car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

メルセデスベンツ新型Bクラスが発表、半自動運転に対応する

新型Bクラスは居住性向上かつスポーティに進化した

メルセデスベンツは新型Bクラスをパリモーターショー2018で公開した。

(写真は新型Bクラス)
新型Bクラス

新型Bクラスは、販売7年目となる今回のフルモデルチェンジで3代目に切り替わる。ホイールベースは先代2700mmから2729mmに拡大され、居住性能が強化される。家族4人が快適に過ごせる室内空間とラゲッジスペースが与えられる。

メルセデスベンツBクラス

Aクラスに続き、Bクラスもフルモデルチェンジ、半自動運転対応

メルセデスベンツでは新型Aクラスの日本発売を迎える段階にある。同ブランドのコンパクトクラスとして何かと比較対象となる両モデルであるが、Bクラスは全高に余裕を持たせたファミリー向けのマルチパーパスビークルとしての役割が与えられてきた。オーソドックスなコンパクトハッチバックスタイルのAクラスに対し、新型Bクラスはドライバーズシートの座面高は90mmアップ。それでも、新型Bクラスはスポーティであることが強調されているから、走行性能の向上も期待される部分となる。

B CLASS

初期投入モデルのラインアップは、B180、B200、B180d、B200d、B220dの5種類が予定されている。トップグレードのB220dは最高出力190hpのクリーンディーゼルエンジンで、8速のデュアルクラッチトランスミッションが搭載される。

Bクラス リアコンビネーションランプ

ナビゲーションシステムを含めたインターフェイスは、AクラスからスタートしたMBUXを採用する。

安全運転支援システムはSクラスから持ってきた最新式となり、同セグメント内においてトップクラスの性能となる。最近の日本国内においては言葉の表現として控えられる傾向にあるが、半自動運転に対応するとしている。

新型Bクラスの欧州向け発売日は2018年12月3日、デリバリー開始は2019年2月が予定されている。

#1 匿名さん2018/10/08(Mon)00:27:30ID:dhMGNmMT2N
ずんぐりむっくりの体型は変わらず。
#2 匿名さん2018/10/08(Mon)15:11:49ID:UxZmU2YTmO
Bクラスだからこれで良いのでは?
#3 匿名さん2018/10/08(Mon)16:29:39ID:Q0YjJhYmWO
ずんぐりむっくり好きだなぁ。
新型インサイトをベースに、新型エディックスを開発して欲しいな。
#4 匿名さん2018/10/14(Sun)02:50:42ID:Q3ZjBhNjGM
Bクラスって、ネーミングが悪いヨネ
#5 匿名さん2018/10/16(Tue)06:55:13ID:g3OTA2ZDWY
デザインもな・・・・・

名前(任意)
コメント

車名

Bクラス

Bクラス

代表グレード

B180

B180 スポーツ

発売日

2018年1月

2016年6月

型式

DBA-246242

DBA-246242

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4400

4440

全幅(mm)

1785

1785

全高(mm)

1545

1545

ホイールベース(mm)

2700

2700

トレッド 前(mm)/後(mm)

1545/1545

1545/1545

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1480

1480

エンジン型式

270

270

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1595

1595

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

83.0×73.7

83.0×73.7

最高出力

122ps(90kW)/5000rpm

122ps(90kW)/5000rpm

最大トルク

20.4kg・m(200N・m)/1250〜4000rpm

20.4kg・m(200N・m)/1250〜4000rpm

圧縮比

10.3

10.3

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

50

50

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

17.3

16.7

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/45R17

225/40R18

タイヤサイズ(リア)

225/45R17

225/40R18

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

7AT

7AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

3,640,000円

3,950,000円

車名

Bクラス

Bクラス

代表グレード

B250 4マチック スポーツ

B180 スポーツエディションレッド

発売日

2016年6月

2015年1月

型式

DBA-246246

DBA-246242

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4440

4440

全幅(mm)

1785

1785

全高(mm)

1545

1545

ホイールベース(mm)

2700

2700

トレッド 前(mm)/後(mm)

1545/1545

1545/1545

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1600

1480

エンジン型式

270M20

270

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1991

1595

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

83.0×92.0

83.0×73.7

最高出力

211ps(155kW)/5500rpm

122ps(90kW)/5000rpm

最大トルク

35.7kg・m(350N・m)/1200〜4000rpm

20.4kg・m(200N・m)/1250〜4000rpm

圧縮比

9.8

10.3

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

56

50

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

14.3

16.7

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/40R18

225/40R18

タイヤサイズ(リア)

225/40R18

225/40R18

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

7AT

7AT

駆動方式

フルタイム4WD

FF

消費税込み車両価格

5,050,000円

4,530,000円

過去記事(2014/10/30)

メルセデスベンツの新型Bクラス画像、中期モデルへマイナーモデルチェンジ

メルセデスベンツがBクラスのマイナーモデルチェンジをパリで発表

メルセデスベンツは、今月10月に開催されたパリモーターショー2014で、Bクラスのマイナーモデルチェンジ発表を行った。

(写真はメルセデスベンツ新型Bクラス、パリサロン2014)
Bクラス メルセデスベンツ

メルセデスベンツは今回発表した新型Bクラスをミッドライフサイクル版としており、2011年11月から販売がスタートされた現行BクラスのW246型は販売期間約3年で中期モデルに突入することになる。

メルセデスBクラス インテリア Bクラス インテリア メルセデスベンツ

インテリアではフロント中央の8インチディスプレイが新しい。

Bクラス中期モデルはヘッドライトの違いで表情を変えてきた

(写真は新型Bクラス、AMGライン)
Bクラス AMGライン Bクラス AMGライン リアコンビネーションランプ

新型Bクラスとして一見して判別できる部分はフロントデザインにある。グリルは大型化されており、ヘッドライト形状も変更されている。ヘッドライトの目頭は従来型では鋭角に処理されていたが、新型ではこの部分が面取りされ表情に落ち着きが与えられた。

Bクラス トランクルーム

また、バンパー下のエアインテーク形状にも変化があり、従来型では台形だったものが逆台形となっている。ただしAMGラインは台形となっており他のモデルと差別化されているようだ。この他、リアコンビネーションランプも変更を受けている。

(写真は新型Bクラス エレクトリックドライブ)
Bクラス エレクトリック ドライブ

EVのBクラス・エレクトリックドライブも同時にモデルチェンジを受けた。

Bクラス エレクトリック ドライブ フロントグリル メルセデスベンツ メルセデスベンツ 新型Bクラス エレクトリックドライブ

欧州では既にBクラス中期モデルの販売がスタートされているようだ。メルセデスベンツ日本法人の公式サイトでは、現在のところはまだ従来モデルの案内が継続されている。これも順次ニューモデルへ切り替わることになるだろう。

過去記事(2012/10/03)

メルセデスベンツがBクラスEVをパリモーターショーで発表、2014年市販化

メルセデスベンツの新型BクラスにEVモデルが追加投入

メルセデスベンツは、2012年9月27日から開催されているパリモーターショー12で『Bクラス エレクトリックドライブ』を世界初公開した。
メルセデスベンツは、以前から電気自動車いわゆるEVへの積極参入を表明していたが、Bクラスへの投入という具体的な作品をついに披露することになった。
Bクラス EV
今年2012年春に日本でも発売された新型Bクラスは5人乗りのミニバンであったが、ただでさえコンパクトカーとともにミニバン需要の多い日本では、比較的気軽にメルセデスベンツに手を出せるとあって、発売と共にAクラス以上に人気を博した車種である。
特に新型では内装インテリアのラグジュアリー感はそのままに、広さを前モデルに比べて大幅に改良し、快適な居住スペースを生み出すことに成功した文句のない造りになっていた。
そんな新型Bクラスを基に、さらにゼロエミッション走行を可能にしたというのだから日本での発売を楽しみにする方が少ないわけはないだろう。
B class EV

BクラスEVはリチウムイオンバッテリー搭載、広いキャビンと荷室を確保

気になる駆動バッテリーは、エナジースペースと呼ばれるリアアクスル前方の空間にリチウムイオンバッテリーをレイアウトすることで、ガソリンエンジンのBクラスと全く変わらない室内スペースを確保した。
メルセデスベンツBクラスEV
充電は230V方式に加えて、400Vの急速チャージにも対応し、一回の充電で最大200kmの走行が可能となっている。
最大出力は136ps、最大トルクは31.4kgmと、EVとしては全く問題ないレベルだ。
メルセデスベンツによると、このBクラスエレクトリックドライブは、2014年発売を目標としている。

過去記事(2012/01/31)

メルセデスベンツ・Bクラスがフルモデルチェンジ

2012年春にベンツのBクラスがフルモデルチェンジ

現行メルセデスBクラスは2006年にダイムラー社の生産でデビューした。
今年2012年で丸6年を迎えることになり、フルモデルチェンジを果たすこととなった。
この新型Bクラス、日本での発売は2012年の春を予定している。
昨年2011年12月の東京モーターショーでは新型Bクラスのその姿が披露された。

写真は大阪モーターショーで撮影した新型Bクラス。
グレーボディが標準グレード、ホワイトボディが上級グレードになる。
メルセデス・ベンツB
メルセデス・ベンツBクラス

新型Bクラスはロー&ロング化、スポーティーに

メルセデス 新型Bクラス
新型Bクラスのボディサイズは、全長4359mm×全幅1789mm×全高1557mm。
トールボディでパッケージング重視の初代に比べて、新型のボディは低く長く進化し、スポーティーな印象となった。

新型Bクラス室内
新型 メルセデス・ベンツ Bクラス インストルメントパネル
画像は標準グレード、上級グレードそれぞれの車内。
上級グレードの室内は、完全にレザー表皮だと感じていたが、あとから人工皮革だと聞いた。
先代比で全高が46mm低くなるが、シート着座位置は86mmも低くなる。
このためヘッドクリアランスの余裕から生まれる開放感がある。

パワーユニットは二種類用意される

新型Bクラスのエンジンは2タイプがラインアップされる。
どちらも直噴の1.6Lだが、燃費重視の122psと、パワー重視の156psとそれぞれキャラクターの異なるセッティングがなされる。
日本版の現行Bクラスが1.7Lと2.0Lのエンジンラインアップであるから、排気量的にはダウンサイジングすることになる。
トランスミッションは、7速デュアルクラッチトランスミッションを採用。
日本版の現行BクラスにはCVTが採用されているが、新型は最近の欧州車の主流になりつつあるトランスミッションが採用される。

価格については現在のところ発表がないが、現行モデルと同価格帯の300万円台になるのではと考える。