car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エリオが復活?スズキが新型コンパクトカーのコンセプトモデルを発表予定

iK-2はCセグメントサイズと推定される、カルタスあるいはエリオが復活か

スズキは3月3日にプレスデーを迎えるジュネーブモーターショー2015にて、新型コンセプトカーのiK-2を発表する計画となっている。

(写真はiK-2)
iK-2 コンセプト

コンセプトカーiK-2のティザー画像が公開されており、サイドからのシルエットが確認される。具体的なボディサイズについては現段階では明らかではない。

(写真は現行スイフト)
スイフト 2013 東京

iK-2についてスズキは「理想的なコンパクトカー」とコメントしていることから、スイフトの次期モデルと考える筋もある。しかし、iK-2のシルエットから得られる全長、ホイールベース、全高のバランスを見る限り、スイフトの属するBセグメントサイズの車種と判断することは難しい。iK-2はCセグメントサイズのハッチバックカーである可能性があるだろう。

iK-2市販モデルへの搭載が期待される、新開発1.0Lターボエンジン

スズキが開発するCセグメントハッチバックカーのテストモデルについては、以前から走行シーンの目撃情報があがっていた。これこそがiK-2の市販モデルと考えられ、2016年頃の発売が予想される。

(写真はSX4 S-クロス欧州仕様)
SX4 Sクロス

近年においてスズキのCセグメントサイズの車種は、SX4やエスクードといったクロスオーバーSUVに限られていたが、かつてのカルタスやエリオのようなハッチバックモデルが復活することになる。

(写真はフォルクスワーゲン・ゴルフ)
VW ゴルフ

今回の発表の場が欧州ということもあり、フォルクスワーゲン・ゴルフに対抗するようなモデルになることが期待される。

また、スズキは1.0Lのダウンサイジングターボエンジンを開発中であったが、その市販モデル搭載時期として2016年が目標となっていた。このターボエンジンは、iK-2市販モデルへも搭載される可能性があるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント