car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

BMW M760Li xDRIVEが発表、6.6L V12ツインターボエンジン搭載

BMW 7シリーズロングにV12モンスターエンジン搭載、ジュネーブモーターショー画像

BMWのフラグシップセダン、7シリーズが2015年に6代目の新型へフルモデルチェンジされていた。その最上級モデルとなるM760Li xDRIVEが今月3月に開催されたジュネーブモーターショー2016で初公開された。

(写真はM760Li xDRIVE)
BMW M760Li xDrive

M760Li xDRIVEに搭載されるのはMパフォーマンスによって仕上げられた6.6LのV12ガソリンツインターボエンジンとなる。そのスペックは最高出力600hp、最大トルク81.6kgmで、まさにモンスターエンジンといったところだ。

BMW M760Li xDrive フロントグリル BMW M760Li xDrive V12

BMW M760Liの対抗はV12搭載のメルセデスSクラスロング、プラグインハイブリッドの740Le xDriveも出展

BMW M760Li xDRIVEのボディサイズは全長5238mm×全幅1902mm×全高1485mm、ホイールベースは3210mmとなる。ロングホイールベース仕様の大型サルーンながらも0-100km/h加速で3.9秒というパフォーマンスが与えられる。駆動方式は4WDでトランスミッションは8速ステップトロニックが採用される。

BMW M760Li xDrive ロングホイールベース リアシート BMW M760Li xDrive インテリア

M760Li xDRIVEは2016年内にも欧州発売される見込みとなっている。ボディサイズが近いメルセデスブランドのV12エンジン搭載モデルとしては、S 600 longが税込車両価格2295万円、Mercedes-AMG S 65 longが同3264万円であり、これらの対抗となる車両価格が設定されるだろう。

(写真は740Le xDrive)
BMW 740Le xDrive BMW 740Le

BMWではこの他に、同じ7シリーズ ロングホイールベース版のプラグインハイブリッドモデル、740Le xDriveが出展された。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

7シリーズ

7シリーズ

代表グレード

740i 40ヤーレ

750Li 40ヤーレ

発売日

2018年3月

2018年3月

型式

DBA-7A30

CBA-7F44

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

5110

5250

全幅(mm)

1900

1900

全高(mm)

1480

1485

ホイールベース(mm)

3070

3210

トレッド 前(mm)/後(mm)

1620/1620

1620/1620

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1900

2140

エンジン型式

B58B30A

N63B44C

シリンダー配列

直列6気筒

V型8気筒

排気量(cc)

2997

4394

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

326ps(240kW)/5500rpm

450ps(330kW)/5500rpm

最大トルク

45.9kg・m(450N・m)/1380〜5000rpm

66.3kg・m(650N・m)/1800〜4500rpm

圧縮比

11.0

10.5

過給機

ターボ

ツインターボ

燃料タンク容量(L)

78

78

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

12.2

9.8

サスペンション(フロント)

ダブル・ウィッシュボーン式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)

ダブル・ウィッシュボーン式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)

サスペンション(リア)

インテグラル・アーム式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)

インテグラル・アーム式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

245/40R20

245/40R20

タイヤサイズ(リア)

275/35R20

275/35R20

最小回転半径(m)

5.8

6.0

トランスミッション

8AT

8AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

18,620,000円

22,280,000円

車名

7シリーズ

7シリーズ

代表グレード

740eアイパフォーマンス

740eアイパフォーマンス エクゼクティブ

発売日

2018年1月

2018年1月

型式

DLA-7D20

DLA-7D20

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

5110

5110

全幅(mm)

1900

1900

全高(mm)

1480

1480

ホイールベース(mm)

3070

3070

トレッド 前(mm)/後(mm)

1610/1640

1610/1640

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

2060

2080

エンジン型式

B48B20B

B48B20B

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1998

1998

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

258ps(190kW)/5000rpm

258ps(190kW)/5000rpm

最大トルク

40.8kg・m(400N・m)/1550〜4400rpm

40.8kg・m(400N・m)/1550〜4400rpm

圧縮比

10.2

10.2

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

46

46

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

15.6

15.6

サスペンション(フロント)

ダブル・ウィッシュボーン式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)

ダブル・ウィッシュボーン式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)

サスペンション(リア)

インテグラル・アーム式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)

インテグラル・アーム式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

245/50R18

245/50R18

タイヤサイズ(リア)

245/50R18

245/50R18

最小回転半径(m)

5.8

5.8

トランスミッション

8AT

8AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

10,930,000円

12,870,000円

過去記事(2015/10/04)

新型BMW7シリーズ画像、フラグシップセダンがカーボンコアボディで軽量化

BMW7シリーズがフルモデルチェンジ、Sクラス、A8、LSに対抗

BMW 7シリーズのフルモデルチェンジ発表が2015年6月に行われていたが、先月9月に開催されたフランクフルトモーターショーでの画像が上がってきたので紹介したい。

(写真はBMW新型730d xDrive)
BMW 730d xDrive ヘッドライト

7シリーズはBMWのフラグシップセダンとしてポジショニングされるモデルで今回の新型で6世代目となる。

BMW 730d xDrive フロントグリル BMW 730d xDrive

新型BMW7シリーズのボディサイズは全長5098mm×全幅1902mm×全高1478mmとなる。さらに全長が5238mmに延長されたロングホイールベース版も用意される。

(写真はBMW新型750Li xDrive)
BMW 750Li xDrive BMW 750Li xDrive フロントデザイン

BMW 7シリーズと比較対象となりやすいモデルはメルセデス・Sクラスやアウディ・A8、国内ブランドではレクサス・LSなど。プレミアムブランド各社がライバルモデルをラインアップする競争の激しいセグメントに置かれる。

BMW 750Li xDrive ロング BMW 750Li xDrive リアコンビネーションランプ

搭載されるエンジンはBMW740iとして最高出力326psの直6 3.0Lターボ、BMW750iとして最高出力450psのV8 4.4Lターボが採用される。さらにプラグインハイブリッドモデルとしてBMW740e、BMW740Leも用意される。

BMW 750Li xDrive マフラー BMW 750Li xDrive リアコンビネーションランプ

新型7シリーズはBMWが得意とするカーボンファイバーボディで軽量化

(写真は新型7シリーズのカーボンコアボディ)
BMW 7シリーズ カーボンコア

ボディ骨格にはカーボンファイバー強化樹脂のCFRPを多用したカーボンコアを採用。BMWは量産車のカーボンボディにおいてi3シリーズおよびi8シリーズで実績があり、今回の新型7シリーズにも導入された。先代モデル比で最大130kgの軽量化を実現しており、BMW740iの車体重量は1725kgとなる。

BMW 740Le ロングホイールベース プラグインハイブリッド

やはりフラグシップモデルだけあって、最新装備にも注目がいく。まず目新しいのがリモート・コントロール・パーキングで、ドライバーが降車後に自動で駐車スペースにパーキングしてくれるというもの。車体が大きい7シリーズということもありこの機能はありがたい。自動パーキングシステムの装備は量産車では世界初となる。

BMW 750Li xDrive ロングホイールベース

また、オーディオ&ナビゲーションシステムのiDriveは、ジェスチャー・コントロールをBMWブランドで初採用した。