新型【ブーン】一部改良2022年8月、1万円値上げ【ダイハツ最新情報】フルモデルチェンジは2024年以降か

パッソ
boon-1

BOON 東京モーターショー 2017

ダイハツ・ブーン、2022年8月の一部改良、フルモデルチェンジはまだ先になりそう

ダイハツの小型車ブーンが2022年8月に一部改良を受けた。ただし、商品内容に大きな変更は無く、大々的な発表はされていない。法規対応のみで、1万円の値上げとなった。

姉妹車種のトヨタ・パッソも同様の値上げが実施された。

また、フルモデルチェンジについては、2024年以降の実施が予想され、しばらく現行型の販売が継続されることになりそう。

ダイハツ・ブーン 価格表(2022年8月)

グレード 消費税込み車両本体価格(円)
2WD 4WD
ブーン 特別仕様車STYLE“ホワイトリミテッド SA Ⅲ” 1,649,000 1,848,100
ブーン 特別仕様車STYLE“ブラックリミテッド SA Ⅲ” 1,649,000 1,848,100
ブーン STYLE“SA Ⅲ” 1,561,000 1,760,100
ブーン CILQ“Gパッケージ SA Ⅲ” 1,737,000 1,936,100
ブーン CILQ“SA Ⅲ” 1,572,000 1,771,100
ブーン X“Lパッケージ SA Ⅲ” 1,385,000 1,584,100
ブーン X“SA Ⅲ” 1,275,000 1,479,600

ダイハツ・ブーン 一部改良の内容 (2021年4月)

ブーンは2021年4月1日にも一部改良が実施されていた。

新型ブーンは、全グレードで安全装備を強化し、ボディカラーに新色が設定された。グレード体系が整理され、全グレードにスマートアシストとオートライトが標準装備された。また、「ブーン」X “LパッケージSAⅢ”にLEDヘッドランプが標準装備されるなど安全性が向上した上で、一部装備が見直されるものの、価格は据え置きとなった。

ボディカラーも一部変更し、新たにターコイズブルーマイカメタリックが追加された。

ブーンシリーズの全グレードに実施

・ 14インチフルホイールキャップの意匠変更
・ オートライトを標準装備
・ ボディカラー(モノトーン)にターコイズブルーマイカメタリック<B86>を設定

通常ブーンに実施

boon

・ X“SAⅢ”とX“LパッケージSAⅢ”にグレード集約
・ X“SAⅢ”にリヤスモークドガラスとシルバードアアウターハンドルを標準装備
・ X“LパッケージSAⅢ”にLEDヘッドランプとシルバードアアウターハンドルを標準装備
・ 後部座席を一体可倒シート化
・ クォーターガーニッシュの黒材着化

ブーン シルクに実施

・ “GパッケージSAⅢ”メーカーオプションの15インチアルミホイールの意匠変更、14/15インチアルミホイールのセンターキャップを黒塗装化
・ ボディカラーにジューシーピンクメタリック<R73>、ジューシーピンクメタリック×ホワイト<XG7>、ターコイズブルーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック<XH6>を設定

ブーン スタイルに実施

・ “ホワイトリミテッドSAⅢ”と“ブラックリミテッドSAⅢ”にメッキドアアウターハンドルを標準装備
・ “SAⅢ”メーカーオプションの14インチアルミホイールのセンターキャップを黒塗装化
・ ボディカラーにブリリアントカッパークリスタルマイカメタリック<T33>を設定
・ ブラックリミテッドにターコイズブルーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック<XH6>、ブリリアントカッパークリスタルマイカメタリック×ブラックマイカメタリック<XG2>を設定

タイトルとURLをコピーしました