car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型BMW X1画像、FFベースで居住性向上、フランクフルトモーターショー

投稿日:

BMW X1がフルモデルチェンジ、FF化で室内が広くなった

フランクフルトモーターショー2015で出展された新型BMW・X1を紹介する。

(写真は新型BMW X1)
BMW X1 xDrive20d

二代目となるBMW X1は、2015年6月に公式発表されていた。今回がモーターショーデビューということで多くのファンが実車に触れることになった。

BMW X1 xDrive20d リアコンビネーションランプ BMW X1 xDrive20d フロントグリル

従来型X1はエンジンが縦置きされたFRベースであったのに対し、新型X1はエンジンが横置きされたFFベースが採用される。既に2シリーズとしてBMWブランドモデルでのFF車がラインアップされるなか、コンパクトクロスオーバーSUVであるX1が、FRであり続けるよりもパッケージング優先でFF化されるのも自然な流れか。

BMW X1 sDrive18d BMW X1 sDrive18d リアコンビネーションランプ

新型X1は直3 1.5Lモデルもラインアップ、4WDだけでなく2WD(FF)モデルも用意

新型X1のボディサイズは全長4439mm×全幅1821mm×全高1621mm。ホイールベースは2670mmとなった。やはりFF化されたことが寸法にも表れており、先代モデル比でホイールベースはマイナス90mm、全長はマイナス15mmとコンパクト化しているが室内は広くなっている。

BMW X1 xDrive20d インテリア BMW X1 xDrive25i トランクルーム

一方で全幅は23mm、全高は76mmの拡大となった。昨今の新型クロスオーバーSUVモデルの多くは、全高が低くスポーティーになる傾向にあるが、新型X1に関しては居住性重視で背が高くなった。いわゆる普通のCセグメントSUVのサイズ感である。

駆動方式は4WDのxDrive、2WD(FF)のsDriveが設定され、パワートレイン別に8タイプが用意される。

(写真はBMW X1 xDrive25i)
BMW X1 xDrive25i エンジン
直4 2.0Lガソリンターボエンジン搭載モデルは、
xDrive25iが最高出力231ps/最大トルク35.7kgm、
xDrive20iが192ps/28.6kgm、
sDrive20iが192ps/28.6kgm。

直3 1.5Lガソリンターボエンジン搭載モデルは、
sDrive18iが138ps/22.0kgm。

(写真はBMW X1 sDrive18d)
BMW X1 sDrive18d エンジン

直4 2.0Lディーゼルターボエンジン搭載モデルは、
xDrive25dが231ps/45.9kgm、
xDrive20dが190ps/40.8kgm、
sDrive18dが150ps/33.7kgm。

(写真はBMW X1 Xdrive20d)
BMW X1 xDrive20d エンジン

直3 1.5Lディーゼルターボエンジン搭載モデルは、
sDrive16dが118ps/27.0kgmとなる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント