スバル【クロストレック ターボ】CB15新開発エンジン追加設定の実現は難しい?計画中止が濃厚【XV後継車 最新情報】期待される年次改良とマイナーチェンジ

XV
crosstrek-sti-performance-01

クロストレック STI Performance(大阪オートメッセ2023)

新型クロストレックに新開発CB15型1.5Lターボ追加はあるのか?

現行型クロストレックは2022年12月に発売されたモデル。発売から1年が経過するタイミングとなっており、年次改良の実施が期待される。

発売前から噂となっていたのが、CB15型の新開発1.5Lターボエンジンの存在である。しかし、今後も市販モデルへ導入される可能性は低いと考えるのが、現在のところ妥当なようだ。

スバルが定期的行っている決算発表のなかでは、新開発パワートレインの導入計画も随時更新し公表されてきた。しかし、新開発CB15型 1.5Lターボエンジンらしきものは未だ公表に至っていない。

subaru-next-gen-e-boxer

2023年5月発表の決算説明会 資料

最新の2023年11月の発表においても、BEV専用ラインについての進捗状況がメインとなっている。ガソリン車については、中期的な将来に渡っての生産継続が確認できるものの、新開発パワートレインなど新たな動きは無し。また、ここで次世代e-BOXERと表記されているものは、水平対向エンジン+シンメトリカルAWD+THSの技術を融合したもので、トヨタからの技術協力で実現するシステムを指すだろう。

subaru-2023-11

2023年11月発表の決算説明会 資料

やはりCB15型と思われるターボエンジンの導入計画は中止となっていそうだ。

スバルは2023年12月8日時点でのクロストレックの納期が「2ヶ月程度」であることを発表した。最近の新型SUVモデルとしては、かなり手に入りやすい状況となっている。ただし、見方を変えれば、これは受注が少ないことの裏付けでもある。

crosstrek-tocomee-0008

新型クロストレック(画像提供元 TOCOME enterprise 様)

新型クロストレックの初期受注がうまく獲得できていない可能性があるが、その原因の一つとして、エンジンラインアップの少なさが考えられる。

crosstrek-tocomee-0020

新型クロストレック初期型には、2.0L e-BOXER搭載

日本仕様に搭載されるのは、FB20型 e-BOXERのみに限られており、従来型XVで用意されていたFB16型搭載グレードは廃止された。

CB15型 1.5Lターボは、CB18型のダウンサイジング版

スバルは完全新規開発のボクサーエンジンとして、CB18型エンジンの採用を進めてきた。既にレヴォーグ、フォレスター、レガシィアウトバックにおいて、搭載モデルがラインアップされている。

CB18型 エンジン

CB18型 エンジン

CB18型は、リーンバーンターボであることやクランクシャフト周辺を大幅に小型化させたことなどを特徴としている。その開発には多大なコストと労力が掛けられたことは想像に難くなく、排気量1.8Lバージョンに留まらず、スバルの新世代ボクサーエンジンとして複数の排気量タイプにバリエーション展開される可能性が高い。なかでも6気筒バージョン、あるいはダウンサイズさせた1.5Lバージョンが実用化されるのではと予想されてきた。

crosstrek-tocomee-0010

特に後者の1.5Lバージョン、CB15型はXV後継クロストレックおよびインプレッサに適合した出力パフォーマンスが想定される。

新型クロストレック(XV後継)はSGP✕フルインナーフレーム構造採用

新型クロストレックは、XVのフルモデルチェンジに相当する。スバルグローバルプラットフォーム(SGP)も2巡目となり、フルインナーフレーム構造が採用された。

タイトルとURLをコピーしました