car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサス新型ES300h、カメラ式サイドミラーを量産車初採用

10月発売の新型ES300hにデジタルアウターミラー装備

10月下旬の日本発売が予告されているレクサス新型ESシリーズ。これには量産車として初のデジタルアウターミラーが採用されることになる。

(写真はレクサス新型ESシリーズ)
デジタルアウターミラー

メーカーを問わず、何かしらのコンセプトカーが出される度に話題に上がっていたのが細く小さいドアミラー。あんな小さなミラーでは後方確認ができないなどとケチをつけられていた小型ドアミラーであるが、これがいよいよ市販モデルとして実用化されることになる。外部ミラーはデジタルカメラに置き換わり、その映像は車内Aピラー両サイドのモニター画面に映し出される。

カメラ式ドアミラー

左右指示器を出した場合、あるいはリバースギアを選択したときには、これらに応じて最適な視野域の情報に切り替わる。さらに、小さくなったドアミラーは左右前方の死角を減らすことにも貢献し、ドアミラーによって隠されていた歩行者の目視が可能となる。雨天や夜間における、視野の悪い状況も大きく改善されることになる。

モニター式サイドミラー

カメラ式ドアミラーは自動車史において一つの区切りとなる

デジタルアウターミラーにより安全性が高まることは言うまでもない。ただ、従来の大型ドアミラーを備え付けた車体と比較して、エクステリアのクオリティが大幅に向上することも敢えて言及しておきたい。

ES300h ドアミラー ES300h日本仕様

まずは、ESシリーズからの導入となるデジタルアウターミラーであるが、この程度の技術はメーカー問わずほとんどの市販モデルにまで普及するのは時間の問題だろう。かつてフェンダーミラーからドアミラーへと移り変わったのと同様に、見た目で大きく新旧の差がつく装備は自動車の歴史において一つの区切りとなる。クルマの買い替えも促進されそうだ。

#1 匿名さん2018/09/30(Sun)21:43:47ID:IzMGMzNTDY
これってカメラ本体とかモニターが壊れたらどうすんの?
#2 匿名さん2018/09/30(Sun)21:49:27ID:RmNWIwYjmN
ドライバーの能力が低下する一方
#3 匿名さん2018/09/30(Sun)22:08:14ID:UxMmMzODGM
安全性が高まるって本気ですか?
車線変更する前の確認をしていない人ですね。
#4 匿名さん2018/09/30(Sun)23:02:49ID:JiZWM1MWzM
エンジン切ってる時は映らないって事?
ちょっと不便かも
#5 匿名さん2018/09/30(Sun)23:43:46ID:U2MWQ3OGTN
カッコ悪い
#6 匿名さん2018/10/01(Mon)01:28:24ID:BhZjcwMzDZ
ユーザー側の慣れが必要だから最初は違和感ない位置に付けたんだろうね、段階的に啓蒙していく感じ、素晴らしい第一歩だと思う
#7 匿名さん2018/10/01(Mon)01:36:55ID:FiYzkxZTTN
今後、アウターミラーのデザインがどう洗練されていくのか楽しみ
#6が言う通り、今後は「ドアマウント」ではない位置にカメラを搭載するんだろね
このあたりの技術が、欧州車に遅れをとらなかったのはたいしたもの
レクサスもたまにはやるじゃん、って感じ
#8 匿名さん2018/10/01(Mon)12:43:35ID:czZDRjY2zO
次は有線ファンネルだな
#9 匿名さん2018/10/01(Mon)12:52:32ID:FiYzkxZTTN
#8
「ファンネル」は無線誘導だろ?
#10 匿名さん2018/10/01(Mon)13:10:12ID:Q5NDQ1NjWO
いやいやフェンダーにうめこみゃ良いやん
#11 匿名さん2018/10/02(Tue)01:22:18ID:EyYjU3ZjzM
50万くらいしそう。
LSなら付ける金持ち多いだろうけどESじゃなあ、、、。
#12 匿名さん2018/10/02(Tue)05:41:45ID:gyZTVjZTmN
マウントを含め何故ボディーと同色にしないんだろう
#13 匿名さん2018/10/02(Tue)21:13:24ID:E5MDQzOTDN
12は勉強不足かも。
最近は、ドアミラーをボディ同色にしないのが、世界的なトレンドでし。
#14 匿名さん2018/10/03(Wed)02:02:40ID:lhOTEwOTTY
ぶつけて壊した際の補修費バカ高そう
#15 匿名さん2018/10/03(Wed)10:56:26ID:RmMmUwOWjY
このデジタルアウターミラーはESではオプション装備なんでしょ?
標準装備は通常のミラーだということをなぜ書かないんだ
#16 サーフィス2018/10/04(Thu)22:33:18ID:FhNmNmNzjO
フェンダーの部分左右にはフェンダー液晶モニターが有っても良いと思います。

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/07/28)

レクサス新型ES300hが10月24日発売予定、FFビッグセダンを日本導入

新型ES300hが10月発売予定、カムリの2.5Lハイブリッド搭載

レクサスはグローバルで販売してきたESシリーズのフルモデルチェンジを2018年春の北京モーターショーで発表していた。ESシリーズは本モデルから日本販売されることになり、その発売日が2018年10月24日に予定されている。

