car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバル・プレオプラスが発売、JC08モード燃費30km/LのミライースOEM

プレオプラスとして、ミライースOEMが追加

スバルブランドから新しい軽自動車、プレオプラスが2012年12月21日より発売開始となる。

スバルは今年2012年2月に54年間の歴史を持つ軽自動車生産を終了しているわけだが、このプレオプラスはダイハツが生産するOEM車で車体はミライースと共通ということになる。ミライースのOEM車としては既にトヨタブランドからピクシスエポックとして販売されているが、ダイハツ、トヨタに加えスバルディーラーでもエンブレムが異なる同じ車体を購入することができるようになる。

プレオプラスはミライース譲りの燃費性能

プレオプラス最大のセールスポイントは、JC08モード30.0km/Lという燃費性能である。同クラス燃費ナンバーワンであるスズキ・アルトエコの30.2km/Lには、仕様上は及ばないのだが、ハイブリッドを除くガソリン車でトップクラスの燃費性能を誇る。主な燃費改善策としては、CVTの他、7km/h以下で動作するアイドリングストップシステムやオルタネータ回生制御が含まれる。
また、軽量化が徹底されており、全高は1500mmと控えめなボディサイズとなっている。いわゆる軽ワゴン車と呼ばれる居住性を重視したタイプの軽自動車ではないが、前席後席は大人4人が移動するのに十分な空間が確保されている。

価格やグレード体系は、本家のミライースに準じたものとなっており、79万5000円からの廉価グレードも用意される。
プレオプラスとしての販売台数は1000台/月を計画している。
プレオプラスはミライースOEM
プレオプラスはミライースと共通車体
写真はOEM元のミライース。
プレオプラスとの違いはメーカーエンブレムのみとなる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

プレオ

プレオ

代表グレード

Fスペシャル

発売日

2014年4月

2014年4月

型式

HBD-L275B

DBA-L275F

ボディ形状

3ドア 軽自動車

5ドア 軽自動車

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1530

1530

ホイールベース(mm)

2490

2490

トレッド 前(mm)/後(mm)

1310/1305

1310/1305

室内長(mm)

2000

室内幅(mm)

1350

室内高(mm)

1265

車両重量(kg)

710

750

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

58ps(43kW)/7200rpm

58ps(43kW)/7200rpm

最大トルク

6.6kg・m(65N・m)/4000rpm

6.6kg・m(65N・m)/4000rpm

圧縮比

10.8

10.8

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

24.2

24.2

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

145/80R13 75S

145/80R13

タイヤサイズ(リア)

145/80R13 75S

145/80R13

最小回転半径(m)

4.2

4.2

トランスミッション

5MT

5MT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

740,571円

884,572円

車名

プレオ

プレオ

代表グレード

L スペシャル

発売日

2011年7月

2011年7月

型式

DBA-L275F

DBA-L275F

ボディ形状

5ドア 軽自動車

5ドア 軽自動車

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1530

1530

ホイールベース(mm)

2490

2490

トレッド 前(mm)/後(mm)

1310/1305

1310/1305

室内長(mm)

2000

2000

室内幅(mm)

1350

1350

室内高(mm)

1265

1265

車両重量(kg)

780

740

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

58ps(43kW)/7200rpm

58ps(43kW)/7200rpm

最大トルク

6.6kg・m(65N・m)/4000rpm

6.6kg・m(65N・m)/4000rpm

圧縮比

10.8

10.8

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

145/80R13

145/80R13

タイヤサイズ(リア)

145/80R13

145/80R13

最小回転半径(m)

4.2

4.3

トランスミッション

CVT

5MT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

875,750円

965,750円

過去記事(2011/02/15)

プレオ初代(スバルRA1/RA2/RV1/RV2)中古車価格相場

初代プレオの中古車価格相場

初代プレオ概要

乗用グレードのプレオFは2007年に生産停止しており、それ以降は商用グレードのプレオAのみの設定となる。
初代プレオの型式はRA1/RA2/RV1/RV2の4種類で表記されている。
初代プレオは激安の軽セミトールワゴンとして中古車市場で流通している。

カーオークション相場落札結果の例(2010/12開催)

プレオ 2008年式 RV2 走行38,000km 評価点4.0 シルバー ¥390,000-
プレオ 2007年式 RV1 走行25,000km 評価点4.5 ホワイト ¥336,000-
プレオ 2006年式 RA2 走行23,000km 評価点5.0 シルバー ¥410,000-
プレオ 2005年式 RA1 走行32,000km 評価点4.0 ブラック ¥375,000-

初代プレオの長所、短所欠点

プレオ

外装、内装は商用車並

初代プレオは安い価格で取引されているが、装備もそれなりだ。
豪華なムーヴやワゴンRと比較すれば、初代プレオは乗用グレードですら商用車に感じてしまう。
デビュー直後は後席にヘッドレストのついたグレードが多く存在したが、10年落ち前後となっており、今から買う中古車としてはお薦めできない。
現在流通している高年式な中古プレオのほとんどは、商用車にありがちな背もたれの薄い後席を装備しており、ヘッドレストもない。また、その背もたれを倒しても荷室がフラットになることはない。
基本的に二人乗車でなければ苦痛であろう。
外装デザイン、インテリアも同年代のムーヴ、ワゴンRと比較したら、一昔古く感じる。

エンジン、乗り心地、ハンドリングは上質

初代プレオは4気筒のEN07エンジンを採用しているので、ムーヴ、ワゴンRと比べると、静粛で音質も聞こえが良い。
ただし、NAのSOHCエンジンはパワーが物足りなく感じる。マイルドチャージ、Super Chargerの過吸気を装備したもでるであれば、加速感に不満はない。
サスペンションとして4輪独立ストラットを採用している。車体剛性も軽自動車の割には良い。高速道路で運転しても車体が安定しており、コーナーリングでも不安感が少ない。
乗り心地もムーヴ、ワゴンRと比較して、初代プレオの方が良いという口コミが多い。

実燃費はそれなり

初代プレオは基本設計が古いだけあって、現在の軽自動車の基準で考えると燃費は良いとは言えない。
Super Charger付きのターボエンジンモデルでは9~11km/L程度の実燃費の口コミが多い。
NAエンジンモデルであれば、11~15km/Lの実燃費口コミが多く、比較的まだ低燃費と言えるだろう。

初代プレオはこんな人にお薦め

初代プレオは、二人乗車メインで、見た目は気にしないけど、乗り心地や操縦安定性はしっかりしてて欲しい人にお薦めできる。
外観や内装に関しても、中古車価格からすれば、これで十分と思える。
低燃費なNAエンジンモデルであれば、商用車としてもお薦めだ。

過去記事(2011/02/08)

キャロル(マツダ)他/軽セダンと軽SUVのOEM車

自動車メーカー各社はOEM車で軽自動車ラインアップをそろえてきた

自動車メーカー各社は現在の軽自動車人気を前々から予想していたのだろうか。
軽自動車生産から撤退したマツダやこれから撤退しようとするスバル、そして日産は、軽自動車をOEM供給を受けることでラインナップをそろえてきた。
今回のレポートは軽セダンと軽SUVのOEM車をまとめてみた。
ワゴンR、ムーヴをはじめとする軽トールワゴン車のOEM一覧も参考にしてもらいたい。

OEM先 OEM元 全高[mm]
マツダ キャロル スズキ アルト 1535
マツダ AZ-オフロード スズキ ジムニー 1680
マツダ スピアーノ スズキ 旧アルトラパン 1495
スバル プレオ ダイハツ ミラ 1540
スバル プレオカスタム ダイハツ ミラカスタム 1540
日産 オッティ 三菱 eKワゴン 1550
日産 オッティライダー 三菱 eKスポーツ 1550
日産 キックス 三菱 パジェロミニ 1635

