car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ルノー新型ルーテシア、日本仕様にも0.9L 3気筒ターボの設定が欲しい

ルノーのルーテシアがフルモデルチェンジ

ルノーのコンパクトカー、新型ルーテシア(欧州名クリオ)を紹介しよう。
ルーテシア 2012
2012年7月にフルモデルチェンジが発表されていたこの4代目となるルーテシアは、マツダのコンセプトカーデザイン担当だったことで日本でもなじみ深いローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏が、ルノー入社後初めて手がけた作品ということで、そのデザインが一際注目されている。セクシーとスポーティーの2大テーマをデザインの主軸とし、コンパクトカーであるにもかかわらず高級志向の外観に仕上がっている。それもそのはず、ルノーはこの新型ルーテシアから「ルノー デザインルネッサンス」と称してコンセプトカーのデザインを大胆に取り入れる方針を打ち出しており、今回もフロントのブランドマークなどはコンセプトカー『DeZir』の影響を色濃く反映したものだ。
ルーテシア パリモーターショー2012
(写真はパリモーターショー)

新型ルーテシアに搭載されるエンジンは小排気量ターボ、ディーゼルが主力

新型ルーテシアのエンジンラインナップには、いずれもルノー新開発の3種類が用意されている。ベーシックは「Energy TCe 90」という0.9L 3気筒ターボで、最高出力90ps、最大トルク135Nm、燃費が約23.2km/L、CO2排出量は99g/kmと極めて良好なスペックだ。次の1.5Lディーゼルエンジン「Enegry dCi 90」は最高出力90ps、最大トルク220Nm、燃費は約31.3km/L、CO2排出量は83g/kmとさらなる環境性能のアップに成功している。極めつけは「TCe 120」で、1.2L 4気筒のガソリンエンジンながら最高出力120ps、低回転域でも最大トルク190Nmを発揮する。
ルノー ルーテシア 2012
TCe 120搭載ルーテシアは2013年前半には市場に登場する見込みだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/11/07)

クリオ ルノースポール 200ターボ、ルーテシア シリーズの最高峰モデル

クリオ ルノースポール 200ターボの魅力

ルノーがパリモーターショー2012で公開したスポーツモデル『クリオ ルノースポール 200ターボ』を紹介しよう。
クリオ RS
このモデルはクリオ(日本名ルーテシア)シリーズの最高峰モデルで、現販売モデルではメガーヌ、トゥインゴに続く、モータースポーツ部門であるルノースポールの名を冠した特別モデルとして注目を集めている。

ルノースポールは本社すぐ横のディエップ工場で生産されることもあって、モータースポーツで培ったその技術と経験を市販車に注入し、ブランド全体のイメージ向上にもつながっている本気度満点のシリーズなのだ。今回の新型モデルもスポーツテイスト抜群の仕上がりになっている。
ルーテシア RS 200
クリオ ルノースポール 200ターボ

新型 ルーテシア R.S.が持つターボチャージャーによる幅広いトルク域

クリオ ルノースポール 200ターボのエンジンは、新開発の1.6L直列4気筒ガソリンターボで、最大出力は200psという数値を引き出す。同じく発表された新型ルーテシアの上位モデルでも120psであることを考えれば、いかに高いスペックかが分かるだろう。最大トルクは24.5kgmだが、ターボチャージャーのおかげで1750-5600rpmという幅広い回転領域で最大トルク近くを発生し続ける。
新開発の「EDC」と呼ばれるトランスミッションは、6速デュアルクラッチのみで、このブランドでは初のパドルシフトが採用される。レースモードでは150msという瞬時のギアチェンジを可能にする優れものである。
他にもスポーツテイストの装備や外観のこだわりを満載する。
ルーテシア ルノースポール 200ターボ
クリオ ルノースポール 200ターボは、2013年初頭に欧州で発売が開始される。