スイフトスポーツが発売、三代目はエンジン、燃費、走りが進化

スイフトスポーツ 6MTが車両価格168万円から発売

新型のスイフトスポーツが発売開始となった。
ボディデザインこそ、先代のイメージを踏襲するものだが、中身は一新。
燃費性能向上と出力アップを盛り込んだエンジン、トランスミッションの多段化とCVTモデルの追加、剛性アップした車体としなやかな足回りと正常進化している。
ただし、6MTモデルの車体価格は168万円からとなり、先代モデルとの比較で11万5500円のアップとなったのは少し残念。
ライバル車のフィットRS 6MTが169万8000円から、ヴィッツRS 5MTが172万円からと、これらに並ぶ価格帯となったが、走行性能はスイフトスポーツが頭ひとつ抜きん出ていると言っていいだろう。
6MTが12月13日の発売、CVTは少し遅れて2012年1月26日の発売となる。

(新型スイフトスポーツの写真)
スイフトスポーツ

スイフトスポーツ マフラー

新型スイフトスポーツのエンジンはトルク、馬力ともにアップ

フルモデルチェンジしたスイフトスポーツの大きな見どころの一つが、先代モデルからブラッシュアップされた1.6Lエンジンだ。
基本設計は先代エンジンと同じとしつつも、可変吸気システムの採用やバルブリフト量を増やすチューンが新たに盛り込まれている。
低回転域では、トルクアップされた力強い加速を感じられるほか、最高出力発生回転数を引き上げて11psの出力アップを達成。
高回転域を使ったスポーティーな走りを従来モデルより楽しめるようになった。

ライバル車と比較した場合の弱点をあえて言えば、燃費性能が劣る点。
JC08モード燃費では、スイフトスポーツの14.5km/Lに対し、フィットRSが19.0km/L、ヴィッツRSが18.8km/Lと大きく溝を開けられている。
さらにライバル車のRSモデルは1.5Lエンジン採用であるから、税制面では1.6Lのスイフトスポーツが不利になるので注意が必要。

4ATが廃止、副変速機付きCVTに

今回のスイフトスポーツからスズキが得意とする副変速機付きCVTが採用される。
ただし、ノーマルのスイフトのものより、低速側のレシオを低くして、スタード時の加速を向上させている。
オイルクーリングシステムも装備されており、スポーツ走行に対応している。
副変速機用の内部クラッチも強化されるほどの作り込みだ。
CVT車でもしっかりとスポーツが楽しめる仕様になっており、今回のフルモデルチェンジからは、MTモデルだけでなく、CVTの販売も伸びると考えられているほどだ。

新型スイフトスポーツは足回りが進化

新型のスイフトスポーツで大きく進化した一つが足回り。
フロントサスペンションはストラット式で、テネコ社のモンローが採用されるところまでは先代と変わらないのだが、ダンパー容量が拡大されるほか、取り付け部分の剛性もアップ、さらにリバウンドスプリング付きとなり路面追従性が向上した。
リアサスペンションもトレーリングアーム断面を太くし剛性アップしている。

関連するレポート

[ 2011/12/13 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

C-HRの初期受注が月間目標の8倍、トヨタ新型コンパクトクロスオーバーSUV

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.