car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期フィットをベースにしたコンパクトSUVが2013年発売予定

ホンダがフィット派生のSUV車種を開発中

フィットのフルモデルチェンジが来年2013年に予定されている。早くもその次期フィットをベースとしたコンパクトSUV車がホンダで開発されつつあることが明らかになった。2013年秋から2014年初頭にかけての発売になり、2013年の東京モーターショーでのデビューを意識したタイミングで計画が進められている。

このフィット派生SUVは、日本専用車ではなく、世界中で生産&販売されるグローバルカーでもある。日本で先行して発売された後、2014年頃から欧州、中国、南米、北米、アジア新興国、各々の地域において現地生産、販売が開始される見込みだ。

フィット派生SUVは、新型の直噴1.5Lとハイブリッドが搭載される

日本仕様のエンジンは次期フィットから搭載される新型直噴1.5Lとハイブリッドの2タイプが用意される見込み。コンパクトSUVとしては、各社ともハイブリッドモデルのラインアップを果たしていない。このフィット派生SUVが、セグメント初のハイブリッド車になるだろう。
海外仕様はディーゼルエンジンも検討されているようだ。また、新興国向けにはコストダウンが進んだ現行フィットのエンジンをそのまま搭載させて、低価格で提供することを考えているという。
やはりフィットベースということだけあって、センタータンクレイアウトも採用される。パッケージングの良さも期待できそうだ。
(写真は、フィット派生SUVの競合車種、日産・ジューク)
フィットSUVのライバル車のジューク
現在の国内のコンパクトSUV市場は、日産・ジュークの一人勝ちの状況だ。マツダはデミオベースのSUV派生車CX-3を現在開発中。ここにフィット派生SUVが加わることになれば、このセグメントの混戦が予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント