car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサス新型ES300h発売、プレミアムFFビッグセダン580万円から

ES300hが日本発売、ウィンダム以来12年ぶり復活

レクサスから新型ES300hが2018年10月24日に発売となった。

(写真は新型ES300h)
ES300h

ESシリーズは、グローバルでは29年もの歴史を持つモデル。日本市場向けにレクサスから販売されるのは今回の新型が初めてとなる。

ES300h リアコンビネーションランプ

歴代ESシリーズの基本骨格はカムリ系統が採用された時代が長かった。なかでも2代目~4代目ESシリーズは、トヨタ・ウィンダムとして日本で販売された実績がある。その後、日本市場ではセダン離れが進行し、5代目ESシリーズに相当するモデルは日本発売に至らなかった。さらに6代目ESシリーズはワンサイズ大きいアバロン系統とプラットフォームが共用され、これも日本市場には導入されなかった。

ES300h レクサス ES300h トランク

一方で米国、中国ではFFビッグセダンが好まれる。特に中国ではESがレクサスで最も販売台数の出やすいシリーズとして人気を確立してきた。

ES300h インテリア ES300h シート

そんななか7代目モデルとなる新型ESシリーズは、日本市場でも販売された。サイズが近いFRセダンのGSシリーズに後継モデルが設定されない見込みで、その穴を埋めるのがESシリーズというわけだ。

新型ES300h、デジタルアウターミラー装備車は700万円以上

新型ES300hのボディサイズは全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mm、ホイールベースは2870mm。日本では気軽に保有しにくい寸法のビッグセダンである。パワートレインは新開発の2.5Lハイブリッドで、駆動方式はFFのみとなり4WDは設定されない。車両価格(消費税込み)は、ベースグレードが580万円、Fスポーツが629万円、バージョンLが698万円となる。

デジタルアウターミラー

量産車初となるデジタルアウターミラーは注目の装備。これはフラグシップグレードのバージョンLのみに21万6000円でオプション設定された。安全面だけでなくエクステリアの進化も期待されるデジタルアウターミラーであるが、この価格設定ではトヨタの幅広い車種にまで採用が進むのはもう少し先か。

#30 匿名さん2018/10/29(Mon)18:43:26ID:M1NjE4ZmGZ
(笑)
#31 匿名さん2018/10/29(Mon)20:15:19ID:gxOGYxYTjZ
いいクルマなのはわかるが、庶民には届きません…
#32 匿名さん2018/10/29(Mon)20:29:07ID:g0Y2NmOTmY

ドイツ車も
排ガス不正なら世界最高の技術w
誰も異論なしw
#33 匿名さん2018/10/29(Mon)21:19:54ID:kxMGY2MjzN
よく分からないんだが、たとえサイドミラーがカメラ化しても、そのカメラの撮影範囲を把握しておく必要があるから、死角に対する不安が無くなるわけでは無いよね。
カメラのモニターもAピラー付近にあるのなら、視線移動が無くなるわけでも無いよね。
天候不順時には確かに便利かもしれないが、そんなシチュエーション滅多に無いし。
昔ながらのフェンダーミラーが最強ではないかと。
#34 匿名さん2018/10/29(Mon)23:09:49ID:djZGJjZTGM
どうせ買えもしないヤツがあーだこーだと評論しても
時間の無駄だろ
レクサス側もそんなヤツは相手にしてないからな(笑)
#35 匿名さん2018/10/30(Tue)08:26:14ID:RkMmY5MjWN
コメント全否定(笑)
#36 匿名さん2018/10/31(Wed)21:32:46ID:Y5YjcyZmTN
5m近い全長でFF車って。。。
プライス的にも輸入車買うわな。。。
#37 匿名さん2018/10/31(Wed)21:50:45ID:I2MzM4ZmDM
レクサスはセンスもない金もない舶来信者は対象外だから心配無用
#38 匿名さん2018/10/31(Wed)22:12:38ID:ZmYjkzMzzM
センスも金もあるから輸入車を買う、という現実。悔しかろうが、これが現実。
#39 匿名さん2018/10/31(Wed)22:19:20ID:ZiNDVjMGjN
38
オマエはそういうクラスの人に使われる人間なんだよ
目を覚ませよw
#40 匿名さん2018/10/31(Wed)22:24:36ID:ZmYjkzMzzM
39
なんだコイツ?
なぜ絡む?
#41 匿名さん2018/10/31(Wed)23:15:09ID:BhNTM2ODzY
本当のお金持ちは自分で運転しないからボディの大きさとか、FFもFRもあまり関係はないんですよね。

