car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ランボルギーニ アステリオンLPI 910-4 画像、最高出力910psのプラグインHV

アステリオンLPI 910-4、ランボルギーニ初のプラグインハイブリッド

ランボルギーニはアステリオンLPI 910-4をパリモーターショー2014で発表した。
(写真はLamborghini Asterion LPI 910-4)
ランボルギーニ アステリオン

アステリオンLPI 910-4はランボルギーニ初のプラグインハイブリッドエンジン採用モデルとなる。

ランボルギーニ アステリオン LPI 910-4

メインユニットにはV10 5.2Lガソリンエンジンが採用される。これは最高出力610psを誇るウラカンと同タイプ。これに加わるアシストモーターは、フロント2基、リア1基となり、これらの合計出力は300psとなる。

ランボルギーニ アステリオン プラグインハイブリッド

システムトータルでは、最高出力は910psにも及び、エコよりもパワーが重視されたシステムであると印象付けられる。トランスミッションとしては7速DSGが採用される。
このモンスターパワートレインによる加速性能は、0-100km/hで3秒と驚異的だ。

ランボルギーニ アステリオン LPI 910-4 パリモーターショー2014

アステリオンLPI 910-4はゼロ・エミッション走行可能、カーボン素材多用で軽量化

一方で、アステリオンLPI 910-4は2基のフロントモーターの出力のみを使ったゼロ・エミッション走行も可能としている。プラグイン方式などにより蓄電された電気エネルギーのみを使うことで、最高速度は125km/h、航続可能距離は50kmが可能としている。バッテリータイプは、リチウムイオン電池となる。

パリモーターショー ランボルギーニ アステリオン LPI 910-4 プラグインハイブリッド

やはりプラグインハイブリッド化による重量増は避けられず、その量は約250kg程度としている。軽量化のため、ボディはカーボンファイバー・コンポジット・プラスティック製、モノコックはカーボンファイバー製、さらに前後ホイールもカーボンファイバー製となっている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/11/14)

ランボルギーニ新型ガヤルド、エクステリアデザイン変更を含めた改良モデル

改良版ガヤルド、フロント周りを大幅変更

ランボルギーニがパリモーターショー2012で公開したガヤルドの改良モデルを紹介しよう。ガヤルドと言えば18世紀スペインの闘牛飼育家であるフランシスコ・ガヤルドの名に由来する2003年にデビューしたランボルギーニの言わずと知れたスポーツカーである。2004年以降、イタリア警察高速隊が使用していることでも有名で人気の高いモデルである。今回発表になった新型ガヤルドは、2008年3月のジュネーブモーターショーで発表された『ガヤルドLP560-4』がベースになっており、主に外観の変更が中心となっている。
ガヤルド
ガヤルド 2012
ランボルギーニによれば最新のデザイン言語で語り尽くしたと言う通り、トライアングルまたは台形状の新デザインのフロントバンパーに加えて、エンジンの空気吸入口のデザインを大幅に変更した。また、「アポロフィニッシュ」と名付けられた新ホイールは、従来と同じ19インチのアルミ製ではあるものの、基調色がマットブラックとなり、5つに別れたスポーク部分をシルバーで彩った、よりスタイリッシュな印象となった。また「スポーツパッケージ」ではフロントスポイラーのアンダーサイドなどが、ハイグロスブラックで彩られるということでより印象的なルックスになる。

ガヤルドLP 570-4 スーパーレジェーラも改良版を公開

ガヤルド スーパーレジェーラ Edizione Tecnica
ガヤルド スーパーレジェーラ Edizione Tecnica 2012
また軽量版である『ガヤルドLP 570-4 スーパーレジェーラ』の改良モデルも同時に発表された。特に今回特別に用意されたというスペシャルパッケージ「Edizione Tecnica」では、リアウイングがより大型で角度調整機能付きのものになり、スーパーカーにおけるブレーキの代名詞とも言えるカーボンセラミックブレーキが標準整備される。
ガヤルド スーパーレジェーラ 2012
ランボルギーニ ガヤルド スーパーレジェーラ Edizione Tecnica
さらに、パワーウェイトレシオは1トンあたり425psと、「このセグメントで最高の数値の1台」とランボルギーニも胸を張る数値を実現した。

過去記事(2012/10/18)

アヴェンタドールでランボルギーニが提案するスーパーカーとしての環境対応

2013年モデル、アヴェンタドールLP700-4がパリサロン2012で公開

ランボルギーニがパリモーターショー2012で発表した、2013年モデルの『アヴェンタドールLP700-4』を紹介しよう。
アヴェンタドールといえば、スペインサラゴサの伝説の闘牛に語源を持つランボルギーニの誇るスーパーカーである。今回発表された新型モデルは、スーパーカーといえども現代では避けては通れない環境への適応という問題に対して、興味深い解決法を提案している。
アヴェンタドール LP700-4 paris2012
ランボルギーニ アヴェンタドール

新型アヴェンタドールは気筒休止とアイドリングストップを搭載

新型アヴェンタドールの最も特徴的な部分が、気筒休止システム「CDS」である。このスーパーカーの原動力とも言える6.5L バンク角60度のV型12気筒ガソリンエンジンは、135km/h以下かつエンジンが低負荷でのクルージング走行時には半分の気筒をとめてしまい、一時的に直列6気筒エンジンとなる。しかもアクセルを踏み込むとドライバーが感知できないほど一瞬で休止気筒を再び燃焼させることができるという。
アヴェンタドール2013
さらに、エンジンスタート・ストップ機能、いわゆるアイドリングストップシステムを導入している。スーパーカーにこの機能が導入される例は珍しく、180ミリ秒というこれまたドライバーが判別できないくらい一瞬で12気筒エンジンの闘牛が目を覚ますというのだ。
ランボルギーニ アヴェンタドール パリモーターショー2012
新型アヴェンタドールはこれらの新技術のおかげで、先代モデルと比較して、7%の燃費向上(約6.25km/L)、130km/h前後の高速巡航時のCO2排出量を約20%低く抑えることに成功した。総合的には、従来398g/kmだったCO2排出量は370g/kmになったということで、スーパーカーも地球に優しい第一歩を踏み出したという感がある。

過去記事(2012/05/22)

ランボルギーニの高級SUV、ウルスの市販化は?北京モーターショー

ランボルギーニ・ウルスがワールドプレミア、北京モーターショー

ランボルギーニのプレミアムSUV、URUS(ウルス)が2012年の北京モーターショーでワールドプレミアを迎えた。ヴィンケルマン社長いわく、ウルスはあくまでコンセプトモデルであるというが、市販化への期待は大きい。ボディサイズは全長4990mm×全幅1990mm×全高1660mmと、SUVとしてはワイド・ローなスタイルとなっている。
ランボルギーニ ウルス

タイヤサイズは24インチ。カーボン板で作られたホイール内のウィングレットは、理想的なエアベンチレーションを実現する。
URUS ホイール

前から見た時のヘッドライトとその下のエアインテークの造形は、ランボルギーニ・アヴェンタドールを連想させるものだ。
ランボルギーニ ウルス フロント

未だコンセプトカーの域を出ていないため、詳細な仕様については発表がない。しかし、搭載されるエンジンパワーとしては600ps程度が想定されている。
ランボルギーニ ウルス バックビュー

プレミアムSUVウルスの市販化はいつ頃になるのか?

かつて、2008年のパリモーターショーでは、プレミアム4ドアサルーンのエストーケがランボルギーニによって提案された。しかし、その後の世界経済の低迷により、市販化の機会を逃すこととなった。今回のウルスが市販化されるかどうかも今後の景気に左右されることになるだろう。
北京モーターショーで初公開となったウルスは、もちろん中国市場を意識した車種ということになる。ウルスの市販化予想時期としては、2015年から2017年頃があがっており、少なくともあと三年間は中国経済の成長が続くことが市販化の必要条件になる。ところが、既に中国では不動産価格の下落が問題視されており、景気に不透明感が出てきている。今後は、高級車需要に急ブレーキがかかる可能性があり、ウルスの市販化は難しいのではという予測が支配的だ。