新型【プリウスPHV】フルモデルチェンジ2022年後半~2023年、トヨタ次期型最新情報

プリウス
プリウスPHV

現行プリウスPHV 欧州仕様2016年モデル

プリウスPHVが2022年後半、または2023年にフルモデルチェンジを受けることが予想される。通常プリウスのフルモデルチェンジが2022年後半に実施される可能性が高まっており、PHVモデルも次期型に切り替わる見込み。

新型【プリウス】フルモデルチェンジ2022年度後半予想、発売周期は約7年に延長【トヨタ最新情報】
2022/4/13更新【新型プリウス、フルモデルチェンジ発売予想2022年度後半】これまでの歴史、発売周期は7年に延長、モデル中期の全固体電池導入に期待【プレミアム化】1.8Lハイブリッド2ZR-FXE型は進化し継続【TNGA-Cキャリーオーバー】ワンモーションフォルム
新型プリウスα(アルファ)はフルモデルチェンジ発売される?3列シートワゴンは2022年復活するのか
2022/2/18更新【プリウスα、3列シートコンパクトミニバン復活の可能性は低い】通常プリウスはフルモデルチェンジへ

次期プリウスはPHV(プラグインハイブリッド)の本格的普及が目指される

次期5代目プリウスは、プラグインハイブリッド(PHV)の本格的な普及も大きなテーマとなっている。

プリウスPHV 2012

プリウスPHV (撮影 2012年 北京)

プリウスPHVは、通常プリウス3代目モデルから、少量生産がスタートした。

プリウスPHV ハイブリッドエンジン

現行プリウスPHV

その後、2017年にフルモデルチェンジ発売されたモデルでは、さらなる普及を目指し専用ボディが与えられ、大幅に生産台数が増やされた。それでも販売実績としては、プリウスシリーズ全体の一割にも満たない状況となっている。次期型5代目ではPHVの販売比率がさらに拡大することが見込まれる。

新型【プリウス】フルモデルチェンジ2022年度後半予想、発売周期は約7年に延長【トヨタ最新情報】
2022/4/13更新【新型プリウス、フルモデルチェンジ発売予想2022年度後半】これまでの歴史、発売周期は7年に延長、モデル中期の全固体電池導入に期待【プレミアム化】1.8Lハイブリッド2ZR-FXE型は進化し継続【TNGA-Cキャリーオーバー】ワンモーションフォルム

プラグインハイブリッドのニーズの高まりを受け、次期プリウスPHVの販売台数は大幅に伸びる

プリウスシリーズはGA-Cプラットフォームが採用されているが、一回り大きいGA-Kプラットフォーム車種では2020年にRAV4 PHVに受注が殺到し、一時販売休止となった。その後、2021年には共通のPHVパワートレイン搭載のレクサス・NX450h+を発売。さらに2022年はハリアーにPHVが設定される計画がある。

NX450h+

NX450h+

国内市場のプラグインハイブリッドに対するニーズは高まっており、次期プリウスPHVの販売増加が期待される。

プリウスPHV

現行プリウスPHV

次期型もPHV専用エクステリア設定でワンクラス上のモデルとして販売されることが予想される。現行型は通常プリウスに対し、1年遅れでフルモデルチェンジとなっていたが、次期プリウスPHVは同時デビューなのか、前回同様に1年遅れなのかは現在のところ定かではない。通常プリウスのフルモデルチェンジは2022年後半となる可能性が高く、プリウスPHVは2022年後半~2023年のフルモデルチェンジ発売が予想される。

新型【プリウス】フルモデルチェンジ2022年度後半予想、発売周期は約7年に延長【トヨタ最新情報】
2022/4/13更新【新型プリウス、フルモデルチェンジ発売予想2022年度後半】これまでの歴史、発売周期は7年に延長、モデル中期の全固体電池導入に期待【プレミアム化】1.8Lハイブリッド2ZR-FXE型は進化し継続【TNGA-Cキャリーオーバー】ワンモーションフォルム
新型プリウスα(アルファ)はフルモデルチェンジ発売される?3列シートワゴンは2022年復活するのか
2022/2/18更新【プリウスα、3列シートコンパクトミニバン復活の可能性は低い】通常プリウスはフルモデルチェンジへ
タイトルとURLをコピーしました