キャロル

マツダ・キャロルはスズキアルトのOEM車だ。
初代のキャロル360からの名称を受け継いでいるが、1989年の再登場からはスズキとの提携で開発されている。
1998年の軽自動車規格改正以降は特にアルトとの変更点が無くなってきており、フロントグリルとマツダエンブレムぐらいの違いしかない。
エンジンはK6A型、サスペンションは前がマクファーソンストラット式、後がI.T.L.式となっている。

AZ-オフロード

マツダ・AZ-オフロードはスズキジムニーのOEM車だ。ジムニーは軽オフロードとしてはパジェロミニと並ぶほど有名だが、AZ-オフロードはマイナー車。中古車の流通台数も本家ジムニーのわずか1/20程度だ。

スピアーノ

マツダ・スピアーノはスズキの旧アルトラパンのOEM車だった。
現行の新型アルトラパンとはOEM提携をしておらず、マツダの現在のラインナップにはスピアーノは存在しない。
エンジンはK6A型のNAとターボの2タイプがある。サスペンションにはフロントがストラットリアがI.T.L式リジットアクスルが採用されている。

プレオ

スバル・プレオはダイハツミラのOEM車だ。
先代の初代プレオ(RA1/RA2/RV1/RV2)はセミトールワゴンとしてスバル独自で開発生産が行われていた。
2010年のフルモデルチェンジからはスバルでの生産は無くなりダイハツからOEM供給を受けミラと同一車となった。
ミラの上級グレードであるミラカスタムと同様に、プレオにも上級グレードのプレオカスタムがある。
エンジンはNAのKF-VE型とターボのKF-DET型、サスペンションは前がストラット式、後が:トーションビーム式となっている。

オッティ

日産・オッティは三菱ekワゴンのOEM車だ。
ekワゴンの上級グレードであるekスポーツに相当するものとしてオッティRiderが存在する。
ただし、オッティライダーはエクステリアを大幅に変更しており、オリジナルのekスポーツとは雰囲気が全く違う車だ。
ターボエンジン採用車はオッティライダーとekスポーツの上級グレードにしか設定されていない。
エンジンは3G83型、サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット、リアが3リンクコイル式だ。

キックス

日産・キックスは三菱パジェロミニのOEM車だ。
日産がOEM供給を受ける車種は、エクステリアの大幅変更を加え日産らしさを付加して、オリジナル車種との差別化を図ってきたが、このキックスに限って言えば、オリジナルのデザインと雰囲気を踏襲したものとなっている。
パジェロミニの中では中間グレードのみの供給だ。2WDや4WDの廉価グレードおよびプレミアムグレードに相当するものはキックスにはない。
エンジンは4A30型が採用されている。

OEM車の中古車相場の状況

OEM車はオリジナルに対して中古車価格が低くなるケースが多い。個別の車種について見てみよう。
比較には業者向けカーオークション相場を用いている。実際の店頭価格は少なくとも10万円程度は高くなるので注意していただきたい。

キャロルの中古車相場は健闘

キャロルの中古車価格はオリジナルのアルトとほとんど同水準で取引されている。走行距離や状態によるが3年落ちなら、35~55万ぐらいが主な価格帯だ。

スピアーノは人気薄

スピアーノはオリジナルのアルトラパンに対して、人気の差が大きく出た。スピアーノは4年落ちで35~45万程度に対しアルトラパンは50~60万程度の価格帯で取引されている。典型的なOEM車が不利な状況だ。

オッティ人気はオリジナルに勝った

三菱は不人気メーカーのため、中古車価格が低い傾向がある。供給を受けている日産、オリジナルの三菱ではどうなるのか。
3年落ち同士の結果で比較すると、ekワゴン45~55万円に対しオッティ50~60万円。僅差だがオッティの価格がオリジナルのekワゴンを越えてしまった。
三菱の企業イメージは相当深刻なようだ。
中古車の流通台数はekワゴンの方がやや多い。