car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ、新型電気自動車のプロトタイプを発表予定、3月ジュネーブショー

ホンダの新型EV、アーバンEVコンセプトの市販型が2019年内発売

ホンダは新型電気自動車(EV)のプロトタイプをジュネーブモーターショー2019のプレスデー(3月5日)で発表する。モデル名を「NEW ELECTRIC VEHICLE PROTOTYPE」としており正式車名はまだ伏せられている。これまで2017年のフランクフルトモーターショーあるいは同年の東京モーターショーなどで、アーバンEVコンセプトとして展示してきたモデルの進化版に相当するだろう。ちなみにホンダがこれまでに「プロトタイプ」の称号を与えてきたモデルは、市販型と大きく変わりない内外装であった。欧州向けには2019年内の発売が予告されている。

(写真はNEW ELECTRIC VEHICLE PROTOTYPE)
ホンダ 新型EV

アーバンEVコンセプトの横長ディスプレイは市販型でも採用

前身となるアーバンEVコンセプトでは、白物家電あるいはスマートフォンのようなデザインイメージが提案されていたが、これは今回の新型EVプロトタイプでも引き継がれている。

ホンダ EV インテリア

インテリアでもアーバンEVコンセプトで示された横長ディスプレイが置かれる。こういったドライバーインターフェイスは、メルセデスベンツが2018年に発表した新型Aクラスで先行してきたデザインである。ただし見比べると、ホンダEVのほうがよりディスプレイ面積が横に大きく、助手席の乗客に向けたエンターテイメントとして本格的に機能することが期待される。

(写真はメルセデスベンツ・Aクラス)
Aクラス インテリア

Aクラスでは、スピードメーターなどはいくらかのデザインが用意されユーザーの好みで切り替えられた。こういったアイデアもそのまま採用されるのかもしれない。

(写真はアーバンEVコンセプト)
ホンダ アーバン EV コンセプト URBAN EV CONCEPT インテリア

ホンダでは2025年までに、ハイブリッド、EVを含めた電動パワートレイン搭載モデルの欧州での販売比率を2/3に引き上げる計画としている。ただし欧州拠点の英国スウィンドン工場を2021年に閉鎖することを発表しており、以降の欧州向け小型車は、主に日本生産モデルの輸出販売となることが想定される。この新型EVもこういった車種の一つとなりそうだ。

#1 匿名さん2019/02/22(Fri)18:15:28ID:MyYzgyMjTY
(・∀・)イイネ!!
#2 匿名さん2019/02/22(Fri)22:39:03ID:RhMjg2YWDM
あと6年間でそれほどのバッテリーとモーター技術の革新が起こるとは思えないんだが…。電動化には価格↑が伴う、只でさえ自動ブレーキなど安全性能で価格↑してるのに、アベノミクスは借金を増やし見せかけだけの景気昂揚をしてるだけ。
普及型の150万前後の電動化車をお願いしたいな。
#3 匿名さん2019/02/22(Fri)23:40:10ID:c5MTk4N2TY
良いよな、見てるだけでワクワクする
各社EVコンセプト出してるが車に興味ない人も巻き込めそうなコンセプトだよな、何か便利なツールが出てきた感覚。
#4 匿名さん2019/02/23(Sat)09:02:22ID:YzN2MzMD2O
アベノセイダー
#5 匿名さん2019/02/24(Sun)08:54:16ID:c1NjMwNDTN
正式名称は「CITY」がいいな・・・
#6 匿名さん2019/02/26(Tue)01:11:09ID:RlOTY0NDDO
タイプアールも出して欲しい
#7 匿名さん2019/02/28(Thu)09:52:23ID:NmZDhjMTWY
コンセプトは素直にカッコイイ。
N-oneの時もそうだった。
今度はがっかりさせないで。
#8 匿名さん2019/02/28(Thu)23:03:42ID:ZjNDUyMTWZ
もう発表されて動画いっぱい出回ってるけど素晴らしいな、生産モデルと95%変わらないらしい。
後輪駆動でスポーティーらしいから見た目以外でも楽しみ、日本車じゃプリウス以来の衝撃かもしれないな
#9 匿名さん2019/03/07(Thu)17:26:38ID:NjODY2YjzO

北米市場とは真逆で、欧州でのシェア拡大に大苦戦のホンダ。
このくるまは欧州でどこまで輝きを見せられるか?
今や電動化技術でさえ、日本車を凌駕する欧州メーカー。ホンダは欧州車に追いつけるのか?

名前(任意)
コメント