car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

プロボックス/サクシードにハイブリッド、1.5L THS搭載で11月発売へ

トヨタの主力商用車がハイブリッド化、燃費性能大幅向上

トヨタの商用車、プロボックスとサクシードにハイブリッドモデルが追加されることになった。

(写真は現行サクシード)
サクシード

サクシードとプロボックスは姉妹車関係にあり、ダイハツ工業で生産されるモデル。2002年の発売から基本構造を変えることなく、現在は4ナンバー車のみの販売が継続されている。今回のハイブリッド化は特にモデルチェンジということではない。1.5LのTHSⅡハイブリッドシステムが導入され、大幅に燃費性能が向上することになる。

プロボックス/サクシード ハイブリッド搭載でもラゲッジサイズは維持される可能性

1.5Lハイブリッドは、アクア、カローラシリーズで先行導入されてきており、トヨタはこれまでに多くの信頼性に関するデータを得てきた。より多くの走行距離が求められる商用モデルでの使用においても問題ないという判断だろう。またバッテリーユニットなどが、ラゲッジスペースを圧迫することのないように開発が進められてきたということで、従来のユーザーから不満が出ることもなさそうである。

サクシード トヨタ

サクシードやプロボックスのような商用車は走行距離20万km以上になることが当たり前であるから、ハイブリッド化による燃料費の削減効果は大きい。かなりのオーダー数が期待できそうだが、月間販売目標台数としては、わずか500台程度しか準備されない見込み。納期の遅延が予想される。

サクシード リアコンビネーションランプ

サクシードハイブリッド/プロボックスハイブリッドの発売予定時期は2018年11月となっている。

#1 南 祐斗2018/09/10(Mon)16:02:24ID:FiNjBjN2jM
ハイブリッド車が来た
#2 匿名さん2018/09/10(Mon)21:29:40ID:IyZDJiMjTM
カローラワゴンがベースだから、予想通りだな。
#3 匿名さん2018/09/10(Mon)22:14:29ID:E3YzI2MDGO
ベースは初代ヴィッツである
#4 匿名さん2018/09/11(Tue)09:12:13ID:ljYzYxZTjN
古っ
#5 匿名さん2018/09/11(Tue)14:04:49ID:Q2MzljMjzY
HV追加で一般ユーザーも増えそう
時代の流れ的にこういう道具感があるシンプルな車は受けそう
惜しむべきはデザインが改悪された事、先代のプレーンな顔良かったのに
#6 匿名さん2018/09/13(Thu)11:13:35ID:UzZWYwZjTO
実用性重視でプレーンなデザインのジムニーが大ヒット中だから、
トヨタもきっと真似してプレーンなデザインに帰ってくる。と期待したい。
#7 匿名さん2018/09/19(Wed)10:08:26ID:MwMWMzMzmM
ならばそのうちハイエース、レジアスエースにもハイブリッド載せてくるかな・・・プロボックス、サクシードは元々安価モデルの車だからなんだろうけど。
#8 匿名さん2018/10/14(Sun)05:55:25ID:lhOTkxZG2N
ディーゼルのある車種にHVは導入しない方針らしいよ。
ハイエースは採用ないだろうがタウンエースはくるかもな。

名前(任意)
コメント