car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサス新型ES300hの発売は10月、FFセダンを日本に新規導入

新型ESシリーズが日本でも販売される予定、今秋発売

レクサスが新型ES300hを2018年10月に日本向けに発売する見通しとなっている。

(写真は新型ES300h)
ES300h

フルモデルチェンジを受けた新型ESシリーズは、先月に開催された北京モーターショー2018でワールドプレミアを迎えていた。北米販売されるモデルを含めると、ES350のV6 3.5Lガソリン、ES300hの直4 2.5Lハイブリッド、ES250およびES260の直4 2.5Lガソリン、ES200の直4 2.0L ガソリンと多彩なパワートレインラインアップとなっている。

ES300h レクサス ES300h リアコンビネーションランプ

このうち日本市場への導入が計画されているのがES300hである。トヨタ・カムリとタイプが同じハイブリッドシステムであるが、ES向けの専用チューンを受けてパフォーマンスアップされる見込み。

ES300h フロントグリル ES300h トランク

ES300hをEセグメントの主力に、次期GSは日本向けラインアップを大幅縮小

新型ESシリーズのボディサイズは全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mm、ホイールベースは2870mm。パッケージングで有利なFFプラットフォームを採用しており、広々としたラグジュアリーセダンという位置づけとなる。

ES300h インテリア ES300h シート

これまで日本市場でのESシリーズの販売実績は無いが、ボディサイズの近いものではFRプラットフォームのGSシリーズがあった。現行GSシリーズは2012年発売のモデル末期で、こちらもフルモデルチェンジが近づいている。ただし、日本市場向けの販売はV8 5.0Lエンジン搭載のGS Fのみに絞られ、主力グレードは販売されない可能性がある。このポジションを実質的に引き継ぐのがFFの新型ES300hということになるだろう。

#1 匿名さん2018/05/14(Mon)19:54:13ID:ViNTA5YT2O
GSが売れてないのにESを国内投入する意味はあるんだろうか
#2 匿名さん2018/05/14(Mon)20:18:40ID:YxZDYxOWjZ
GSが売れてないから、ESに変えるんだろ
日本はコスパ良いクラウンがあるからなぁ
#3 匿名さん2018/05/14(Mon)22:04:36ID:QzMTY2MTzY
相変わらずの顔面集中デザイン
#4 匿名さん2018/05/14(Mon)22:25:54ID:ViYzk3ZW2Z
当初はスピンドルグリルも賛否両論あったが、次第に慣れてきたらもう少しアグレッシブでもいい気がするわ。
価格設定が気になるね。ISくらいならいい線いくんじゃね。GSくらいだと厳しいかな。
#5 匿名さん2018/05/14(Mon)23:24:38ID:c1YmM0MmmM
巨大なボディに、FFのみ、と
いう、トレンドに逆行するクルマ
アメリカ、中国では受けても、
新たに投入される日本と欧州では
あまり売れない、という、個人の感想
#6 匿名さん2018/05/15(Tue)00:56:16ID:cyYjE1NjGN
トヨタが一番得意な車体だからね
HVと新しいe-fourはライバルと比べてもかなりの商品力だと思う
#7 匿名さん2018/05/15(Tue)07:17:55ID:RhNGVlMGGM
否定しか出来ない連中も居るが、LSがロングボディだけになった結果、ESの存在意義は十分あるだろう。

所詮、レクサスがどんな車を作っても否定しかしない連中は顧客ではない。
#8 匿名さん2018/05/15(Tue)19:25:57ID:RhYzVmN2mM
5
欧州車マンセーのウス馬鹿意見はスルーww
#9 匿名さん2018/05/15(Tue)21:05:14ID:Y4YmI0ZmWZ
でもたぶん、5は不都合な真実
#10 匿名さん2018/05/15(Tue)21:25:05ID:RhYzVmN2mM
と、また自分の都合のいい解釈をするウス馬鹿ww
#11 匿名さん2018/05/15(Tue)23:45:22ID:BhZGU5OWGZ
前輪駆動でHV車のみ、という、クルマ好きやジャーナリストに敬遠される組み合わせがアレなわけで。。。
北京モーターショーで初披露ってところが、ESの全てを物語る
来年登場のGSに期待

