car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フォルクスワーゲンがクロスup!を日本発売、194万円からの最小クロスオーバー

投稿日:

クロスup!はAセグメントのup!がベースのクロスオーバーSUV

フォルクスワーゲンからコンパクトクロスオーバーSUVのクロスup!が2015年8月18日に発売された。

(写真はVW・クロスup!、ジュネーブモーターショー2013)
クロスアップ

フォルクスワーゲン最小のAセグメントカーであるup!は、2012年に日本発売されたモデル。今回の販売期間3年となるタイミングで、派生モデルのクロスup!がラインアップに追加された。

cross up! クロスup!

クロスup!はベースのup!に対して最低地上高を10mm上げ、クロスオーバーSUVテイストの装飾品が装備されたモデルとなる。ボディサイズは全長3570mm×全幅1650mm×全高1520mm。up!との比較では全長が+25mm、全高が+25mmと寸法上は僅かに大きくなる。

クロスアップ 2013ジュネーブ

また日本の軽自動車との比較では、全長および全幅が一回りほど大きい。ただし、多くの軽自動車はパッケージングが優先された設計が取られており、室内空間としては同等に感じる。

cross up!日本仕様は直3 1.0L+5速ASG、欧州仕様は5速MTもラインアップされる

クロスup!の日本仕様に搭載されるパワートレインはup!と同じく、直3 1.0Lエンジンを採用。トランスミッションは5速ASGとなる。駆動方式はFFのみとなっており、あくまでクロスオーバー風モデルということになる。

パフォーマンス面では最高出力75ps、最大トルク9.7kgmというスペック。JC08モード燃費は25.2km/Lということで、up!の25.7km/Lから僅かに劣る。

クロスup!の車両価格は194万円に設定された。ベース車との比較ではmove up! 2ドアが154万8000円、move up! 4ドアが175万6000円ということで、クロスup!が割高な印象を受ける。特に日本市場では軽自動車クラスが充実しており、欧州Aセグメント車の販売は車両価格の面で難しくなりがちだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

フォルクスワーゲンがクロスup!を日本発売、194万円からの最小クロスオーバー

VW クロスup!の市販モデルがワールドプレミア、ジュネーブモーターショー2013

up!が10月1日より発売中、フォルクスワーゲンの新型コンパクトカー

フランクフルトモーターショーでVW アップ(up!)がデビュー(ルポ後継?)