car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキがセレリオ向け0.8L 2気筒ディーゼルターボエンジンを発表、日本導入は?

海外向けセレリオに新開発2気筒ディーゼルエンジンE08A型を搭載

スズキは新型セレリオを2014年2月にデリーモーターショーで発表していた。これはインドおよび欧州向けのAセグメントコンパクトカーといったポジションで販売される車種である。

(写真は新型セレリオ欧州仕様)
セレリオ

このセレリオ向けに開発された新型の2気筒ディーゼルターボエンジンが発表された。

スズキ 2気筒ディーゼルエンジン

新開発のE08A型ディーゼルエンジンは、排気量が793cc、最高出力が35kW(47.6ps)、最大トルクが125Nm(12.7kgm)というスペック。このディーゼルエンジンを搭載するセレリオの燃費性能はインド基準で27.62km/Lとなり、これは同基準で最高値となる。

小型車向けのディーゼルエンジンについては、これまでフィアットなど提携先の他社から調達してきたが、このE08A型は自社で開発しマルチスズキ インディア社で生産されることになる。

セレリオ欧州仕様 セレリオ ジュネーブ

2気筒エンジンの日本導入は難しそう、ダイハツも2気筒コペンを断念

新型E08Aディーゼルエンジンの日本導入を期待したいが、軽自動車規格がある日本ではAセグメント車が販売されることが少なく、セレリオ自体が販売されることがないだろう。
また、軽自動車のワゴンRやハスラーにE08A型エンジンを搭載させても排気量が軽自動車規格から外れる。あるいは、Bセグメントのスイフトへの搭載では出力が足りない。となると、やはりE08型ディーゼルの日本導入は難しそうである。

(写真はダイハツの2気筒ガソリンエンジン)
2気筒直噴ターボエンジン ダイハツ

小型車向けの2気筒エンジンは、ダイハツもガソリンエンジンで開発しており、コペンへの搭載が検討されてきた。しかし振動の問題が大きく、日本向け車種への搭載を断念している。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント