car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

SX4のフルモデルチェンジは2014年中盤以降か、発表相次ぐも日本発売は少し後

新型SX4はヨーロッパモデルが先行して発売される

スズキ・SX4は、2006年の日本仕様発売以来、今年2013年で販売8年目に突入しようとしているモデル末期車種となっている。既に次期モデルについてのアナウンスが多く行われてきた。まず昨年2012年のパリでは、コンセプトモデルのS-CROSSが発表。その後、2013年3月のジュネーブで市販型の新型SX4がワールドプレミアを迎えており、先月2013年4月開催の上海モーターショーでも、SX4 S-CROSSとして新モデルが発表された。日本仕様のSX4もフルモデルチェンジ間近かと思われたが、これはもう少し後になる可能性があるだろう。
SX4 Sクロス
SX4 上海モーターショー2013
これまでSX4シリーズはヨーロッパ市場が先行する形でスケージュールが組まれてきた。ハンガリーのマジャールスズキで生産される次期SX4ヨーロッパ仕様の販売開始は2013年の秋頃の計画となっている。日本仕様のフルモデルチェンジはその後ということで、2014年の中盤以降になるのではという予測となっている。
新型SX4 Sクロス

新型SX4日本仕様は1.5Lガソリンエンジンモデルがメイングレードになるだろう

先行して発売される新型SX4欧州仕様は2タイプのパワートレインが用意される。1.6Lガソリン仕様は最高出力120ps、最大トルク156Nm。一方、フィアットからエンジン供給を受ける1.6Lディーゼルターボ仕様は最高出力120ps、最大トルク320Nmといったスペックだ。
新型SX4日本仕様は1.5Lガソリンエンジンの採用が予想される。ディーゼルエンジンの導入も期待したいところだが、このフィアット製1.6Lディーゼルはユーロ5対応ということで日本の排ガス規制を達成することは難しいだろう。
SX4 フルモデルチェンジ
新型SX4のボディサイズは全長4300mm×全幅1765mm×全高1570mm、ホイールベースが2600mmとなっており、Cセグメントサイズど真ん中に車格を上げてきた。デュアリス対抗のクロスオーバーSUVとして勝負できるものになりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント