【プラド】ランドクルーザー70周年特別仕様車発売、フルモデルチェンジは2022年予測

ランドクルーザー

ランドクルーザープラド特別仕様車が発売、車両価格429万円から

ランドクルーザーシリーズは今年で生誕70周年となる。プラドに特別仕様車 TX“Lパッケージ・70th ANNIVERSARY LIMITED”が設定され発売となった。

ランドクルーザープラド 70th

ランドクルーザーシリーズは、ジープBJ型として1951年に警察予備隊への納入を目指して開発されたモデルを起源とする。結局、この入札は三菱・ジープに敗れ、納入を果たすことができなかったわけだが、国家地方警察のパトロールカーとして採用されたことで、ランドクルーザーの歴史がスタートした。

今回の特別仕様車は、TX“Lパッケージ”をベースに装備に加え、ブラックを基調とした外装と、高級感を高めた内装を特徴とする。

ランドクルーザープラド特別仕様車の車両価格は、429万0000円~511万8000円に設定された。

ランドクルーザープラド 70周年

エクステリアでは、ブラック塗装を施したラジエーターグリル、ヘッドランプガーニッシュ、18インチアルミホイールを装備。インテリアでは、専用色サドルタンの本革シート表皮、本革センタークラスターサイドニーパッドが採用される。また、70th ANNIVERSARYのロゴが入った専用サイドエンブレムやフロアマットは販売店装着オプションとして用意される。

ランドクルーザープラド 70th anniversary

通常ランドクルーザープラドも一部改良

そして、通常ランドクルーザープラドも一部改良を受け、インテリジェントクリアランスソナーの標準装備化に加え、19インチアルミホイールが新デザインとなった。

ランドクルーザープラド通常モデルの車両価格は、366万6000円~554万3000円となる。

この一部改良に関しては、小さな程度に留まったと見ている。来年2022年はランドクルーザープラドのフルモデルチェンジが実施される見通しとなっており、このタイミングで開発コストが嵩む改良は盛り込んでこないはずだ。

200系ランドクルーザーは、300系へまもなくフルモデルチェンジ

なお、今回の一部改良と特別仕様車の設定は、プラドに限られる。本流とも言える200系ランドクルーザーのほうは既に生産を終え、300系へのフルモデルチェンジが迫っている。まもなく日本市場に向けたアナウンスがあるはずだ。

ランドクルーザー「プラド」のフルモデルチェンジは2022年の見込み

ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジ発売の時期は、先行する300系ランドクルーザー登場から約1年半後、2022年の終盤あたりが想定される。

ランドクルーザープラド

現行ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドのエンジンは2.8Lディーゼルと、遅れてハイブリッド

次期ランドクルーザープラドへの搭載が予想されるエンジンは、2.8Lディーゼルで、現行エンジンのブラッシュアップ版となる見込みである。

ランドクルーザー プラド フロントグリル

現行ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラド リアコンビネーションランプ

現行ランドクルーザー プラド

さらに、2023年にハイブリッドエンジンの追加が検討されているが、詳しい仕様はまだはっきりとしていない。

新型ランドクルーザープラドは新開発ラダーフレーム構造を採用

ランドクルーザープラド トヨタ

現行ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラド バックドア

現行ランドクルーザー プラド

ボディはラダーフレーム構造が引き継がれる。これはキャリーオーバーという意味ではなく、新開発となる見込み。より悪路に耐え得る高剛性で頑丈なボディとなり、環境性能を満たすための軽量化も果たされるはずだ。

トヨタではミニバン車種、ノア/ヴォクシーのフルモデルチェンジも計画中。詳しくは、
次期ノアは2.0Lハイブリッドのダイナミックフォースエンジン搭載…
タイトルとURLをコピーしました