car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フィットのフルモデルチェンジは9月の見込み、大型化で居住性向上

フィット次期モデルの発売は2013年9月、アクアの燃費性能を超える

新型フィットの発売が2013年9月となる見込み。想定されているボディサイズは全長3960mm×全幅1695mm×全高1525mm。全幅は従来モデル同様に1.7m未満となり5ナンバーサイズが維持される。一方で、全長は現行フィットとの比較で60mm延長され、わずかに大型化する。室内長はプラス80mmということで居住性はさらに良くなりそうだ。

(写真は現行フィット 北米仕様)
フィット 2013 NY
当然ハイブリッドエンジン搭載モデルも用意されるが、現行の1.3L IMAではなく、新開発の1.5L IMAとなる。予想されるJC08モード燃費は36.0km/Lであり、これはライバル車のトヨタ・アクアの35.4km/Lを超えるという水準に基づいている。ただし、このアクアも新型フィットハイブリッドの動向を見て、新技術投入のマイナーチェンジを受けるとされており、新型フィットハイブリッドの燃費ナンバーワンは三日天下に終わる可能性があるだろう。

(写真は現行フィットハイブリッド)
フィットハイブリッド

新型フィットハイブリッドのトランスミッションはDCTが採用

次期フィットハイブリッドに搭載される新開発1.5L IMAには、トランスミッションとして7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)が採用されるもトピックの一つだ。DCTは、従来からあるマニュアルトランスミッション技術の応用した自動変速機である。生産技術も従来モデルからの転用ができるというホンダ側のメリットがあるほか、巡航燃費に優れ、CVTやトルコンATとは異なるダイレクトな加速感が魅力となる。また、ハイブリッド用モーターもこのDCTユニットに内蔵される。

新型フィットの車両価格については、1.3Lのベースグレードは現行モデルに近い125万円程度が設定されるだろう。1.5Lハイブリッドの価格は、現行1.3Lハイブリッドに近い160万円程度になるという読みもあるが、現段階では正確には判断がつきにくい。ライバル車アクアの出方にもよっては、それよりも高く設定される可能性がある。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント