新型【CX-70】発売いつ?2024年春の米国&カナダでのデビューを予告、エクステリア画像公開、日本では並行輸入でしか買えない?

CX-70

cx-70-us-2

新型CX-70が米国時間の1月30日に初公開となった。米国およびカナダでの2024年春の発売が予告された。

CX-70は、マツダのラージ商品群の第3弾となる。北米市場向けに開発された2列シートクロスオーバーSUVに仕上げられ、2022年より日本販売されてきたCX-60の全幅拡大版に相当する。

「CX-70」の<まとめ>は、次のページ

マツダCX-70、新たな市場へ参入、電動化技術

CX-70の導入により、マツダは2列シートミッドサイズSUVセグメントへ新たに参入した。この動きは、市場の需要に応える形となる。米国におけるSUVラインアップは既に、「CX-90」「CX-50」「CX-5」「CX-30」というモデルが存在し、CX-70の追加によって更なる拡充が図られることとなる。

cx-70-us

特筆すべきは、CX-70が採用する電動化技術である。全グレードでプラグインハイブリッドシステムまたはM Hybrid Boost(48Vマイルドハイブリッドシステム)が採用されている。

「CX-70」の<まとめ>は、次のページ

CX-70の米国向けパワートレイン

米国市場向けのパワートレインには、3.3L直列6気筒ガソリンエンジン(ターボチャージャー付)にM Hybrid Boostを組み合わせた「e-SKYACTIV G3.3」と、2.5L直列4気筒ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」の2種類が用意されている。後輪駆動ベースの新世代アーキテクチャーと組み合わせることで、運転の楽しさと環境性能の両立を図っている。

「CX-70」の<まとめ>は、次のページ

「Passion Pursuer」としてのCX-70

CX-70は「Passion Pursuer(情熱の探求者)」というコンセプトで開発された。これは、好きなことや興味があることに挑戦を楽しむ、活動的なお客様をターゲットにしている。スポーティなデザインと実用的な荷室空間の組み合わせが、このコンセプトを体現している。

新型CX-70は、マツダがアメリカとカナダの市場に向けて開発した2列シートクロスオーバーSUVで、これまでのCX-60の全幅を拡大したモデルと位置付けられている。デザイン面では、「魂動 – SOUL of MOTION」というテーマに基づき、生命感あふれる造形が特徴である。前後のバンパーは力強い造形が施され、21インチまたは19インチのアルミホイールが選べる。市場やグレードによってはホイールの仕様が異なる場合がある。さらに、エクステリアには特徴的な黒色のパーツを多用し、インテリアでは赤系色のバーガンディを基調としたものをはじめ、ブラック、グレージュ、タンの内装色が設定されており、市場やグレードによって内装色が異なる場合もある。

「CX-70」の<まとめ>は、次のページ

新型CX-70の機能性

荷室空間には、後方から操作可能な電気式のリモートフォールド機能を備え、2列目シートを簡単に倒すことができる。さらに、シートを折り畳んだ際もフラットな床面が確保され、三つの床下収納スペースが用意されている。これらの機能は、アクティブなライフスタイルを送る顧客のニーズに応えるためのものである。

「CX-70」の<まとめ>は、次のページ

新型CX-70の安全性能

新型CX-70の安全性能に関しては、最新の「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)緊急停止支援機能付」が採用されている。このシステムは、手放し運転やドライバーの閉眼、脇見を検出すると、ドライバーに段階的に注意を促す。注意喚起を行ってもドライバーの反応がない場合、車両の減速や停止を支援し、事故時の被害を軽減することを目指す。ただし、CTSの設定は市場やグレードによって異なり、機能には限界がある。システムが作動しても、衝突や路外逸脱を完全に防止することはできないため、安全運転は運転者の義務であり、「CTS緊急停止支援機能付」の作動に伴う責任も運転者にある。

マツダは、人を中心に考える「MAZDA CO-PILOT CONCEPT」に基づき、心と身体を見守る技術を用いて、誰もが安全・安心・自由に移動できる社会への貢献を目指している。

「CX-70」の<まとめ>は、次のページ

アクティブなライフスタイルに対応する新型CX-70

CX-70は、活動的なライフスタイルを持つ顧客に特に注目されている。この車両は、トレーラーの連結をサポートする「トレーラーヒッチビュー」を装備し、5,000ポンドのけん引能力を備えている。また、プラグインハイブリッドエレクトリックヴィークル(PHEV)モデルには、1,500ワットの給電機能も搭載されており、運転を楽しむだけでなく、アウトドアや日常生活での使用にも適している。

このように、CX-70はただの移動手段に留まらず、顧客の人生に寄り添うパートナーとしての役割も果たしている。

「CX-70」の<まとめ>は、次のページ

 

北米CX-70 まとめ

  • CX-60の全幅拡大版として北米に設定
  • 2024年1月発表済み
  • 2024年春の発売予告
  • 2列シートミッドサイズSUVセグメントに初参入
  • e-SKYACTIV G3.3(3.3L 直6ガソリンターボ マイルドハイブリッド)
  • e-SKYACTIV PHEV(2.5L 直4ガソリン PHEV)

新型CX-70 画像 2024年1月

cx-70-us-2 cx-70-us

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました