car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ新型クロスビーが発売、ハイブリッドのみで車両価格は176万5800円から

新型XBEEが発売、事前予約の動向からは早くも大ヒットの予感

スズキ新型クロスビーが2017年12月25日に発売日を迎えた。

(写真は新型クロスビー)
XBEE ストリート アドベンチャー

クロスビーはスズキの新型コンパクトクロスオーバーSUVとして、東京モーターショー2017でも参考出品されていたモデルである。エクステリアは、軽自動車のヒット商品であるハスラーのワイドボディ版に相当する。

XBEE スズキ XBEE 東京モーターショー2017

ボディサイズは全長3760mm×全幅1670mm×全高1705mm、ホイールベースはイグニスと同じ2435mmとなる。ハスラーと比較して、寸法的あるいは予算的にも設計自由度が上がっており、質感の高い内外装に仕上げられている。

XBEE インテリア XBEE シート

新型XBEEは新開発1.0Lマイルドハイブリッドエンジンを全車に搭載

新型クロスビーは、1.0Lのダウンサイジングターボエンジンにモーターアシストが付いた新開発マイルドハイブリッドエンジン搭載で、トランスミッションは6速AT。このクラスとしては贅沢なパワートレインではないだろうか。JC08モード燃費は2WDが22.0km/L、4WDが20.6km/Lとなる。2WD車は車体重量1t未満ということで、重量税区分はワンランク下がる。

XBEE トランク XBEE ストリート アドベンチャー

車両価格はエントリーのHYBRID MXが176万5800~195万1560円、上級のHYBRID MZが200万3400~218万9160円に設定される。非ハイブリッドモデルは用意されなかった。スズキのブランド力とコンパクトなボディサイズから考えればちょっと高い気もするが、パワートレインや内外装の質感は値段相応に良い物と感じる。

XBEE エンジン XBEE ハッチバック

お洒落なツートーンルーフ仕様、スリートーンコーディネート仕様が用意される。発売前オーダー受付が12月上旬より始まっているが、販売現場では早くも人気モデルとなる感触を得ているようだ。

#1 匿名さん2017/12/30(Sat)23:31:00
燃費を気にして乗る車ではないことはわかるけれど
スイフトやソリオと同じ1200ccエンジンを搭載したグレードがあれば
燃費もよくて価格も抑えられたんじゃないかと思う
#2 匿名さん2017/12/31(Sun)09:28:03
スズキはほんと電球切れや接触不良、内装の爪折れでの異音を何とかして欲しい
十何年と乗って出るなら分かる。でも新車から数年でって何故だ……
実家の年寄り足車が三台連続でこれら症状、街でもリヤコンビランプ切れをよく見る

帰省の度に何かしら直してるけど……年配だと自分で直すの難しいので、消費者目線でクルマ作りして頂きたい
#3 匿名さん2018/01/01(Mon)10:52:37
スズキそんなダメか
ガキ使とか昨日からよくCM流れてる
#4 匿名さん2018/01/03(Wed)01:17:32
♯3
個人的な感想など参考程度にしたほうがいい。

自分が欲しいと思うクルマを選ぶのが一番だ
それがスズキであっても何の問題もない
自分の目で見て、乗って確かめよう!
#5 匿名さん2018/01/05(Fri)19:21:06
オリジナルの軽から、幅を広げただけの感じの手法は、ワゴンRワイド→次の型のソリオを思い出しますね。ヒットし続け、いずれはソリオみたく独立モデルに出世するといいですね。
#6 匿名さん2018/01/06(Sat)00:42:54
そうだな
だが、この時点で既に独立車種だと思うが・・・
実車をまだ見ていない状況だが、
ボディパネルは完全新規で、ハスラーと共有部分はない(クリソツだが)
ワゴンRワイド・ワゴンRソリオは、同時期に販売されていたワゴンRとサイドのボディパネルを共用していた
クロスビーは、それらに比べて気合が入っている
#7 匿名さん2018/01/06(Sat)19:54:40
ハスラーと見た目は似てても中身は全く別物だよ。
ハスラーの幅を広げたというより、ソリオの見た目をハスラーにしたと言った方が正解に近い。
#8 匿名さん2018/01/06(Sat)20:21:53
いや、イグニスの見た目をハスラー風にした、というのが正解
#9 匿名さん2018/01/06(Sat)22:33:58
ま、デカい軽だね。
ソリオと一緒
#10 匿名さん2018/01/07(Sun)07:32:57
現行ソリオ以降の登録者は新開発のプラットフォームを採用している
軽自動車とはまるで別物だ
それを知らない輩はソリオを「デカい軽」などと訳知り顔で話す
スズキが「軽自動車メーカー」からの脱却を目指し、登録車に注力する気持ちがよくわかる
#11 匿名さん2018/01/07(Sun)07:47:04
♯10
軽専業とかミニバンメーカーなど、固有のイメージがつくのはとても困る、とある営業マンが言ってたわ。
スズキは軽専業のイメージがかなり
薄れてきた。
マツダはイメージ最優先でミニバンから手を引いた。
企業イメージで最もアタマを悩ませているのはホンダかもな。
今や軽とミニバンばかり。
#12 匿名さん2018/01/07(Sun)18:20:25
軽とミニバンばかりと言わせてもホンダは何とも思っちゃいない。それらが売れてるから。
NSXやシビックタイプRがある。好き嫌い、貧乏は買えない等あるが。
#13 匿名さん2018/01/07(Sun)19:02:02
ミニバン持ってるとホンダみたくなる。
マツダ、スバルはミニバンをラインナップからはずすから、ダサいイメージないもんな。
#14 匿名さん2018/01/07(Sun)22:38:54
メーカーのイメージはミニバンの有無じゃなく、そのメーカーのフラッグシップがどんなクルマかと思います。
#15 匿名さん2018/01/08(Mon)00:48:01
ミニバン持ってると世界的に『プレミアム』とみなされないのですよ。
世界中の誰もが、トヨタ・日産・ホンダを『プレミアムブランド』だと思って買ってはいないでしょ?
そのために、3社ともにレクサス・インフィニティ・アキュラを生み出したのです。
ホンダのフラッグシップ?
レジェンドもNSXも、北米など一部地域ではアキュラブランドですよね。

プレミアムブランドの共通点は、『ミニバン』をラインナップしていないこと。ミニバンがあると、
「生活臭」・「貧乏臭さ」・「スタイリッシュではない」というイメージがついてしまいます。プレミアムなクルマを好む層が最も嫌うキーワードなのですね。レクサスがミニバン持たない理由もここ。
例えば、レクサスの販売店では、『子供の元気な声』は残念ながら不要ということです。
#16 匿名さん2018/01/08(Mon)00:56:52
各社の最高額車種
トヨタアルファード・ベルファイヤー
レクサスLS
日産GT-R
ホンダNSX
思うところはイロイロw
#17 調べてみたシリーズ2018/01/08(Mon)01:21:39
各社の最高額車種

♯16に追加すると
マツダCX-8 (僅差でアテンザ)
三菱パジェロロング
スバルWRX STI (僅差でレヴォーグ)
ダイハツアルティス(カムリOEM)自社開発だとコペン
スズキランディ(セレナOEM)自社開発だとエスクード

「フラッグシップ」という言葉が似合わないのはダイハツ・スズキ
2社ともそういうイメージで売っていないから問題はない
#18 匿名さん2018/01/08(Mon)01:38:44
ミニバンの存在を否定はしないが、♯15の言い分が正しいだろう
レクサスやマツダのカタログを眺めると、「生活臭」といったキーワードは完全に排除されていることに気づく
多人数乗車が可能な車種であっても、子供・家族の写真は一切使っていない
そして全車種通して共通の「スタイリッシュ」なイメージを表紙の時点から持たせている
TV CMも同様だ
「プレミアム」とはあいまいな言葉だが、しかし、そういうことなのだ

マツダは短期間で良くここまでブランドイメージを向上させた
特にCMの内容が、良くも悪くもウマい

話題がクロスビーから離れてしまったようだ
#19 匿名さん2018/01/08(Mon)02:32:22
♯6
クロスビーのエクステリアにおいて、ハスラーと共通するパーツは前後の「ドアハンドル」だけだそうだ
#20 匿名さん2018/01/08(Mon)13:11:03
クロスビーはここまでハスラーに似せる必要はなかったと個人的には思う。
折角登録車で専用部品とするなら、ハスラーのエッセンスを残しつつ、上手く言えないが、もっと飛躍したデザインにして欲しかった。パッと見てハスラーをストレッチしただけと思われても仕方ない。

#21 匿名さん2018/01/08(Mon)13:46:04
ハスラーが軽じゃなきゃ買うんだけど。
この声に応えたのがクロスビー
何か問題あるだろうか?
#22 匿名さん2018/01/08(Mon)13:49:16
全く新しいコンパクトSUVをスズキが出したとする

え?既にイグニスとかエスクードあるじゃん
それよりもデカハスラー出してよ!
こうならないために、出したのがクロスビー
#23 匿名さん2018/01/08(Mon)14:40:33
今年一年、売れ行きを見ることにしてみよう
#24 匿名さん2018/01/08(Mon)16:17:04
リア周りはダイハツのストーリアを思い出してしまったよ(笑)
#25 匿名さん2018/01/08(Mon)21:01:43
外観はともかく、インパネ特にナビあたりのデザインはもう少し何とかならなかったものか...
#26 匿名さん2018/01/09(Tue)07:37:36
ナビ周りは欧州車に多いデザイン
見やすそうで良いのでは?
#27 匿名さん2018/01/25(Thu)11:35:48
最初は単なるデカハスラーかと思ったけど、よくよく見ると結構いいかも
#28 匿名さん2018/01/25(Thu)11:49:07
クロスビーのエクステリアにおいて、ハスラーと共通するパーツは前後の「ドアハンドル」だけだそうだ
#29 匿名さん2018/05/03(Thu)06:51:27ID:UwNzFiMTDM
チラホラ見るようになったが、やっぱりハスラーがいいと思えてしまう。
軽枠で、あれだけのデザインが出来たからか。
#30 匿名さん2018/05/03(Thu)13:29:38ID:c0ZWExOTTN
あえてクロスビーを選ぶ理由を知りたいな
#31 匿名さん2018/05/04(Fri)11:52:37ID:FkMDM1ZmTZ
#30
軽でないところ
#32 匿名さん2018/05/04(Fri)20:03:29ID:QwMDc4ND2M
はい、僕も軽自動車には乗りたくないので
#33 匿名さん2018/05/04(Fri)20:13:14ID:YwNzkxZGTZ
#30氏
質問の意味が、彼らには通じていないようでした。

名前(任意)
コメント

車名

クロスビー

クロスビー

代表グレード

ハイブリッドMX

ハイブリッドMX スズキセーフティサポートパッケージ装着車

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DAA-MN71S

DAA-MN71S

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

3760

3760

全幅(mm)

1670

1670

全高(mm)

1705

1705

ホイールベース(mm)

2435

2435

トレッド 前(mm)/後(mm)

1460/1470

1460/1470

室内長(mm)

2175

2175

室内幅(mm)

1355

1355

室内高(mm)

1280

1280

車両重量(kg)

960

960

エンジン型式

K10C

K10C

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

996

996

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×79.4

73.0×79.4

最高出力

99ps(73kW)/5500rpm

99ps(73kW)/5500rpm

最大トルク

15.3kg・m(150N・m)/1700〜4000rpm

15.3kg・m(150N・m)/1700〜4000rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

32

32

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

22.0

22.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

175/60R16 82H

175/60R16 82H

タイヤサイズ(リア)

175/60R16 82H

175/60R16 82H

最小回転半径(m)

4.7

4.7

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,765,800円

1,872,720円

車名

クロスビー

クロスビー

代表グレード

ハイブリッドMZ

ハイブリッドMX

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DAA-MN71S

DAA-MN71S

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

3760

3760

全幅(mm)

1670

1670

全高(mm)

1705

1705

ホイールベース(mm)

2435

2435

トレッド 前(mm)/後(mm)

1460/1470

1460/1470

室内長(mm)

2175

2175

室内幅(mm)

1355

1355

室内高(mm)

1280

1280

車両重量(kg)

960

960

エンジン型式

K10C

K10C

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

996

996

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×79.4

73.0×79.4

最高出力

99ps(73kW)/5500rpm

99ps(73kW)/5500rpm

最大トルク

15.3kg・m(150N・m)/1700〜4000rpm

15.3kg・m(150N・m)/1700〜4000rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

32

32

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

22.0

22.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

175/60R16 82H

175/60R16 82H

タイヤサイズ(リア)

175/60R16 82H

175/60R16 82H

最小回転半径(m)

4.7

4.7

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,003,400円

1,765,800円

車名

クロスビー

クロスビー

代表グレード

ハイブリッドMX スズキセーフティサポートパッケージ装着車

ハイブリッドMZ

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DAA-MN71S

DAA-MN71S

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

3760

3760

全幅(mm)

1670

1670

全高(mm)

1705

1705

ホイールベース(mm)

2435

2435

トレッド 前(mm)/後(mm)

1460/1470

1460/1470

室内長(mm)

2175

2175

室内幅(mm)

1355

1355

室内高(mm)

1280

1280

車両重量(kg)

960

960

エンジン型式

K10C

K10C

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

996

996

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×79.4

73.0×79.4

最高出力

99ps(73kW)/5500rpm

99ps(73kW)/5500rpm

最大トルク

15.3kg・m(150N・m)/1700〜4000rpm

15.3kg・m(150N・m)/1700〜4000rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

32

32

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

22.0

22.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

175/60R16 82H

175/60R16 82H

タイヤサイズ(リア)

175/60R16 82H

175/60R16 82H

最小回転半径(m)

4.7

4.7

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,872,720円

2,003,400円

過去記事(2017/11/29)

スズキ・クロスビー12月発売へ、ハスラーのワイドボディ版が早くも発売予定

XBEEが年内発売、東京モーターショー2017のワールドプレミアモデル

スズキの新型クロスオーバーSUV、XBEE(クロスビー)が東京モーターショー2017で公開された。その発売日が12月になることが予告されている。

(写真は新型XBEE)
XBEE ストリート アドベンチャー

新型XBEEは、スズキで大ヒットした軽自動車、ハスラーのワイドボディ版に相当する登録車モデルとなる。ボディサイズのゆとりはエクステリアの質感にもおよび、ヘッドランプやバンパーラインの立体感がしっかりと演出されている。

XBEE スズキ XBEE トランク

XBEEは新開発1.0Lターボハイブリッド搭載、ボディカラーはスリートーンも用意される

搭載されるエンジンは1.0Lターボマイルドハイブリッドということで、このクラスとしては贅沢な仕様。さらにトランスミッションは6速ATが採用されているのも魅力の一つである。

XBEE アウトドア アドベンチャー インテリア XBEE エンジン

駆動方式は2WDと4WDが設定され、4WD車ではSPORTモード、SNOWモード、GRIP CONTROL、HILL DESCENT CONTROLが備わる。スズキの小型車向け4WDシステムとしては、上位車種のSX4 S-CROSSやエスクードで採用されてきたALLGRIPがあったが、各モードの名称が変更されている箇所があり、XBEE用に新たに開発されたものだろう。

XBEE リアシート XBEE シート

安全運転支援システムは単眼カメラとレーザーレーダーによるデュアルセンサーブレーキサポートが用意され、緊急時の自動ブレーキ機能が備わる。この他、後退時ブレーキサポートや全方位モニターも装備可能で、パーキング時における手助けとなる。

XBEE ストリート アドベンチャー XBEE ハッチバック

ボディカラーはモノトーン、ツートーンが用意されるのはもちろんであるが、さらにスリートーン仕様も用意される見込み。

XBEE 東京モーターショー2017

2017年12月25日の発売日が予想されており、この時に車両価格が発表されることになる。

過去記事(2017/11/13)

スズキ・XBEE(クロスビー)まもなく発売か?東京モーターショー2017画像

新型クロスビー、ハスラーのワイド版として内外装とも立派になった

スズキから新型XBEE(クロスビー)が発売予定となっている。東京モーターショー2017でも市販型が出品された。

(写真は新型XBEE)
XBEE スズキ

もう間もなくとされる発売日であるが、現在のところ公式な発表は無し。早ければ2017年12月、遅くても2018年2月頃の発売が予想され、車両価格も確定することになる。

XBEE 東京モーターショー2017 XBEE リアシート

パワートレインには直3 1.0Lターボのマイルドハイブリッドエンジンを搭載

新型XBEEのボディサイズは全長3760mm×全幅1670mm×全高1705mm。ホイールベースは2435mmとなる。

XBEE ハッチバック XBEE リアコンビネーションランプ

新型XBEEの内外装のデザインは軽自動車で人気のハスラーにあやかったもので、ハスラーワイドに相当するモデルとなる。

XBEE XBEE インテリア

エクステリアではハスラーと比較してサイズの制約が緩くなった分、各パネルやバンパー、ガーニッシュの凹凸が大きく表現されており、立派に進化した印象である。スズキブースでは引き続きハスラーも出品されているわけだが、これがオモチャに見えてしまうほどである。

XBEE トランク XBEE 背もたれ

登録車化されたとは言え、まだまだスモールカーの範疇。後席を座席として使ったときの荷室はあまり広くない。

XBEE エンジン XBEE シート

パワートレインには新開発の直3 1.0Lターボのマイルドハイブリッドエンジンが搭載予定となっている。

(写真はクロスビー ストリート アドベンチャー)
XBEE ストリート アドベンチャー XBEE ストリート アドベンチャー

内外装のカラーリングでシティSUV色を強めたXBEE STREET ADVENTURE。

(写真はクロスビー アウトドア アドベンチャー)
XBEE アウトドア アドベンチャー 東京モーターショー2017 XBEE アウトドア アドベンチャー

アウトドアテイストのXBEE OUTDOOR ADVENTUREも出品された。

XBEE アウトドア アドベンチャー インテリア XBEE アウトドア アドベンチャー シート

これらは一応コンセプトモデルという位置付けなので、市販型には設定されないカラーリングということだろう。これらと近い特別仕様車の設定に期待したい。

過去記事(2017/10/23)

スズキ新型クロスビー市販車発表予定、東京モーターショー2017

ハスラーワイドが市販デビュー、登録車成りで見た目にも立派に

東京モーターショー2017の開催が迫った。スズキからは新型市販モデル、XBEE(クロスビー)がワールドプレミアされる予定となっている。

(写真は新型XBEE)
Xbee

既に車体デザインが公開されており、コンパクトボディのクロスオーバーSUVであることがわかる。以前から開発が噂となっていた軽自動車ハスラーのワイドボディバージョンに相当する。

クロスビーに搭載されるのは1.0Lブースタージェットエンジン

新型クロスビーのボディサイズは全長3760mm×車幅1670mm×車高1705mm、ホイールベースは2435mmとなる。ホイールベース長が同じクロスオーバーSUVとしてイグニスがあるが、ボディサイズはクロスビーの方が一回り大きい。特に全高についてはクロスビーが110mm高く、居住性で大きな違いがある。スズキがクロスビーを小型クロスオーバーワゴンとカテゴライズしているのも、やはりその居住性をアピールしたい狙いだろう。

特に虫眼鏡型のヘッドランプ、台形メッシュグリルのあたりはハスラーとのデザイン共用が目立つ。バンパーは登録車ということでデザイン自由度が高いクロスビーのほうが張り出しが大きく立派な印象を受ける。

(写真はXBEE STREET ADVENTURE)
Xbee ストリートアドベンチャー

新型クロスビーには1.0Lターボエンジンが搭載される見込み。2017年内か2018年初頭あたりの発売が予想される。

(写真はXBEE OUTDOOR ADVENTURE)
Xbee アウトドア アドベンチャー

アウトドアテイストの「XBEE OUTDOOR ADVENTURE」と、シティSUV感覚の「XBEE STREET ADVENTURE」の2つのコンセプトモデルも発表予定となっている。