スイフトスポーツが発売、三代目はエンジン、燃費、走りが進化

スイフトスポーツ 6MTが車両価格168万円から発売

新型のスイフトスポーツが発売開始となった。
ボディデザインこそ、先代のイメージを踏襲するものだが、中身は一新。
燃費性能向上と出力アップを盛り込んだエンジン、トランスミッションの多段化とCVTモデルの追加、剛性アップした車体としなやかな足回りと正常進化している。
ただし、6MTモデルの車体価格は168万円からとなり、先代モデルとの比較で11万5500円のアップとなったのは少し残念。
ライバル車のフィットRS 6MTが169万8000円から、ヴィッツRS 5MTが172万円からと、これらに並ぶ価格帯となったが、走行性能はスイフトスポーツが頭ひとつ抜きん出ていると言っていいだろう。
6MTが12月13日の発売、CVTは少し遅れて2012年1月26日の発売となる。

(新型スイフトスポーツの写真)
スイフトスポーツ

スイフトスポーツ マフラー

新型スイフトスポーツのエンジンはトルク、馬力ともにアップ

フルモデルチェンジしたスイフトスポーツの大きな見どころの一つが、先代モデルからブラッシュアップされた1.6Lエンジンだ。
基本設計は先代エンジンと同じとしつつも、可変吸気システムの採用やバルブリフト量を増やすチューンが新たに盛り込まれている。
低回転域では、トルクアップされた力強い加速を感じられるほか、最高出力発生回転数を引き上げて11psの出力アップを達成。
高回転域を使ったスポーティーな走りを従来モデルより楽しめるようになった。

ライバル車と比較した場合の弱点をあえて言えば、燃費性能が劣る点。
JC08モード燃費では、スイフトスポーツの14.5km/Lに対し、フィットRSが19.0km/L、ヴィッツRSが18.8km/Lと大きく溝を開けられている。
さらにライバル車のRSモデルは1.5Lエンジン採用であるから、税制面では1.6Lのスイフトスポーツが不利になるので注意が必要。

4ATが廃止、副変速機付きCVTに

今回のスイフトスポーツからスズキが得意とする副変速機付きCVTが採用される。
ただし、ノーマルのスイフトのものより、低速側のレシオを低くして、スタード時の加速を向上させている。
オイルクーリングシステムも装備されており、スポーツ走行に対応している。
副変速機用の内部クラッチも強化されるほどの作り込みだ。
CVT車でもしっかりとスポーツが楽しめる仕様になっており、今回のフルモデルチェンジからは、MTモデルだけでなく、CVTの販売も伸びると考えられているほどだ。

新型スイフトスポーツは足回りが進化

新型のスイフトスポーツで大きく進化した一つが足回り。
フロントサスペンションはストラット式で、テネコ社のモンローが採用されるところまでは先代と変わらないのだが、ダンパー容量が拡大されるほか、取り付け部分の剛性もアップ、さらにリバウンドスプリング付きとなり路面追従性が向上した。
リアサスペンションもトレーリングアーム断面を太くし剛性アップしている。

関連するレポート

[ 2011/12/13 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.