car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型BMW X1画像、FFベースで居住性向上、フランクフルトモーターショー

BMW X1がフルモデルチェンジ、FF化で室内が広くなった

フランクフルトモーターショー2015で出展された新型BMW・X1を紹介する。

(写真は新型BMW X1)
BMW X1 xDrive20d

二代目となるBMW X1は、2015年6月に公式発表されていた。今回がモーターショーデビューということで多くのファンが実車に触れることになった。

BMW X1 xDrive20d リアコンビネーションランプ BMW X1 xDrive20d フロントグリル

従来型X1はエンジンが縦置きされたFRベースであったのに対し、新型X1はエンジンが横置きされたFFベースが採用される。既に2シリーズとしてBMWブランドモデルでのFF車がラインアップされるなか、コンパクトクロスオーバーSUVであるX1が、FRであり続けるよりもパッケージング優先でFF化されるのも自然な流れか。

BMW X1 sDrive18d BMW X1 sDrive18d リアコンビネーションランプ

新型X1は直3 1.5Lモデルもラインアップ、4WDだけでなく2WD(FF)モデルも用意

新型X1のボディサイズは全長4439mm×全幅1821mm×全高1621mm。ホイールベースは2670mmとなった。やはりFF化されたことが寸法にも表れており、先代モデル比でホイールベースはマイナス90mm、全長はマイナス15mmとコンパクト化しているが室内は広くなっている。

BMW X1 xDrive20d インテリア BMW X1 xDrive25i トランクルーム

一方で全幅は23mm、全高は76mmの拡大となった。昨今の新型クロスオーバーSUVモデルの多くは、全高が低くスポーティーになる傾向にあるが、新型X1に関しては居住性重視で背が高くなった。いわゆる普通のCセグメントSUVのサイズ感である。

駆動方式は4WDのxDrive、2WD(FF)のsDriveが設定され、パワートレイン別に8タイプが用意される。

(写真はBMW X1 xDrive25i)
BMW X1 xDrive25i エンジン
直4 2.0Lガソリンターボエンジン搭載モデルは、
xDrive25iが最高出力231ps/最大トルク35.7kgm、
xDrive20iが192ps/28.6kgm、
sDrive20iが192ps/28.6kgm。

直3 1.5Lガソリンターボエンジン搭載モデルは、
sDrive18iが138ps/22.0kgm。

(写真はBMW X1 sDrive18d)
BMW X1 sDrive18d エンジン

直4 2.0Lディーゼルターボエンジン搭載モデルは、
xDrive25dが231ps/45.9kgm、
xDrive20dが190ps/40.8kgm、
sDrive18dが150ps/33.7kgm。

(写真はBMW X1 Xdrive20d)
BMW X1 xDrive20d エンジン

直3 1.5Lディーゼルターボエンジン搭載モデルは、
sDrive16dが118ps/27.0kgmとなる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2011/01/27)

X1新型(BMW)の口コミ評価レポート

x1
BMW X1は、X3とX5の下位にあたるSUVスタイルの車だ。本格的な踏破性などのSUV特有の性能を磨いたというよりも、都会のオンロードでの使い勝手やプレミアム感が魅力だ。

X1は都市生活者のためのオシャレなSUV車

使いやすい全高が魅力

X1に設定された1545mmの全高は一般的なSUVカテゴリーの車種からは大きく外れる規格ではあるが、都会の立体駐車場でも止められるように考えられてある。オシャレにSUVテイストの車に乗りたい都市生活者をターゲットに開発されたのがよくわかる。
最近はミニバンが一般化してしまい、BMW1シリーズ等では室内の広さに不満を持つ顧客もいるだろう。しかし、X1であれば高めの全高による広い室内はアピールポイントになるはずだ。
着座位置も一般的なSUVよりも低く、乗り降りもしやすくユーザーからの口コミ評価が高い。
特に日本での使用を考えると、サイズ的にマッチする顧客も多く、ヒット車種になりそうだ。

後席とラゲッジルーム

後席は4:2:4の3分割可倒式が採用され、使い勝手も考慮されている点は評価が高い。前席だけでなく後席にもセンターアームレストが装備されている。ラゲッジ容量は5名乗車時で420L、2名乗車時は1350Lとなっている。ラゲッジルーム下には収納スペースを設けるなど、工夫も凝らされている。

直6エンジンも選択できる

今や希少になってしまった直6エンジンの設定があるのも、X1のアドバンテージとなっている。最近の6気筒エンジンは多くがV型になっているが、BMWは伝統の直6に拘りのある自動車メーカーだ。直6ならではのシルキーで艶のある回転フィーリングはクルマ好きにとって魅力的だ。

X1に内包されたBMW拘りのテクノロジー

口コミによる実燃費評価

まずカタログスペックの燃費性能だが、18iの10・15モード燃費が11.4km/L、JC08モード燃費が9.9km/Lとなっている。一方、25iについては10・15モードが10.8km/L、JC08モードで9.8km/Lとなっている。
ユーザーからの実燃費の口コミでは18iのモデルで7~10km/Lの報告が多い。一方、25iでは7~9km/Lの実燃費報告が多くなっている。

エンジンフィールが魅力的

グレードは大きく分けて2タイプ設定されている。
一つ目が、3.0L直6 DOHCエンジン搭載モデルで駆動方式は4WD、25iグレードと呼ばれるもの。二つ目が、2.0L直4 DOHCエンジン搭載モデルで駆動方式はRWD、sドライブ18iグレードである。
価格、プレミアム感、走行性能はもちろん25iのほうが上級となるが、18iもなかなかのものだ。18iは25iに対し150kgの軽量化がされており、前後の理想重量配分において勝っている。さらにノーズの軽さはハンドリングを気持ちよくさせてくれる。実際、25iと18iを乗り比べてみてもパワーの違いは大きく感じさせない。軽い車体による18iの加速性能はすばらしかったしコーナリングも気持ちいい。
4WDでなければならない人やどうしても直6が欲しいという人以外は、18iがおすすめという口コミが多い。
25iのプレミアム感のある重厚な乗り味を取るか、18iのスポーティーな走りを取るかは悩み所になるだろう。

BMWこだわりのメカニズム

X1はエクステリアの良さに注目が行きがちだが、BMW最新のテクノロジーも密かに採用されている。電子制御式4WDシステム(xドライブ)はDSCと連動しており、コーナー時は内輪にはブレーキを外輪には駆動力を与えてアンダーステアを打ち消すなどのドライブをサポートする。そのシステムの仕上がりもスムーズで違和感がないことは評価に値する。
トランスミッションはステップトロニック付の6ATである。
サスペンション形式は、フロントがストラット式、リアが5リンク式が採用されている。