car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ランサーエボリューションXが7月10日改良、絶版に向けてTC-SST車は最終モデル

ランエボは本モデルを以って終了、一部改良を受けてグレード整理へ

三菱のスポーツセダン、ランサーエボリューションXは、直接的な後継モデルが開発されておらず近い将来にカタログ落ちとなることが決定しているが、今回2014年7月10日付けで一部改良が発表された。

ランサーエボリューションX

改良点はドアミラーウインカーの装備、フロントドアトリムに装飾パーツの追加となり、ボディカラーのコズミックブルーマイカがライトニングブルーマイカへと変更される。

ランエボ ファイナル ランエボ ファイナルモデル

デュアルクラッチトランスミッションの6速TC-SST搭載車については、今回の改良モデルが2014年8月1日から販売される。その後、トランスミッション供給元との契約上の理由から、2015年3月で生産停止となる見込みだ。今回の改良型がファイナルモデルということで、「Twin Cluch SST FINAL」と記されたスカッフプレートとシリアルナンバー入りシフトパネルが装備される。

ランサーエボリューションX 最終モデル

GSRの5MT搭載車については、改良モデルが2014年7月10日から販売される。生産停止時期は未定ということで、しばらく販売が継続されるようだ。

ランエボX 5MTモデルは来年度以降も販売継続、RSは今秋に生産終了

絶版前ということでエンジンチューンによる出力アップなどパワートレインの改良も期待したいところであるが、エクステリアおよびインテリアの小変更のみで、特にファイナルモデルとなるTC-SST車は少々物足りない印象である。販売が継続されるGSR 5MTモデルに真のファイナルモデルがあるのではと期待を持ちたい。

ランサーエボリューションX RS

なお競技ベース車のRSは改良を受けず2014年9月で生産終了となる見込みだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2014/04/09)

ランサーエボリューション販売終了、最終モデルとなる特別仕様車が秋に発売

ランサーエボリューション販売終了、後継車としてPHEVスポーツセダンが計画中

2014年3月下旬に、三菱・ランサーエボリューションの生産終了が報道された。

(写真は現行ランサーエボリューションX)
ランサーエボリューションX MR 米国仕様

ランサーエボリューションは1992年発売の初代モデルから通算10代に渡って販売されてきた。現行モデルを以ってシリーズは終了するわけだが、パワートレインとしてPHEVを採用した新規スポーツセダンが計画中となっており、これが実質的な後継モデルとして投入される可能性も残されている。

ランサーエボリューションX USA ランエボX

ランサーエボリューションの最後を締めくくる特別仕様車が秋にも発売される見込み

ランサーエボリューションの具体的な販売終了時期は未定となっており、現行モデルの販売はまだしばらく続くことになる。そして、最終バージョンとなるであろう特別仕様車が2014年秋にも登場する見込みとなっている。

ランエボX 三菱

そのヒントになるモデルが英国で発表された。次の写真は三菱自動車が英国進出40周年のアニバーサリーモデルとして限定40台で発売したランエボX FQ-440MRである。

ランエボX FQ-440MR

ランエボX FQ-440MRの価格は5万ポンド(約857万円)ながらも発売開始わずか1時間で完売したという。

エンジン周りはHKS製のターボチャージャーが備わり、吸排気および制御系統も専用のチューニングが加えられた。その最高出力は440ps、最大トルクは57.0kgmに達する。足回りはBBS18インチ、アイバッハスプリング、alconブレーキなどハイグレードパーツが備わる。

日本で発売される特別仕様車はここまでのパフォーマンス仕様とはならないだろうが、もう少し手の届きやすい価格帯で提供されるのではと考える。