フォレスターはマイナーモデルチェンジで後期型販売中、搭載エンジン、グレード、消費税込み車両本体価格、2022年はE型へ年次改良

フォレスター

FORESTER Advance 5

2021年8月のマイナーモデルチェンジでD型となったフォレスターであるが、エンジンに関する内容は盛り込まれなかった。

FORESTER Advance 1

引き続き2.0L水平対向のe-BOXERと、1.8L水平対向直噴ターボ(DIT)の2種類が国内向けには用意される。いずれの仕様もトランスミッションはリニアトロニック、駆動方式はAWDとなる。

FORESTER Advance 5

また、2022年はE型への年次改良が予想される。

2.0L 水平対向4気筒DOHC直噴+モーター(e-BOXER)

「Touring」2,937,000円
「X-BREAK」3,080,000円
「Advance」3,179,000円

フォレスター subaru

1.8L 水平対向4気筒DOHC直噴ターボ”DIT”

「SPORT」3,300,000円

フォレスター リアコンビネーションランプ

後期型フォレスターの主な改良内容

安全性能

  • 新世代アイサイト
  • アレイ式アダプティブドライビングビーム

フォレスター 新世代アイサイト

フォレスター新世代アイサイト ステレオカメラ

エクステリア

  • 新デザインフロントフェイス(バンパー・グリル・ヘッドランプ)
  • 新デザイン18インチアルミホイール
  • ロープホール付きルーフレール(全グレード拡大展開)
  • 新ボディカラー3色追加

インテリア

  • 本革(ナッパレザー)シート

フォレスター シート

機能装備

  • アダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」(搭載グレード拡大展開)
  • X-MODE新機能追加、制御変更
  • ドライバーモニタリングシステム「ジェスチャーコントロール機能」追加

フォレスター シート ブラウン

後期型フォレスター、マイナーモデルチェンジでは足回りを改良、新世代アイサイトを採用

走行性能では全グレードで足回りを改良し、しなやかさとスポーティさが高い次元で両立された。さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」がe-BOXER搭載車全グレードに拡大展開された。

フォレスター フロントグリル

安全性能では、「新世代アイサイト」を搭載。ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良により、これまで以上に幅広いシーンで安全運転がサポートされる。

フォレスター トランク

フォレスターのマイナーモデルチェンジで採用されたスバルの新デザイン「BOLDER」

フォレスター フロントグリル

フロントデザインは大きくフェイスリフトされ、2019年に発表されたスバルの新デザインコンセプト、BOLDERが採用された。

フォレスター 後期型

新型フォレスター

スバル フォレスター

従来型フォレスター

従来型と比較すると、新型ではヘッドランプの形状が大きく変わっており、シャープで力強い印象を強めているのがわかる。

フォレスター

さらに新デザインとなったアルミホイールも相まり、よりSUVらしい迫力のあるエクステリアとなった。

タイトルとURLをコピーしました