(写真は新型ESシリーズ)
ES300h

レクサスES300hはFFプラットフォームならではの広いキャビンが特徴

新型ES日本仕様のパワートレイン選択肢はES300hの直4 2.5Lハイブリッドのみとなる。グローバルではV6 3.5Lガソリン、2.5Lガソリン、2.0Lガソリンが用意されるが、これらは日本仕様には導入されない。

TNGA THS2 ハイブリッド

ハイブリッドパワートレインと同じくプラットフォームもトヨタ・カムリがベースとなる。ボディサイズは全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mm、ホイールベースは2870mm。室内空間の広さがFFプラットフォームのメリットである。レクサスのセダンモデルのなかで新型ESの室内が最も広くなり、フラグシップセダンのLSシリーズを上回る。

ES300h フロントグリル ES300h トランク

LSよりもリーズナブルな価格帯、ラグジャリーで広い室内、最新のハイブリッドパワートレイン採用となればそれなりの商品力となりそう。

ES300h インテリア ES300h リアコンビネーションランプ

一方でボディサイズの近かったFRセダンのGSシリーズが終了するのではという予想もあったが現行型の販売は継続される。次期GSも開発中で、日本仕様も上位パワートレインのみ用意される見込み。

過去記事(2018/05/14)

レクサス新型ES300hの発売は10月、FFセダンを日本に新規導入

新型ESシリーズが日本でも販売される予定、今秋発売

レクサスが新型ES300hを2018年10月に日本向けに発売する見通しとなっている。

(写真は新型ES300h)
ES300h

フルモデルチェンジを受けた新型ESシリーズは、先月に開催された北京モーターショー2018でワールドプレミアを迎えていた。北米販売されるモデルを含めると、ES350のV6 3.5Lガソリン、ES300hの直4 2.5Lハイブリッド、ES250およびES260の直4 2.5Lガソリン、ES200の直4 2.0L ガソリンと多彩なパワートレインラインアップとなっている。

ES300h レクサス ES300h リアコンビネーションランプ

このうち日本市場への導入が計画されているのがES300hである。トヨタ・カムリとタイプが同じハイブリッドシステムであるが、ES向けの専用チューンを受けてパフォーマンスアップされる見込み。

ES300h フロントグリル ES300h トランク

ES300hをEセグメントの主力に、次期GSは日本向けラインアップを大幅縮小

新型ESシリーズのボディサイズは全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mm、ホイールベースは2870mm。パッケージングで有利なFFプラットフォームを採用しており、広々としたラグジュアリーセダンという位置づけとなる。

ES300h インテリア ES300h シート

これまで日本市場でのESシリーズの販売実績は無いが、ボディサイズの近いものではFRプラットフォームのGSシリーズがあった。現行GSシリーズは2012年発売のモデル末期で、こちらもフルモデルチェンジが近づいている。ただし、日本市場向けの販売はV8 5.0Lエンジン搭載のGS Fのみに絞られ、主力グレードは販売されない可能性がある。このポジションを実質的に引き継ぐのがFFの新型ES300hということになるだろう。

過去記事(2018/04/20)

レクサスESのフルモデルチェンジ発表予告、北京モーターショー2018

レクサス新型ES、プレミアムFFセダンが中国で一新

レクサスはESシリーズをフルモデルチェンジさせ、4月25日にプレスデーを迎える北京モーターショー2018で新型をワールドプレミアさせる。

(写真は新型レクサスES)
レクサスES

ESシリーズはこれまで、日本のレクサスの正規販売モデルとしてラインアップされた実績が無く、馴染みの薄い車種に感じるが、それでもかつてはウィンダムの車名でトヨタブランドから販売されてきた時期がある。プラットフォームはカムリと共用された大型FFセダンで、ウィンダムはさらに高級モデルとしてポジショニングされていた。

ただし、そのウィンダムも2006年に日本販売が終わっている。日本はプレミアムな大型FFセダンというカテゴリが根付きにくい市場環境にあるが、大きなセダンが好まれる北米と中国では重要なモデルとしてこれまでラインアップされてきた。今回フルモデルチェンジ発表の場所が北京に選ばれたのも、そんな市場の好みに合わせた結果と考える。

レクサスES リアコンビネーションランプ

新型ESのスピンドルグリルのデザインが美しい、日本発売の可能性有り

新型ESシリーズのボディサイズや搭載されるエンジンなど詳細な仕様については発表日を待つことになるが、エクステリアについては前もって情報が提供された。

レクサスES フロントグリル

フロントのスピンドルグリルは最新タイプを採用。グリル内の装飾も外枠の糸巻き形状に合わせた凝ったデザインとなっている。

レクサスES ヘッドランプ

ヘッドランプではL型のLEDデイタイムランプでブランドの共通イメージが踏襲される。

レクサスES 北京モーターショー2018 レクサスES 北京モーターショー

サイドからのボディシルエットでは、ルーフ後半がファストバック調になっているのがわかる。

(写真は従来型レクサスES 6代目モデル初期型)
レクサス ES 6th

レクサスはこれまでにHSシリーズとしてFFセダンを国内向けに売ってきたが2017年に販売を終了させている。後継モデルが特に設定されていないことから、新型ESが2018年秋頃に日本導入されるという噂もある。