car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

S63 AMGクーペ、Sクラスクーペ高性能バージョンのNY国際オートショーの画像

メルセデスS63 AMGが北米デビュー、Sクラスクーペにモンスターエンジン搭載

メルセデス・ベンツの高性能部門であるAMGは、今月4月にアメリカで開催されているニューヨークモーターショー2014で、新型『S63 AMGクーペ』を初公開した。

メルセデス S63 AMG

メルセデスベンツといえば、3月にスイスで行われたジュネーブモーターショー2014で新型『Sクラスクーペ』を初公開したばかりである。ただでさえ至高のラグジュアリーが追求された新型Sクラスに、AMGの技術によって驚異的な走行性能までもが加えられたということで、多いに注目を集めている。

メルセデス・ベンツ S63 AMG

S63AMGはV8 5.5L直噴ツインターボエンジンを搭載、0-100km/h加速3.9秒

メルセデスベンツ新型S63 AMGクーペに搭載されるエンジンは、V8 5.5Lの直噴ツインターボエンジン V8 BITURBO。その仕様は最大出力は585ps/5,500rpm、最大トルクがは91.8kgm/2,250-3,750rpmとなる。

参考にCL63 AMGとの比較では、最大出力は+41ps、最大トルクは+10.2kgmのパフォーマンスアップが盛り込まれておりAMGの技術力が発揮されている。

メルセデス・ベンツ Sクラスクーペ S63 AMG

駆動方式に依存するが、0-100km/h加速は3.9-4.3秒で、最高到達速度はもちろん250km/hのリミッター作動である。

メルセデス S63 クーペ AMG

メルセデスベンツ新型S63 AMGクーペのインテリアやエクステリアのデザインは文句のつけようのないラグジュアリーな出来だ。ボディはアルミニウムを使用し、軽量のリチウムイオン電池を採用するなどにより、ベース車よりも65kgの軽量化に成功したという点も興味深い。

この新型S63 AMG クーペは、2014年秋のアメリカ発売が見込まれている。日本導入時期、価格は未定。

#1 南 祐斗2018/06/21(Thu)21:26:03ID:lkY2RmMGjM
マイナーチェンジを した S クラス クーペ グレードは 5つ
S 450 4マチック クーペ
S 560 クーペ
S 560 4マチック クーペ
メルセデス AMG
S 63 4マチック + クーペ
S 65 クーペ
マイナーチェンジを した S クラス カブリオレ は グレードは 3つ
S 560 カブリオレ
メルセデス AMG
S 63 4マチック + カブリオレ
S 65 カブリオレ

名前(任意)
コメント

過去記事(2014/03/06)

メルセデス新型Sクラスクーペの市販モデルがジュネーブモーターショーで公開

メルセデスの新型Sクラスクーペが2014年内にも欧州発売、市販型発表

メルセデスベンツは開催中のジュネーブモーターショー2014で、Sクラスクーペをワールドプレミアした。メルセデスベンツ新型Sクラスクーペは、もともとフランクフルトモーターショー2013で出展されていたコンセプトSクラスクーペの市販モデルに対応し、2014年後半の欧州発売が計画されている。

S500 クーペ

このSクラスクーペは、現行のCLクラスの後継モデルにあたる側面も持っており、上級クーペとして興味を持つファンも多いはずだ。

Sクラスクーペ Sクラスクーペ ジュネーブモーターショー2014

S500クーペに搭載されるエンジンは4.7L V型8気筒ツインターボ

メルセデスベンツ新型Sクラスクーペのボディサイズは全長5027mm×全幅1899mm×全高1411mmで、ホイールベースは2945mm。ゆったりとした室内空間とラグジュアリーな雰囲気がマッチしている。

S CLASS クーペ 2014

エクステリアもやはりクーペならではの伸びやかなスタイリングに仕上がっている。また、オプションのスワロフスキークリスタルで飾られるヘッドランプに代表されるように、他のモデルとは一線を画すユニークさも持ち合わせる。

メルセデスベンツ Sクラスクーペ Sクラスクーペ インテリア

ドライビングシステムにおいては、コーナリング時に車体を遠心力に対応して傾けたり、15m前方までの道路状況をカメラで感知して四輪の油圧を個別に調節するマジック・ボディ・コントロールなど、メルセデスベンツ最先端の技術がふんだんに採用されている。

Sクラスクーペ ジュネーブ2014

新型S500クーペ 4マチックに搭載されるパワートレインは4.7LのV型8気筒ツインターボエンジンとなる。その最高出力は455ps、最大トルクは71.4kgmを発生する強力なユニットだ。

このSクラスクーペに次いで登場するであろうAMGモデルでは、より高出力なV8またはV12エンジンの搭載が予想されている。

過去記事(2013/10/01)

Sクラスクーペ、メルセデスがフランクフルトショーで発表したコンセプトカー

メルセデスベンツのSクラスクーペ コンセプト、フランクフルトモーターショー

Sクラス クーペ コンセプト

先月9月はフランクフルト国際モーターショー2013が行われた。なかでもメルセデスベンツは本国ドイツ開催というだけあって、最もプロモーションに力を入れていたブランドと感じた。会場東口に入ってすぐの2号館はグループブランドのAMGとスマートを含めた巨大なメルセデス棟となっていた。
その中で今回ワールドプレミアということでメインに位置付けられたモデルこそが、コンセプトSクラスクーペである。

メルセデスベンツ Sクラスクーペ コンセプト コンセプトSクラスクーペ

Sクラスクーペは市販化が確実視されるモデル、威圧感のあるフロントデザインが特徴

これまでSクラスを基本にしたクーペモデルといえば、CLクラスの中で販売されていたが、今後はSクラスクーペとして展開されるようである。既に2013年5月に新型が発売された6代目のSクラスに、Sクラスクーペがラインナップされることが見込まれており、コンセプトカーと言えど市販化が確実なモデルである。

ベンツ Sクラス クーペ 2013

コンセプトSクラスクーペの外観は、どこから見ても美しい絶妙なデザインバランスの流線型。特に、バンパーよりも前に突き出たフロントグリルが、メルセデスエンブレムとともに印象的なフロントフェイスを造り出している。ボディサイズは全長5050mm×全幅1958mm×全高1409mmで、ホイールベースが2945mm。インテリアには12.3インチの大型モニターを中心に据える。

Sクラス クーペ フランクフルトモーターショー2013

コンセプトSクラスクーペに搭載されるパワートレインは、4.6L V8気筒のツインターボチャージャーエンジン。最高出力455ps、最大トルク71.4kgmというパワフルな仕様である。インテリジェントドライブなどのメルセデスベンツの誇る最新鋭システムの搭載も決定している。
走行テスト中のプロトモデルも目撃されており市販化発表が待ち遠しい。