car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ、ジュネーブモーターショー画像

パナメーラ スポーツツーリスモ、ポルシェから最速ワゴン車がデビュー

ポルシェは今月開催されたジュネーブモーターショー2017でパナメーラ スポーツツーリスモをワールドプレミアさせた。

(写真は新型パナメーラ スポーツツーリスモ)
パナメーラ ターボ スポーツ ツーリスモ

パナメーラ スポーツツーリスモのボディサイズは全長5049mm×全高1428mm×全幅1937mm、ホイールベースは2950mmとなる。通常パナメーラと全長とホイールベースは変わらない。

パナメーラ スポーツ ツーリスモ ターボ リアコンビネーションランプ パナメーラ ターボ スポーツ ツーリスモ フロントグリル

パナメーラ スポーツツーリスモ、リアシートは2+1人乗り、日本発売は2018年予想

パナメーラ スポーツツーリスモは最速ワゴンとも言われるが、緩やかな曲線を使ったルーフラインはプレミアムクラスで流行りのシューティングブレークといった方が適切だろう。

パナメーラ 4S スポーツ ツーリスモ フロントグリル ポルシェ パナメーラ スポーツ ツーリスモ リアコンビネーションランプ

通常パナメーラから大幅なボディスタイルの変更ではあるが、ラゲッジスペースは数値上は20Lの拡大にとどまり、520Lとなった。これは3分割リアシートを倒すことで、最大で1390Lとなる。リアシートは3人がけベンチシートとなっており、通常パナメーラから乗車定員が1名増やされている。

パナメーラ スポーツ ツーリスモ ジュネーブモーターショー2017 パナメーラ スポーツ ツーリスモ インテリア

リアスポイラーは電動式で、状況に応じて3段階で角度が変わり、高速域で最適なダウンフォースが得られるシステムとなっている。

パナメーラ 4S スポーツ ツーリスモ バックドア パナメーラ スポーツ ツーリスモ トランク

2017年秋の欧州発売の後、グローバルでは2018年の発売が見込まれている。日本市場に向けても価格は未定ながらも4タイプのパワートレインの導入が公表されている。パナメーラ4 スポーツツーリスモ(最高出力330ps)、パナメーラ4S スポーツツーリスモ(440ps)、パナメーラ4Eハイブリッド スポーツツーリスモ(システムトータル462ps)、パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(550ps)のラインアップとなる見込みだ。

#1 匿名さん2018/02/07(Wed)23:42:01
約1年前の記事。

この記事掲載時は、誰ひとりコメントしていなかったのね。

パアメーラのワゴン、欲しい。
こんなにボディが大きいのに、ラゲッジスペースが狭い!
ワゴン好きには究極の1台。
#2 匿名さん2018/03/05(Mon)17:59:36

名前(任意)
コメント

過去記事(2012/10/24)

パナメーラ スポーツツーリスモ、ポルシェのワゴン型プラグインハイブリッド

ポルシェが提案する次世代コンセプト、パナメーラ スポーツツーリスモPHV

パリモーターショー2012のポルシェ ブースで一際注目を浴びていたパナメーラ スポーツツーリスモを紹介しよう。
パナメーラ スポーツツーリスモ 2012
このパナメーラ スポーツツーリスモのテーマは、進化したPHVとしてのハイブリッドドライブとスポーティーボディコンセプトの融合ということで、ポルシェが次世代車で目指す方向性がよく示されたコンセプトカーと言える。
ポルシェ パナメーラ スポーツ ツーリスモ
まずパナメーラ スポーツツーリスモのエクステリアから見ていくと、インジケーターライトとポジションライトがCブレードと呼ばれるC形状のライティングユニットに内蔵されているところが新しい。ただしフロントラインはいかにもポルシェというスッキリした印象である。
側面ではドアミラーがついていないため、より洗練されたボディの形状が浮き出しにされている。サイドエアアウトレットに搭載されたドアミラーコックピットのディスプレイに画像を表示する2台のカメラがドアミラーの代わりをしている。
リアデザインは機能的なワゴン型ハッチバックでこれまでのポルシェにはない新しいスタイルを提案している。
ポルシェ ワゴン パナメーラ スポーツツーリスモ

パナメーラ スポーツツーリスモPHVは、スポーツカー離れした燃費性能

パナメーラ スポーツツーリスモの最も特徴的なところはやはりそのスペックだろう。最大出力333psを誇る3.0LV型6気筒スーパーチャージャーに加えて、電気モーター(最大出力95ps)を組み合わせて後輪を駆動し、総出力は416psという驚きの数値。通常走行時は電気モーターのみで走り、最高速度約130km/h、連続走行距離30km以上というモーター自体もパワフルなものを採用。リチウムイオンバッテリーの容量は9.4kWhと、プリウスPHVの倍以上の容量で、家庭用電源で2.5時間以内に充電できるということだ。
プラグインハイブリッドということで燃費も約29km/Lと、スポーツカーとは思えない性能を達成している。

パナメーラ スポーツツーリスモPHVの市販化時期について、具体的な予告は無かったのだが、今から発売を楽しみにしているファンも多いだろう。