car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

メルセデスベンツ・Gクラス一部改良型を発表、全モデルでパフォーマンスアップ

Gクラス中核のG550は、新開発M176エンジン搭載で最高出力422ps

メルセデスベンツのフラグシップクロスカントリーモデル、Gクラスが一部改良され大阪モーターショー2015で発表された。

(写真は新型Gクラス)
Gクラス一部改良 メルセデスベンツ日本 上野金太郎社長

Gクラス日本仕様は4モデルがラインアップされ、今回の一部改良ではそのいずれもがパフォーマンスアップを果たした。

新型Gクラス

まずは、G350dとしてV6 3.0L直噴ディーゼルターボエンジン搭載モデルは最高出力245ps(一部改良前から+34ps)、最大トルク600Nm(同+60Nm)のスペックとなった。車両価格は1070万円からとなる。

G550エンジン

中核モデルのG550は新開発のM176エンジンを搭載。このユニットはメルセデスAMG GTあるいはメルセデスAMG C 63に搭載されてきたAMG V8 4.0L直噴ツインターボエンジンをベースに開発されたものである。そのパフォーマンスは最高出力422ps(一部改良前から+34ps)、最大トルク610Nm(同+80Nm)となる。2基のターボチャージャーをV型エンジンのバンク内側に設置するホットインサイドVレイアウトの採用により小型化と吸気経路の最適化が施されている。フリクション低減策ではシリンダー内壁にスチールカーボン材をコーティングするナノスライド摩擦低減加工を採用するなど最新技術が盛り込まれた。

サスペンションでは、ボタン操作により「C」コンフォートと「S」スポーツの2タイプの切り替えが可能な電子制御式油圧アダプティブダンピングシステムが採用される。

車両価格は1470万円から。限定50台の特別外装色、G550エメラルドブラックリミテッドも設定され、こちらは1490万円からとなる。

メルセデスベンツGクラス

メルセデスAMG Gもパフォーマンスアップ、車両価格1900万円から

AMGモデルについては、メルセデスAMG G 63がV8 5.5L直噴ツインターボエンジン搭載で最高出力571ps(一部改良前から+27ps)となる。車両価格は1900万円から。

Gクラス 大阪モーターショー2015

最上級のメルセデスAMG G 65はV12 6.0L ツインターボエンジンが搭載され、最高出力630ps(一部改良前から+18ps)となる。車両価格は3470万円から。

以上、車両価格はいずれも消費税込である。

#1 匿名さん2018/05/01(Tue)10:10:45ID:JhYzkxZGmO
同僚がV8乗っている。俺は軽だけど。

名前(任意)
コメント

過去記事(2012/08/03)

ベンツ Gクラスがモデルチェンジ、V12ターボ搭載3250万円のG65AMGが追加

GクラスにG550、G63AMG、G65AMGの3タイプがラインアップ

メルセデスベンツGクラス日本仕様がモデルチェンジを受け、2012年8月2日に発売開始された。
新型Gクラスのラインアップは、従来の「G550」、「G63AMG」に加えて、新たに「G65AMG」を設定。

「G65AMG」は新開発のツインターボチャージャー付6.0L V型12気筒エンジン搭載で、最高出力は612PS、最大トルクは1000Nmを発揮。モンスターエンジンを備えた最上級モデルとなっており価格は3250万円からとなる。顧客から要望のあったV12エンジングレードが実現した。

「G550」は5.5L DOHC V型8気筒エンジンを搭載。最高出力は387PS、最大トルクは530Nmで、価格は1340万円から。
続いて「G63AMG」はツインターボ搭載の5.5L V8直噴エンジンを採用。最高出力は544PS、最大トルクは760Nmで価格は1780万円からとなる。

(写真はG63AMG)
G63AMG

Gクラスは新デザインに、従来グレードの価格は変わらず

新型Gクラス「G550」と「G63AMG」は従来モデルと変わらない価格が維持された。メルセデス・ベンツ日本のニコラス・スピークス社長は「値上がりはしないよう努力した」と言うが、この異常なほどの円高ユーロ安の中でも値下げに応じない、強気なプライスというのが実質的なところだろう。

インテリア、エクステリアはともに新デザインの採用となるが、Gクラスならではのスクウェアボディはもちろんキープコンセプト。一方で、ヘッドライト内にLEDポジションマークを設けるなど、トレンドを取り入れた装飾も採用されている。