car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

シボレー新型コルベットが2014年4月に日本発売、国内モーターショーで先行公開

シボレー・コルベットがフルモデルチェンジ、日本発売に向けて先行公開

シボレーの新型コルベットが2014年春に発売されることになりそうだ。

コルベット

写真は大阪モーターショー2013で先行公開された新型シボレー・コルベットである。

昨年2013年の1月に開催された北米国際オートショーでは、7代目としてフルモデルチェンジしたコルベットがワールドプレミアを迎えていた。その最新モデルが日本市場に導入されることになる。

コルベット 大阪モーターショー

東京モーターショー2013では、やはり引き続き米国ビッグスリーの出展が無かったわけだが、ゼネラル・モーターズは名古屋、大阪のモーターショーで小規模ブースながらも出展を果たすことができた。今月2014年1月24日から開催される福岡モーターショーでの出展も予定されており、そこでもこの新型コルベットの姿を見ることができるだろう。

コルベット スティングレイ コルベット コンバーチブル

写真はニューヨーク国際オートショーで出展された新型コルベット スティングレイである。
メインユニットとして搭載されるのは6.2LのV8エンジンで、LT1型の最新バージョンとなる。その最高出力は456ps、最大トルクは610Nmにも及ぶ。トランスミッションとしてはパドルシフトによる6速AT、あるいはスタンダードな7MTが選択できる。

新型コルベットの発売は4月12日、キャデラックCTSもフルモデルチェンジ

(写真はキャデラック新型CTS)
キャデラック CTS

コルベット日本仕様がこの最新型にフルモデルチェンジされるのは2014年4月12日が予定されている。さらにゼネラル・モーターズはキャデラック新型CTSを同時デビューさせる予定となっており、アメ車ファンにとってどちらも待望のモデルとなるだろう。

#1 匿名さん2018/03/05(Mon)15:24:45
圧巻のリヤビュー

名前(任意)
コメント

過去記事(2013/04/03)

シボレーのハイスペックFRセダン、新型SSがニューヨークモーターショーで発表

シボレーSSがワールドプレミア、ニューヨークモーターショー画像

3月27日に開幕したニューヨークモーターショー2013のシボレーブースで注目を集めているのが、新型FRセダン『SS』である。SSとはスーパースポーツを意味し、シボレーは歴代の高性能セダンにこの名前を冠してきた。この新型SSは、米国で人気の高いモーターレースであるNASCARに参戦する車であり、2月17日にフロリダで行われたNASCAR開幕戦で既に公開されてはいたものの、モーターショーでは今回のニューヨークでワールドプレミアを迎えた。
シボレーSS
シボレーSS ニューヨークモーターショー2013

SSはシボレー久々のFRスポーツセダン、搭載されるエンジンはV8 6.2L

シボレーの新型SSの特徴は、なんといってもシボレーブランドとしては17年ぶりとなるFRセダン車であること。FRつまり後輪駆動のノウハウは、GMのオーストラリア部門であるホールデンを基礎にしており、特にボディの基礎はそのほとんどが新型コモドアをベースにしているという。GMによれば、この車体はもともとシボレーのカマロを念頭に設計されており、今後のGMにおけるFRセダン車の基本設計となる。
新型シボレーSS
新型SSのパワートレインは、LS3と呼ばれる6.2LのV型8気筒エンジンで、最高出力が415ps、最大トルクが57.4kgmというスペック。トランスミッションは今のところ6速ATのみで、0‐96km/h加速はおよそ5秒というパフォーマンスである。これに加えて前後重量配分がほぼ50対50と優れたバランスを誇り、ハイレベルな走行安定性が期待できる。

過去記事(2012/11/28)

トラックスの日本発売に期待、1.7Lディーゼル搭載のシボレー新型小型SUV

トラックスが2013年に欧州発売開始

GMシボレーブランドが来年2013年に投入予定の新型グローバル小型SUV『トラックス』を紹介しよう。
グローバルとあえてつけているのは、世界140カ国以上での販売を予定しているからであり、これはシボレーがついに小型SUV市場に世界的に参入することを意味する。
トラックス
シボレー トラックス
写真はパリモーターショー2012に出展されたトラックス。4248mmの全長は、国産車で言えばジューク(4135mm)とデュアリス(4315mm)の中間になる。

トラックスはアンコールとモッカと基本コンポーネントが共通

実はこのトラックスはいきなり登場した全く新しいモデルというわけではない。シボレーとは異なるブランドから今年2012年始めに発表されたビュイック・アンコールとオペル・モッカという2車と、このクラス最高レベルの荷室容量と広く快適な乗車空間というような、基礎的な構造はかなり共通する部分が多い。あえてアンコール・モッカとの違いを言えば、やはりヘッドライトのデザインに代表されるように、一目見てシェビーのものと分かるフロントデザインだろう。

トラックスに採用されるエンジンとしては3種類を設定。ガソリンエンジンとして1.4Lターボと1.6L NAが、ディーゼルエンジンとして1.7Lターボがラインアップされる。
シボレー TRAX
GMシボレーブランドによれば、トラックスは年内にまずはメキシコとカナダで発売し、世界主要国へ販売エリアを拡大するが、米国ではアンコールが存在するため販売しないとのことだ。日本発売について公式な発表が無いが、コンパクトなSUVは日本市場でも販売台数が見込めるためその期待は大きい。