car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ 越(KOERU)コンセプト発表、アクセラベースのクロスオーバーSUV

KOERUコンセプトがフランクフルトでワールドプレミア、マツダから新車種の提案

マツダは越(KOERU)コンセプトを開催中のフランクフルトモーターショー2015で初公開した。

(写真はKOERUコンセプト)
越KOERUコンセプト ワールドプレミア

同ショー開催前からこのKOERUの正体について、CX-5、CX-7、CX-9の次世代モデルである可能性が考えられていたが、実車を見る限りアクセラベースのクロスオーバーSUVと見るのが妥当だろう。

越 KOERU マツダ KOERU リアコンビネーションランプ

もちろん市販型のモデル名としてはCX-7となる可能性も残っている。CX-4やあるいは別の車名となることも考えられる。

KOERUインテリア マツダ KOERU コンセプト ハッチバック

KOERUコンセプトのホイールベースはCX-5およびアクセラと共通、全高が低いクロスオーバーSUV

KOERUコンセプトのボディサイズは全長4600mm×全幅1900mm×全高1500mm、ホイールベースは2700mmとなった。

KOERUコンセプト アクセラクロスオーバーSUV

ボディサイズはまだざっくりとしたものしか公表されていない印象であるが、ホイールベースはCX-5およびアクセラと同じサイズとなっている。マツダはホイールベースサイズが共通する2タイプのクロスオーバーSUVを持つことになるが、このKOERUコンセプトとCX-5の大きな違いは全高にある。CX-5の全高は1705mmであり、これよりもKOERUコンセプトは20cm以上も低いモデルとなる。

越KOERU コンセプト ワールドプレミア

KOERUコンセプトのエクステリアは、マツダのデザイン言語であるKODOに基づいたものとなる。アクセラとの比較では、ヘッドライトがコンパクトで目つきは鋭くなった。市販型KOERUは、アクセラベースでありながらもエクステリアは専用デザインとなることが予想され、全くの別車種として認識されることになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント