすくなったモデルに仕上がっている。
(写真はパリモーターショー2012に出展されたA6 2.0T ハイブリッド)
A6ハイブリッド

A6ハイブリッドは、FFベースのパラレルハイブリッドを採用

A6ハイブリッドは、アウディ得意の4WD形式ではなく前輪駆動(FF)のパラレルハイブリッド方式を採用している。直列4気筒2Lのターボエンジンをモーターでアシストするような仕組みになっており、エンジンだけ見ればA6のガソリンエンジンの2.8Lからのダウンサイジングになるが、モーターと合わせることで同等かつ効率的な燃料消費を実現した。
JC08モード燃費は13.8km/Lと、CO2排出量に関しても17%の効率アップに成功している。モーターのみでも100km/hまで加速でき、60km/hの低速走行であれば3km走ることができる。このパワフルなモーターのおかげで、最大出力は245psとガソリンエンジンのみの204psと、燃費効率だけでなくスポーツ性能も大幅に向上している。
アウディ A6 2.0T ハイブリッド
A6ハイブリッドをガソリンモデルと他の面で比較してみると、バッテリーが後部座席の後ろに配置されていることから、車重が40kg増え、トランク収納容量が155L少ない375Lとなっている。また値段は80万円高い690万円の設定となっている。

過去記事(2012/03/07)

アウディ A6アバント日本版がFMC、欧州プレミアムワゴン

A6アバントがフルモデルチェンジ

アウディA6アバントの日本版が先月の2012年2月にフルモデルチェンジを受けた。
既に欧州で昨年の2011年11月にデビューしたモデルとなるが、これが日本にも3ヶ月遅れで入ってくることになる。
A6セダンの方は、これよりも前にフルモデルチェンジし日本に導入されていたが、こちらのアバントの方がセダンよりも好みとするファンは多い。
歴代A6アバントを思い返しても、ワゴンボディによる積載能力の高さというよりも、セダンモデルを凌ぐプレミアム性をアピールとしてきた部分が感じられる。
新型A6アバントの価格は640万円からで、セダンの610万円からよりも30万円高くなる。
A6 アバント 2012

写真は1月の大阪モーターショーで出展された右ハンドル仕様のAudi A6 Avant。
左右上端角が面取りされたアウディの新型シングルフレームグリルを採用。
フロント回りのデザインについては、セダンとの違いは感じられない。

新型A6アバントは、2.8FSIクワトロ、3.0TFSIクワトロの2タイプ

新型A6アバントのボディサイズは、全長4940mm×全幅1875mm×全高1495mmでセダンと大きな違いはない。
日本仕様のエンジンは2タイプ設定され、V6 2.8Lエンジンを搭載した2.8 FSI quattro と V6 3.0Lエンジンにスーパーチャージャーを装備した3.0 TFSI quattroが用意される。
quattro(クアトロ)の名の通り、両グレードともフルタイム4WDによる駆動方式になっている。
トランスミッションは7速のSトロニックで両グレード共通の装備となる。

また、最近のアウディ車に普及が進んでいるスタートストップシステム(アイドリングストップ機構)が、このA8アバントにも装備される。
これによりJC08モード燃費は、2.8Lモデルで11.8km/L、3.0Lモデルで11.0km/Lとなる。

価格は、2.8FSIクワトロが640万円から。これに対し3.0TFSIクワトロが225万円アップの865万円で、ライバル車としてはメルセデスベンツ・Eクラスワゴンやボルボ・V70あたりになるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先