フォレスターが後期型へ、マイナーモデルチェンジ相当の大幅改良モデルを発表

フォレスター

スバルはフォレスターの大幅改良モデルを2021年6月14日に初公開した。
8月の発売が予告されており、販売店では先行予約がスタートしている。

フォレスター フロントグリル

フォレスターシリーズは1997年の初代モデルから始まり、現行型は2018年発売の5代目モデルである。この間、5~6年の周期でフルモデルチェンジが実施されてきた。モデルサイクルのちょうど中間にあたる、今のタイミングでの大幅改良は、後期型へのマイナーモデルチェンジに相当するものと考えられる。

フォレスターのマイナーモデルチェンジで採用されたスバルの新デザイン、BOLDER

フロントデザインは大きくフェイスリフトされ、2019年に発表されたスバルの新デザインコンセプト、BOLDERが採用された。

フォレスター 後期型

新型フォレスター

スバル フォレスター

従来型フォレスター

従来型と比較すると、新型ではヘッドランプの形状が大きく変わっており、シャープで力強い印象を強めているのがわかる。

さらに新デザインとなったアルミホイールも相まり、よりSUVらしい迫力のあるエクステリアとなった。

フォレスター

走行性能では全グレードで足回りが改良され、しなやかさとスポーティさが高い次元で両立された。さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」がe-BOXER搭載車全グレードに拡大展開されている。

安全性能では、「新世代アイサイト」が搭載される。ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良により、これまで以上に幅広いシーンでの安全運転がサポートされる。

フォレスター インテリア

今回の大幅改良では、エンジンに関する内容は盛り込まれなかった。引き続き2.0L水平対向のe-BOXERと、1.8L水平対向直噴ターボ(DIT)の2種類が国内向けには用意される。

タイトルとURLをコピーしました