car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

コンパクトカークラスの燃費比較(6位~10位)

まだまだある!燃費の良いコンパクトカー2ページ目

コンパクトカー実用燃費1位~5位はこちら
コンパクトカー実用燃費11位~はこちら

6位:ヴィッツ 実用燃費16.36km/L

ヴィッツ
10・15モード走行燃費26.5km/Lは、ハイブリッド車を除くコンパクトカーで最高の値を公称している。
ただし、実燃費では6位の結果となった。
トヨタ車は燃費が良いというイメージがあるが、実際はカタログ燃費の数値に過ぎず、実燃費では他メーカーと同レベルだ。
コスト高のアイドリングストップシステムは実用では期待するほどの効果を出していない。

7位:イスト 実用燃費15.94km/L

イスト
イストは全幅1725mmと少し大き目の3ナンバーコンパクトカーだ。
1.5Lエンジンで、やや基本設計の古い車種のため、10・15モード走行燃費は18.6km/Lと控えめの値。
ただし、実燃費ではヴィッツに迫る結果を出している。

8位:スイフト 実用燃費15.58km/L

スイフト
ハンドリングの楽しさと走りの良さで人気の高いスイフトも十分な燃費性能を持つ。
ハンドリングの良い車は、転がり抵抗が比較的大きくなることが多いが、スイフトに関しては、実燃費の良さも兼ね備えている。
ライバル車と比較すれば、後席が少し狭いという欠点がある。

9位:パッソ 実用燃費15.37km/L

パッソ
コンパクトカー勢の中では1.0Lという比較的小さなエンジンがメインのパッソは、やや実燃費性能で力を発揮できなかった。
燃費という意味では、1.2~1.3Lぐらいがベストなエンジン排気量と言えるのかもしれない。
ただし、実燃費で15km/L以上の数値は十分に燃費の良い車として通用する。

10位:コルト、コルトプラス 実用燃費14.31km/L

コルト
このあたりまでは、燃費の良いコンパクトカーとして通用する範囲。
ここまでホンダ、マツダ、日産、トヨタ、スズキの各車がランクインしてきたが、ここでようやく三菱車の登場だ。
コルトシリーズは不人気であったが、コンパクトカーとしてのクオリティは高く、非常に良くできた車である。

コンパクトカー実燃費 6位~10位まとめ

最近の車種は、10・15モード走行燃費の数値が実用燃費とかけ離れたものが多いので、過度の期待は禁物。
トランスミッションにCVTを使っている車種なら、少々古くても最新モデルの実燃費とほとんど変わらない。
6位~10位においてもアイドリングストップが燃費削減という意味では、大して効果の無いコスト高のシステムであることがよくわかる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

イスト

イスト

代表グレード

150X Cパッケージ

150X

発売日

2014年4月

2014年4月

型式

DBA-NCP110

DBA-NCP110

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

3930

3930

全幅(mm)

1725

1725

全高(mm)

1525

1525

ホイールベース(mm)

2460

2460

トレッド 前(mm)/後(mm)

1485/1490

1485/1490

室内長(mm)

1870

1870

室内幅(mm)

1400

1400

室内高(mm)

1240

1240

車両重量(kg)

1150

1150

エンジン型式

1NZ-FE

1NZ-FE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.7

75.0×84.7

最高出力

109ps(80kW)/6000rpm

109ps(80kW)/6000rpm

最大トルク

14.1kg・m(138N・m)/4400rpm

14.1kg・m(138N・m)/4400rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

42

42

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

17.2

17.2

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

195/60R16

195/60R16

タイヤサイズ(リア)

195/60R16

195/60R16

最小回転半径(m)

5.5

5.5

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,681,714円

1,825,714円

車名

イスト

イスト

代表グレード

150G

150X スペシャルエディション

発売日

2014年4月

2009年10月

型式

DBA-NCP110

DBA-NCP110

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

3930

3930

全幅(mm)

1725

1725

全高(mm)

1525

1525

ホイールベース(mm)

2460

2460

トレッド 前(mm)/後(mm)

1485/1490

1485/1490

室内長(mm)

1870

1870

室内幅(mm)

1400

1400

室内高(mm)

1240

1240

車両重量(kg)

1150

1150

エンジン型式

1NZ-FE

1NZ-FE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.7

75.0×84.7

最高出力

109ps(80kW)/6000rpm

109ps(80kW)/6000rpm

最大トルク

14.1kg・m(138N・m)/4400rpm

14.1kg・m(138N・m)/4400rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

42

42

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

17.2

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

195/60R16

195/60R16

タイヤサイズ(リア)

195/60R16

195/60R16

最小回転半径(m)

5.5

5.5

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,938,857円

1,722,000円

過去記事(2011/01/05)

トヨタ新型イスト(二代目)110型の評判と実燃費

トヨタ二世代イストは北米仕様のサイオンxDの国内モデルである。コンパクトカーとSUVの間をつなぐクロスオーバーのカテゴリーから登場した先代イストからフルモデルチェンジを果たしP110型として2007年デビューした。
先代のイストは大ヒットモデルとなったが、二代目はサイズと価格がワンランク上がり、販売台数的にはやや落ち着いたものとなっている。
二代目ヴィッツのプラットフォームを採用し、ホイールベースはそのままで幅を広くしたものを使っている。
少々頼りなかったヴィッツの土台の上にさらに大きなSUV風の車体が載ったことによる乗り心地、運転のしやすさはどんなものかレポートしてみる。

トヨタ新型イストの長所

ラゲッジスペースはやや大きめ

荷室の容量はこのクラスの中で大きい方である。後席もスライドできるので、人も荷物もたくさん積載することができる。SUV風といっても大きく見えるだけで、実際コンパクトカーのサイズであることを考えると良く出来ている。

トヨタ新型イストの短所、欠点、弱点

乗り心地はいまいちかも?

やはりヴィッツのベースに大きなSUV風の車体を載せて、さらにタイヤは16インチとくれば乗り心地ははっきりいって悪い。足回りはヴィッツに比べるとやや硬めセッティングされているが、ハンドリングはドライブを楽しめるレベルではない。もちろん普通に運転できるし、道具と割り切れば何ら困る事はない。

シートは

やや高い価格設定のわりには、標準的なコンパクトカーのシートである。ただ、前席のサイズはやや大きめに作られている。
後席は座面長が短めでクッションも薄く、ロングドライブは若者でなければつらいだろう。空間的な広さは十分であり、コンパクトカーにありがちな閉塞感はない。停車しているときの居住性は文句ないだろう。

新型イストの実燃費(110型)

1.5,CVT,FFの条件では12~16km/Lの報告が多いです。1.5,CVT,4WDの条件では少々悪化し、10~12km/L程度の報告が多いです。

カーオークション中古車相場結果

イスト1.5Lエンジン1NZ-FE搭載モデル

すべて、2010年10~11月の落札結果で2年落ち中古車となる。
イスト 150G 2007年式 NCP110 ブラウン 評価4.0点 49,000km … ¥1,090,000-
イスト 150G 2007年式 NCP110 グレー 評価4.0点 22,000km … ¥1,178,000-
イスト 150G 2007年式 NCP110 パープル 評価4.0点 22,000km … ¥1,075,000-
イスト 150X 2007年式 NCP110 ブラック 評価4.0点 42,000km … ¥928,000-
イスト 150X 2007年式 NCP110 ホワイトパール 評価4.5点 35,000km … ¥873,000-
タマ数は多めであり、ボディ色、グレードもある程度選べます。

イスト1.8Lエンジン2ZR-FE搭載モデル

2010年10~11月の落札結果です。
イスト 180G 2007年式 ZSP110 グレー 評価4.5点 20,000km … ¥1,004,000-
イスト 180X 2008年式 ZSP110 シルバー 評価5.0点 24,000km … ¥920,000-
タマ数は少なめです。1.8Lエンジンですが人気薄のため1.5Lモデルより低めか同じぐらいの相場です。
多人数乗車の機会が多い場合は1.8Lがお奨めです。

トヨタ二代目イストの故障、トラブル、メンテテンス

エンジンは1NZ-FE,2ZR-FEの二種類

先代の1.3リッターエンジンは廃止となっている。
まず1NZ-FE,DOHC,1.5LエンジンはCVTの組み合わせであり燃料消費率が最も優れている。タイミングベルト交換不要のタイミングチェーン採用エンジンであり、メンテナンス費用を抑えることができる。
そして、デュアルVVT-i装備の2ZR-FE、1.8Lエンジンは4ATとの組み合わせとなる。2ZR-FEもタイミングチェーンが使われており、後々の修理交換の出費の心配が少ない。
4WD車は電子制御カップリングを使うアクティブコントロール4WDを採用しているので、簡単にFFへの切替が可能だ。燃費を気にするユーザーも満足できる。