car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期レクサスSCは2016年頃発売、アイシン10速AT搭載のソアラ後継高級クーペ

次期レクサスSCはV8 5.0Lエンジン搭載で車格アップ、2016年の発表に向けて開発中

2010年に生産が終了となったレクサスのラグジュアリークーペ、SCシリーズが2016年のフルモデルチェンジ復活を目指し開発中となっている。

(写真はLF-LCコンセプト)
レクサスSC後継 LF-LC

レクサスSCは日本市場ではソアラの車名で販売されてきた。既にその後継車種を予告するコンセプトカー、LF-LCが2012年の北米国際オートショーで公開されており市販化を待ち望む声は大きい。その実現まで、もう少し待つ必要がありそうである。

LF-LC レクサスSC 次期レクサスSC コンセプトLF-LC

次期レクサスSCへの搭載が予想されるパワーユニットは3タイプが考えられている。まずは、2014年10月の正式発表が予定されているRC Fに搭載される5.0LのV8ユニットである。旧IS Fのユニットの改良版でアトキンソンサイクルとオットーサイクルのスイッチングによって環境性能の向上が実現されている。

また同じ5.0LのV8エンジンでもレクサスLS600hで採用されているハイブリッドシステムをベースとしたものが流用されるという案もある。

(写真はレクサスLS600h)
LS600h

この他、エントリーグレードに搭載されるエンジンとして、V6 3.5Lハイブリッドが候補として考えられる。

ソアラ後継、次期レクサスSCはアイシン10速ATを搭載、車両価格も上昇

次期レクサスSCは、エンジンだけでなくトランスミッションも注目したいポイントである。次世代トランスミッションのアイシン製10速ATはレクサスSCへの搭載を念頭に置いたものであるという。トルクコンバーター式ATは多段化によって性能を高めてきており、遂に10速化が実現されることになる。

レクサスSCに想定される車両価格は1000万円程度から。前モデルのソアラは600万円台であったから価格は大幅にアップされることになる。そのためSCシリーズではなく別車名が与えられる可能性もあるだろう。

LF-LC 2012年公開 レクサスLF-LC

まずはハードトップの2ドアクーペモデルが2016年と予想される時期に発売され、さらに後追いで先代ソアラのようなオープンモデルの投入も計画されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

ソアラ

ソアラ

代表グレード

430SCV

430SCV ノーブルカラーエディション

発売日

2004年5月

2004年5月

型式

CBA-UZZ40

CBA-UZZ40

ボディ形状

2ドア オープン

2ドア オープン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

4515

4515

全幅(mm)

1825

1825

全高(mm)

1355

1355

ホイールベース(mm)

2620

2620

トレッド 前(mm)/後(mm)

1550/1530

1550/1530

室内長(mm)

1495

1495

室内幅(mm)

1500

1500

室内高(mm)

1085

1085

車両重量(kg)

1730

1730

エンジン型式

3UZ-FE

3UZ-FE

シリンダー配列

V型8気筒

V型8気筒

排気量(cc)

4292

4292

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

91.0×82.5

91.0×82.5

最高出力

280ps(206kW)/5600rpm

280ps(206kW)/5600rpm

最大トルク

43.8kg・m(430N・m)/3400rpm

43.8kg・m(430N・m)/3400rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

75

75

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

ダブルウイッシュボーン式

ダブルウイッシュボーン式

サスペンション(リア)

ダブルウイッシュボーン式

ダブルウイッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

245/40ZR18

245/40ZR18

タイヤサイズ(リア)

245/40ZR18

245/40ZR18

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

5AT

5AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

6,300,000円

6,615,000円

車名

ソアラ

ソアラ

代表グレード

2.5GT−T

2.5GT−T Lパッケージ装着車

発売日

1999年8月

1999年8月

型式

GF-JZZ30

GF-JZZ30

ボディ形状

2ドア クーペ

2ドア クーペ

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4900

4900

全幅(mm)

1805

1805

全高(mm)

1350

1350

ホイールベース(mm)

2690

2690

トレッド 前(mm)/後(mm)

1520/1520

1520/1520

室内長(mm)

1825

1825

室内幅(mm)

1490

1490

室内高(mm)

1110

1110

車両重量(kg)

1560

1600

エンジン型式

1JZ-GTE

1JZ-GTE

シリンダー配列

直列6気筒

直列6気筒

排気量(cc)

2491

2491

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

86.0×71.5

86.0×71.5

最高出力

280ps(206kW)/6200rpm

280ps(206kW)/6200rpm

最大トルク

38.5kg・m(377.6N・m)/2400rpm

38.5kg・m(377.6N・m)/2400rpm

圧縮比

9.0

9.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

78

78

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

ダブルウイッシュボーン式コイルバネ

ダブルウイッシュボーン式コイルバネ

サスペンション(リア)

ダブルウイッシュボーン式コイルバネ

ダブルウイッシュボーン式コイルバネ

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/55R16 94V

225/55R16 94V

タイヤサイズ(リア)

225/55R16 94V

225/55R16 94V

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

5MT

4AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

3,500,000円

4,130,000円

過去記事(2012/05/04)

レクサスSC後継が2015年に発売、北京モーターショー

レクサスSCのコンセプトカー、LF-LCが北京モーターショーで公開

レクサスLF-LCが北京モーターショーで公開された。本車両は既に2012年1月のデトロイトモーターショーでワールドプレミアを迎えていたものになる。
レクサスSC後継 LF-LC
LF-LC ソアラ後継
レクサスLF-LCは、レクサスSCのコンセプトカーと考えられており、リアシート2座を備えた2+2クーペスタイルの車種となる。トヨタ時代を遡れば、ソアラの実質的な後継車種ということになる。
レクサスLF-LC
ソアラ後継となった旧モデルのレクサスSCは、2010年には生産を終了しラインアップを外れているのだが、プレミアムクーペとして後継車種の復活を望む声は大きい。次期レクサスSCは、中国の富裕層をターゲットとし、さらに高級化されることになりそうだ。2015年頃の発売を目標に開発が行われている。
LF-LC リアビュー

次期レクサスSCは、新型GSをベースにしたプレミアムスポーツクーペ

LF-LCは、SC後継あるいはソアラ後継として、レクサスが提案したコンセプトカーということになる。
次期レクサスSCに採用されるプラットフォームは、今年2012年1月にデビューしたGSの新型プラットフォームがベースとなっている。駆動方式がFRであることやパワーユニットとして3.5L V6ハイブリッドを採用している点も新型GSと共通となる見込みだ。
LF-LC 2012年公開
次期SCは4WDモデル投入の可能性が高く、前輪の駆動はインホイールモーターを採用したモデルが検討中であるという。
さらに、他ラインアップとの差別化や、高級プレミアム化を目的に、オープンモデルになる可能性も考えられている。ソアラ最終モデルのような電動ハードトップを備えることも一つの案として残っているようだ。

過去記事(2012/01/09)

ソアラ(レクサスSC)が復活、LF-LCが公開、価格は1000万円以上?

既にソアラ後継とされるLF-LCの画像が公開

2012/1/9デトロイトで開催される北米国際自動車ショー(通称デトロイトモーターショー)にて、レクサスからLF-LCが公開される。
LF-LCは、レクサスSCあるいはソアラの実質的な後継車とされ、ソアラが復活するということで注目を集めている。
ソアラは2005年まで販売されたが、レクサスSCへブランド名と車名を変更。
そのレクサスSCも2010年から販売を停止していた。
ただ、次期モデルへの期待も大きく、2014年頃には後継車の発表があるのではとされていた。

ソアラ復活 LF-LC
LF-LC レクサスSC後継 LF-LC エアインテーク シート LF-LC 新型ソアラ LF-LC
写真は、デトロイトモーターショー直前に、トヨタが公開したLF-LC。
エクステリアデザインは未だコンセプトモデルの段階であることがわかる。
レクサスの象徴でもあるスピンドルグリルは、これまでのレクサス車には無かったほど強調され、グリルは攻撃的。
前後左右、四つのタイヤ前方部分の大きな切れ込み、エアインテークも印象的だ。
小さいもののリアシートが備えられ、これまでのソアラおよびSCの4人乗りクーペのスタイルはそのまま引き継がれていることがわかる。

レクサスSC後継のLF-LCは車格を大幅に上げてくる

ソアラ後継とされるLF-LC、これに採用されるエンジンは、現在のレクサスのラインアップを見ると、V6 3.5L ハイブリッドあるいは、V8 4.6Lが有力か。
これらのエンジンの採用であれば、車体価格は1000万円程度、あるいは1200万円程度になるのではという予測もある。
2010年に販売されたレクサスSCの最後の特別仕様車が750万円であったから、車格は大幅に上がることになる。

また、これらとは別にV10 5Lエンジンの採用も候補の一つとして考える予想もある。
V10 5Lエンジンは、生産台数の少ないLFAだけにしか搭載実績がなく、開発費用を回収できていない。
こういった問題を理由に、LF-LCにV10 5Lエンジンが採用される可能性を挙げている。
ただし、このエンジンを積むことによって、車体価格は2000万円を超えることに。
ソアラ後継ということであれば、世界で広く販売されることになるだろうから、2000万円はやや無理のある価格設定である。