#12 匿名さん2018/05/16(Wed)20:37:50ID:EwZmJiM2zM
"クルマ好き"使うのは高齢者だってなw
#13 匿名さん2018/05/16(Wed)23:50:29ID:IxMGJiZGWN
また、出てきたよ
#14 匿名さん2018/05/17(Thu)21:44:51ID:FlMzM3Mm2O
11
ハァ⁈ジャーナリスト⁈ 広告宣伝屋のことか?
エビカニすりゃすぐに大絶賛に決まってるだろw
#15 匿名さん2018/05/17(Thu)23:52:16ID:hkZWFhMmzY
FFでハイブリッド専用とは残念。
アメリカと中国では、売れるでしょう。そういう車。
#16 匿名さん2018/05/18(Fri)00:01:14ID:JhYzM0ODTY
以上、残念な人の頓珍漢なコメントでした(笑)
#17 匿名さん2018/05/18(Fri)00:04:14ID:IzYzI4Mm2O
⬆︎
荒らし確定
#18 匿名さん2018/05/18(Fri)00:15:45ID:JhYzM0ODTY
⬆︎
残念な人確定
#19 匿名さん2018/05/18(Fri)00:22:24ID:IzYzI4Mm2O
16、18
自分と違う意見を、
「そういう見方もあるのか」って
思うことはできないの?
#20 匿名さん2018/05/19(Sat)12:29:36ID:AzMTZlOGDZ
レクサスがどんなに素晴らしいクルマを作ってもネガキャンしかしない奴もいるしな
#21 匿名さん2018/05/19(Sat)12:31:49ID:g4ZWY5NDDM
ワーゲンネガキャン男が、死んだみたいだしね

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/04/20)

レクサスESのフルモデルチェンジ発表予告、北京モーターショー2018

レクサス新型ES、プレミアムFFセダンが中国で一新

レクサスはESシリーズをフルモデルチェンジさせ、4月25日にプレスデーを迎える北京モーターショー2018で新型をワールドプレミアさせる。

(写真は新型レクサスES)
レクサスES

ESシリーズはこれまで、日本のレクサスの正規販売モデルとしてラインアップされた実績が無く、馴染みの薄い車種に感じるが、それでもかつてはウィンダムの車名でトヨタブランドから販売されてきた時期がある。プラットフォームはカムリと共用された大型FFセダンで、ウィンダムはさらに高級モデルとしてポジショニングされていた。

ただし、そのウィンダムも2006年に日本販売が終わっている。日本はプレミアムな大型FFセダンというカテゴリが根付きにくい市場環境にあるが、大きなセダンが好まれる北米と中国では重要なモデルとしてこれまでラインアップされてきた。今回フルモデルチェンジ発表の場所が北京に選ばれたのも、そんな市場の好みに合わせた結果と考える。

レクサスES リアコンビネーションランプ

新型ESのスピンドルグリルのデザインが美しい、日本発売の可能性有り

新型ESシリーズのボディサイズや搭載されるエンジンなど詳細な仕様については発表日を待つことになるが、エクステリアについては前もって情報が提供された。

レクサスES フロントグリル

フロントのスピンドルグリルは最新タイプを採用。グリル内の装飾も外枠の糸巻き形状に合わせた凝ったデザインとなっている。

レクサスES ヘッドランプ

ヘッドランプではL型のLEDデイタイムランプでブランドの共通イメージが踏襲される。

レクサスES 北京モーターショー2018 レクサスES 北京モーターショー

サイドからのボディシルエットでは、ルーフ後半がファストバック調になっているのがわかる。

(写真は従来型レクサスES 6代目モデル初期型)
レクサス ES 6th

レクサスはこれまでにHSシリーズとしてFFセダンを国内向けに売ってきたが2017年に販売を終了させている。後継モデルが特に設定されていないことから、新型ESが2018年秋頃に日本導入されるという噂もある。