FRじゃなきゃ嫌だとか、そんな貧乏くさいことは買えない人がつまらん批評をするだけです(笑)

#42 匿名さん2018/11/01(Thu)08:50:27ID:IyNGNjYzjY
誰かさんが崇拝してるドイツの排ガス偽装メーカー車もFF ばっか
#43 匿名さん2018/11/01(Thu)10:08:28ID:I1ODcxYj2M
マツダがFRに舵を切りそうな気配⁈
#44 匿名さん2018/11/02(Fri)06:33:38ID:c2YjM0NWWM
♯41
高級車は後席の乗り心地も大切。
だからこそのFRだろうに‥
#45 匿名さん2018/11/02(Fri)07:09:49ID:RmN2ZjYTWZ
FR にこだわる年寄(笑)
古くさい
欧州車
FR じいさん
また30年前のセンス
今は大差なし
#46 匿名さん2018/11/02(Fri)07:40:59ID:E0YWI3ZmTM
♯45
人の意見にいちいち絡むの、そろそろやめろよ
欲しくても買えないから、ひがんでるだけに見える、みっともない
#47 匿名さん2018/11/02(Fri)09:12:30ID:NkZWU0MWzZ
#44
アウディもFF だしキャデラックもFF だけど乗り心地が悪いという根拠は?
#48 匿名さん2018/11/02(Fri)09:12:38ID:UwZmM0NmjO
CO2排出量は、BMWやメルセデスの同クラスディーゼルをさらに下回る。
環境を重視する欧州のカンパニーカー需要にも食い込めるでしょう。
#49 匿名さん2018/11/02(Fri)09:36:32ID:JhNjRjMzzY
#47
誤りを指摘。
アウディ:FFモデルはごく一部。大半は「クワトロ」。
キャデラック:セダン系は大半がFRなんだけど。

で、

#44 根拠は?
個人的感想言えば、FFのほうが「乗り心地重視」的な仕様が多いと思うけど。
#50 匿名さん2018/11/02(Fri)10:55:26ID:I5Yzk2OTjO
#47 #49
それらが乗り心地悪いなんて言ってないでしょ?
FRと比べたら劣るよってはなし。
FRにすると後軸荷重が大きくなり、後席の上下挙動はマイルドになる。
#51 匿名さん2018/11/02(Fri)11:16:33ID:NkNDJhYzDO
FFベースのアウディホント最低なんだな…

#52 連投ごめん2018/11/02(Fri)11:21:37ID:I5Yzk2OTjO
単に後軸荷重の大きさ・後席の上下挙動だけでなく、前軸重とのバランスも最適化しやすい(50:50など)から車両全体としての挙動も安定する。また、ホイールベースを長く取りやすい点も 乗り心地に重要な要素。
いまだ多くの高級車がFRにこだわる大きな理由。
#53 #492018/11/02(Fri)11:42:38ID:JhNjRjMzzY
#50、52
いや、敢えて聞いてみた。非礼があればお許しいただきたい。そのご見解には全く同意です。

さて、#45はいつもの「荒らし」(恐らくトヨタの工作員)で、「FR」のワードに反応し#44に粘着。彼は恒例の欧州車(恐らくメルセデス・BMW)の「ネガキャン」をしたかったのだろう。
しかし、彼はひとつ間違いを犯した。自身で自身を自己否定している。
彼が狂信する「レクサス」のセダンラインアップの大半は今も「FRベース」が基本。「トヨタ」も、マークX、クラウン、センチュリーとあるわけで・・・
もっと言えば、ランクルもプラドも「FRベース」。ハイエースも「86」も・・・
これら全てが「古くさい」のか?「FRイコール年寄り・じいさん」なんて初耳だが、ソースはどこからか?
「レクサスLC」は「FR」だから古いのか?日本車屈指の美しいデザインを有し、国内外からその走行性能を高く評価されているのに「FR」だから「古くさくて年寄り」なのか?

「FF」とどこが「大差ない」のか?

ぜひ、これらについて見解を伺いたいところ。
#54 #492018/11/02(Fri)11:54:20ID:JhNjRjMzzY
#51
そんな事はないと思う。
それを言ったスレ画の「レクサスES」もFFレイアウトなんだから「ホント最低なんだな…」になってしまう・・・

アウディはFFベースとはいえ、世界的に少数派の「エンジン縦置きのFF」レイアウトを採用している(A4、A5、A6、A7、A8、Q5など)

チエブクロで恐縮だが、下記はとても参考になる。
ぜひご一読いただきたい。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11181455661
#55 匿名さん2018/11/02(Fri)12:35:10ID:YxZmE5NmmZ
マンセーじいさん、
必死の連投自演乙w

知恵袋wワロタ
他人の受け売りだからいつも赤っ恥!!

#56 匿名さん2018/11/02(Fri)12:51:42ID:Q5ZjY2OWjZ
#49-54
ID変えて一人芝居してるけど、この人大丈夫?
どう見ても同一人物の書き込みなんだが。変だぞ。気持ち悪いヤツだな。
#57 匿名さん2018/11/02(Fri)12:56:50ID:JhNjRjMzzY
#55
言い逃れができない場合、『誹謗中傷』&『捨て台詞』で退散か。

なあ、荒らしよ。なぜオマエは正々堂々と意見を闘わせないんだ?
答えに窮すると、逃げたり相手をdisったりで、ケムにまく行為は見苦しいと思う。

恐らく次の一手は、他のIDを使って「自作自演」で私を攻撃するのだろうが、「アクセス禁止処分」になってしまうかもしれないことを、よく理解しておいたほうがいい。
また、自分が「自作自演」しているからといって、相手(この場合、私)も同様だと思わないように。

ま、この警告も、どうせ聞く耳持たないだろうが。
#58 匿名さん2018/11/02(Fri)12:58:07ID:JhNjRjMzzY
#56
それを『自作自演』と言うんだよ。気持ち悪い、というか、不快。

どう見ても、文体が違うだろ?それぐらい気づいてほしいものだ。
#59 匿名さん2018/11/02(Fri)12:59:38ID:JhNjRjMzzY
>恐らく次の一手は、他のIDを使って「自作自演」で私を攻撃するのだろ>うが、「アクセス禁止処分」になってしまうかもしれないことを、よく>理解しておいたほうがいい。

#55 に続いて#56

私の予想が当たったわけだ。
#60 匿名さん2018/11/02(Fri)19:02:56ID:I3N2NlYzzZ
連投&連投で延々
荒らしウゼー!

#61 匿名さん2018/11/02(Fri)20:23:03ID:ZiZGFhNmGY
60
そういうコメントがウゼー
このらひとことに尽きる
#62 匿名さん2018/11/02(Fri)22:35:35ID:RjMjc0ZGTZ
59は予想屋か。万馬券当てたら褒めてつかわす。せいぜいハゲめ。
#63 匿名さん2018/11/03(Sat)18:21:18ID:EyYWE2Y2TZ
欧州で販売されることが決まった
祝㊗️ホンモノのクルマ
#64 匿名さん2018/11/04(Sun)02:28:31ID:VkZjFlNTTO
FFとFRの重量配分の話はかなり昔からあるけど、今はどうなんだろう。エンジニアも当然わかっているから改善してると思う。ESの場合リアに電池があるしね。アウディの縦置き?もともと4駆前提だから縦置きにしただけ。FFでは横置きより構造が複雑化して重量配分は逆にフロントヘビーでアンダーステアが強いと言われてたな。
#65 匿名さん2018/11/04(Sun)09:50:23ID:MxZjVlMmTN
FR命じいさんは中古318でも買って自慢してりゃ幸せな人生(爆笑)
#66 匿名さん2018/11/04(Sun)10:03:05ID:JjY2UzZmzN
♯65

♯53の問いにまだ答えてないみたいだけど?
#67 匿名さん2018/11/04(Sun)19:40:16ID:U2MjI2OGjM
318iは良い車だと思うけどな。
あのレベルの3気筒エンジンはそうそう作れるもんじゃ無いよ
#68 匿名さん2018/11/04(Sun)22:20:32ID:U0NmZhZDjN
3気筒の貧乏臭いビーエムを買ってうれしいか?
#69 匿名さん2018/11/05(Mon)03:20:55ID:YxNjZiOG2Y
#68
『スープラ板』の#39~42の投稿者と同じ人ですよね?
「ミニバン+HV」を信奉するあなたとは違うんですよ。価値観が。

・ミニバン:大きくて立派⇒高級!
・最新の318i:3気筒?1.5L?BMWなのに?ハァ?

このような感覚を全く持ち得ない、感度の高いユーザー、もっと言えば「良いモノを見極めるセンスをもった」ユーザーが最新の318iを選択しているんです。

『合理的でクレバー』か、そうじゃないかは、乗っているクルマを見ればだいたいわかるものです。
#70 匿名さん2018/11/13(Tue)20:53:35ID:QwOWUyYz2Y
【4つの価格帯別、オーナー満足度が高い車ベスト5】

レクサス ES第3位  
3万3000~4万4999ドル部門

https://www.businessinsider.jp/post-179237
#71 匿名さん2018/11/13(Tue)21:25:47ID:kyMmU4MWTN
北米の評価ね
欧州で評価されればホンモノのクルマだから、来年の欧州での評価を待とう
#72 匿名さん2018/11/13(Tue)21:34:02ID:RiNjAxMWmN
71

VW とBMWは一つも入っていません。さすがにアメリカのユーザーは違います。ステマに騙されたりしません。愚かな欧州車崇拝は絶対にありません。自動車の国だけあって評価が正確かつ公正です。
#73 匿名さん2018/11/18(Sun)13:52:17ID:M0NzFmMTTN
ESは軒並み高評価のようです!
#74 匿名さん2018/11/18(Sun)14:43:04ID:Y3YWQ2YzWM
いえ、来年販売が予定されている欧州での評価を待つべきです。
欧州で評価されればホンモノの車だと、このサイトで教わりましたから、欧州での評価を待ちましょう。
#75 匿名さん2018/11/18(Sun)16:07:45ID:Y3MjBlNjTN
ご自身で試乗してみては?
#76 匿名さん2018/11/18(Sun)16:26:43ID:I5Y2NlNjzM
製品評価の厳しい米国の評価で決まるわ。欧州でも高い評価は当然。
#77 匿名さん2018/11/21(Wed)20:55:03ID:FmNzZlNzjN
トヨタは安泰!さすがだネ!
#78 匿名さん2018/12/03(Mon)18:35:23ID:U0YTJkMGjM
500h(3.5literエンジンのハイブリッド)あたりで、登場するのかと、思っていたが…。
#79 匿名さん2018/12/03(Mon)19:45:11ID:QyNTMwOTTY
78
FF車なんだから、そんな大パワーを前輪だけで受け止められるわけないじゃん。だからESは350がトップモデルなわけ。

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/09/30)

レクサス新型ES300h、カメラ式サイドミラーを量産車初採用

10月発売の新型ES300hにデジタルアウターミラー装備

10月下旬の日本発売が予告されているレクサス新型ESシリーズ。これには量産車として初のデジタルアウターミラーが採用されることになる。

(写真はレクサス新型ESシリーズ)
デジタルアウターミラー

メーカーを問わず、何かしらのコンセプトカーが出される度に話題に上がっていたのが細く小さいドアミラー。あんな小さなミラーでは後方確認ができないなどとケチをつけられていた小型ドアミラーであるが、これがいよいよ市販モデルとして実用化されることになる。外部ミラーはデジタルカメラに置き換わり、その映像は車内Aピラー両サイドのモニター画面に映し出される。

カメラ式ドアミラー

左右指示器を出した場合、あるいはリバースギアを選択したときには、これらに応じて最適な視野域の情報に切り替わる。さらに、小さくなったドアミラーは左右前方の死角を減らすことにも貢献し、ドアミラーによって隠されていた歩行者の目視が可能となる。雨天や夜間における、視野の悪い状況も大きく改善されることになる。

モニター式サイドミラー

カメラ式ドアミラーは自動車史において一つの区切りとなる

デジタルアウターミラーにより安全性が高まることは言うまでもない。ただ、従来の大型ドアミラーを備え付けた車体と比較して、エクステリアのクオリティが大幅に向上することも敢えて言及しておきたい。

ES300h ドアミラー ES300h日本仕様

まずは、ESシリーズからの導入となるデジタルアウターミラーであるが、この程度の技術はメーカー問わずほとんどの市販モデルにまで普及するのは時間の問題だろう。かつてフェンダーミラーからドアミラーへと移り変わったのと同様に、見た目で大きく新旧の差がつく装備は自動車の歴史において一つの区切りとなる。クルマの買い替えも促進されそうだ。

過去記事(2018/07/28)

レクサス新型ES300hが10月24日発売予定、FFビッグセダンを日本導入

新型ES300hが10月発売予定、カムリの2.5Lハイブリッド搭載

レクサスはグローバルで販売してきたESシリーズのフルモデルチェンジを2018年春の北京モーターショーで発表していた。ESシリーズは本モデルから日本販売されることになり、その発売日が2018年10月24日に予定されている。

(写真は新型ESシリーズ)
ES300h

レクサスES300hはFFプラットフォームならではの広いキャビンが特徴

新型ES日本仕様のパワートレイン選択肢はES300hの直4 2.5Lハイブリッドのみとなる。グローバルではV6 3.5Lガソリン、2.5Lガソリン、2.0Lガソリンが用意されるが、これらは日本仕様には導入されない。

TNGA THS2 ハイブリッド

ハイブリッドパワートレインと同じくプラットフォームもトヨタ・カムリがベースとなる。ボディサイズは全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mm、ホイールベースは2870mm。室内空間の広さがFFプラットフォームのメリットである。レクサスのセダンモデルのなかで新型ESの室内が最も広くなり、フラグシップセダンのLSシリーズを上回る。

ES300h フロントグリル ES300h トランク

LSよりもリーズナブルな価格帯、ラグジャリーで広い室内、最新のハイブリッドパワートレイン採用となればそれなりの商品力となりそう。

ES300h インテリア ES300h リアコンビネーションランプ

一方でボディサイズの近かったFRセダンのGSシリーズが終了するのではという予想もあったが現行型の販売は継続される。次期GSも開発中で、日本仕様も上位パワートレインのみ用意される見込み。

過去記事(2018/05/14)

レクサス新型ES300hの発売は10月、FFセダンを日本に新規導入

新型ESシリーズが日本でも販売される予定、今秋発売

レクサスが新型ES300hを2018年10月に日本向けに発売する見通しとなっている。

(写真は新型ES300h)
ES300h

フルモデルチェンジを受けた新型ESシリーズは、先月に開催された北京モーターショー2018でワールドプレミアを迎えていた。北米販売されるモデルを含めると、ES350のV6 3.5Lガソリン、ES300hの直4 2.5Lハイブリッド、ES250およびES260の直4 2.5Lガソリン、ES200の直4 2.0L ガソリンと多彩なパワートレインラインアップとなっている。

ES300h レクサス ES300h リアコンビネーションランプ

このうち日本市場への導入が計画されているのがES300hである。トヨタ・カムリとタイプが同じハイブリッドシステムであるが、ES向けの専用チューンを受けてパフォーマンスアップされる見込み。

ES300h フロントグリル ES300h トランク

ES300hをEセグメントの主力に、次期GSは日本向けラインアップを大幅縮小

新型ESシリーズのボディサイズは全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mm、ホイールベースは2870mm。パッケージングで有利なFFプラットフォームを採用しており、広々としたラグジュアリーセダンという位置づけとなる。

ES300h インテリア ES300h シート

これまで日本市場でのESシリーズの販売実績は無いが、ボディサイズの近いものではFRプラットフォームのGSシリーズがあった。現行GSシリーズは2012年発売のモデル末期で、こちらもフルモデルチェンジが近づいている。ただし、日本市場向けの販売はV8 5.0Lエンジン搭載のGS Fのみに絞られ、主力グレードは販売されない可能性がある。このポジションを実質的に引き継ぐのがFFの新型ES300hということになるだろう。

過去記事(2018/04/20)

レクサスESのフルモデルチェンジ発表予告、北京モーターショー2018

レクサス新型ES、プレミアムFFセダンが中国で一新

レクサスはESシリーズをフルモデルチェンジさせ、4月25日にプレスデーを迎える北京モーターショー2018で新型をワールドプレミアさせる。

(写真は新型レクサスES)
レクサスES

ESシリーズはこれまで、日本のレクサスの正規販売モデルとしてラインアップされた実績が無く、馴染みの薄い車種に感じるが、それでもかつてはウィンダムの車名でトヨタブランドから販売されてきた時期がある。プラットフォームはカムリと共用された大型FFセダンで、ウィンダムはさらに高級モデルとしてポジショニングされていた。

ただし、そのウィンダムも2006年に日本販売が終わっている。日本はプレミアムな大型FFセダンというカテゴリが根付きにくい市場環境にあるが、大きなセダンが好まれる北米と中国では重要なモデルとしてこれまでラインアップされてきた。今回フルモデルチェンジ発表の場所が北京に選ばれたのも、そんな市場の好みに合わせた結果と考える。

レクサスES リアコンビネーションランプ

新型ESのスピンドルグリルのデザインが美しい、日本発売の可能性有り

新型ESシリーズのボディサイズや搭載されるエンジンなど詳細な仕様については発表日を待つことになるが、エクステリアについては前もって情報が提供された。

レクサスES フロントグリル

フロントのスピンドルグリルは最新タイプを採用。グリル内の装飾も外枠の糸巻き形状に合わせた凝ったデザインとなっている。

レクサスES ヘッドランプ

ヘッドランプではL型のLEDデイタイムランプでブランドの共通イメージが踏襲される。

レクサスES 北京モーターショー2018 レクサスES 北京モーターショー

サイドからのボディシルエットでは、ルーフ後半がファストバック調になっているのがわかる。

(写真は従来型レクサスES 6代目モデル初期型)
レクサス ES 6th

レクサスはこれまでにHSシリーズとしてFFセダンを国内向けに売ってきたが2017年に販売を終了させている。後継モデルが特に設定されていないことから、新型ESが2018年秋頃に日本導入されるという噂もある。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先