car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサス新型ES300hが10月24日発売予定、FFビッグセダンを日本導入

新型ES300hが10月発売予定、カムリの2.5Lハイブリッド搭載

レクサスはグローバルで販売してきたESシリーズのフルモデルチェンジを2018年春の北京モーターショーで発表していた。ESシリーズは本モデルから日本販売されることになり、その発売日が2018年10月24日に予定されている。

(写真は新型ESシリーズ)
ES300h

レクサスES300hはFFプラットフォームならではの広いキャビンが特徴

新型ES日本仕様のパワートレイン選択肢はES300hの直4 2.5Lハイブリッドのみとなる。グローバルではV6 3.5Lガソリン、2.5Lガソリン、2.0Lガソリンが用意されるが、これらは日本仕様には導入されない。

TNGA THS2 ハイブリッド

ハイブリッドパワートレインと同じくプラットフォームもトヨタ・カムリがベースとなる。ボディサイズは全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mm、ホイールベースは2870mm。室内空間の広さがFFプラットフォームのメリットである。レクサスのセダンモデルのなかで新型ESの室内が最も広くなり、フラグシップセダンのLSシリーズを上回る。

ES300h フロントグリル ES300h トランク

LSよりもリーズナブルな価格帯、ラグジャリーで広い室内、最新のハイブリッドパワートレイン採用となればそれなりの商品力となりそう。

ES300h インテリア ES300h リアコンビネーションランプ

一方でボディサイズの近かったFRセダンのGSシリーズが終了するのではという予想もあったが現行型の販売は継続される。次期GSも開発中で、日本仕様も上位パワートレインのみ用意される見込み。

#1 ヘルセデスベンツ2018/07/29(Sun)08:48:55ID:A2MWNkZjWN
フロントグリルが格好悪い。
#2 ベルセデス便器2018/07/29(Sun)09:07:46ID:U1ZmRhYjDN
フロントグリルが気持ちいい。
#3 匿名さん2018/07/29(Sun)11:05:23ID:U0NWM2YWDO
レクサスが気持ち悪い。
#4 匿名さん2018/07/29(Sun)12:55:28ID:Y3ZTcxNmDM
#3
負け組のヒガミがここにも
#5 匿名さん2018/07/29(Sun)14:05:57ID:dhYzhhOTjY
同じような車格のGSが全く売れてないのに、ESが売れるとは思えないな
#6 匿名さん2018/07/29(Sun)14:08:08ID:JjM2Q0OWGM
初期の頃の小さいスピンドルグリルのデザインは、遠くからも目だって、
レクサスのアイデンティティとしても、様になっていた。しかし最近の
スピンドルグリルはあまりにもデカすぎる。やり過ぎ。
#7 匿名さん2018/07/29(Sun)18:06:51ID:E3ZDJlNmzY
カムリの方が、安くてカッコ良くて良いと思う。
#8 匿名さん2018/07/29(Sun)20:53:05ID:YzOGRmYzDM
もうクラウンすらそれほど売れないが、
いずれSUVブームも落ち着くはず。
セダン以外が高級車の代名詞になるのは想像しづらい。
なのでラインナップを維持するのは大事。

ただ世界的にも走行性能より実用性や存在感へのニーズが高まって、
高級車は今後どうなるやら。
#9 匿名さん2018/07/30(Mon)07:47:59ID:QxMzY1YjWY
欧州車を信仰してる連中はレクサスを貶す事しか出来ないんだよね。

排気ガス規制を不正にくぐり抜けたVWグループや、数十年にも渡りカルテルを結んで消費者を裏切り続けてきたメルセデス・BMW・VWグループのような詐欺企業と比べたらよっぽどまともだしレクサスを選ぶ人はよっぽど分かっている人間だよ。
#10 匿名さん2018/07/30(Mon)10:10:25ID:liZjMxYjWN
「Wa-幻ラップⅡ」

LYRICS:DJ-「Ni-和歌」
MUSIC:A.ki.ra.benchmark

(1番)
♬ Yo!
ん寝ても覚めてもワーゲン⤴ウァーゲン⤵️♪
ウァーゲン叩きはやめられぬぁ~い⤴。♪
んキライ・キルァ~イ・も好きのうつぃ~⤵️♪
結局ワーゲンうぉーあいにー♪
チェッチェケ、チェケチェケチェッ! Yo!♬

(2番)
♬ 朝から晩までワーゲン⤴ウァーゲン⤵️♪
ウァーゲン叩きは密の味ぃ⤴。♪
ん嫌よ・嫌Yo・も好きのうつぃ~⤵️♪
ワーゲン無しではいられぬぁ~い⤴♪
チェッチェケ、チェケチェケチェッ! Yo!♬
#11 匿名さん2018/07/30(Mon)10:10:28ID:liZjMxYjWN
(3番+大サビ)
♬ 年から年中、ワーゲン⤴ウァーゲン⤵️♪
ウァーゲン貶(おとし)め、憂さ晴らすぃ~⤴。♪
ゴルフはやっぱり素晴らすぃ~⤴♪
惨敗覚悟で今日もGo!⤵️♪

ネガキャン転じて「ゴルフfan」⤴♪
ネガキャン続けりゃ「What fun!」♫
ネガキャン、サスは「ネガティヴ・キャンバー」⤵️♪
ネガキャン・ミニバン・「オレDQN」!♫

論戦敗れて、今日も「Blue」⤵️♪
都合がわるけりゃ、今日も「スルー」⤵️♪

チェッチェケ、チェケチェケチェッ! Yo!♬
チェッチェケ、チェケチェケチェッ! Yo!♬
トットト、キエテクレッ! Yo!♬
逃亡、許しますっ! Yo!♬
#12 匿名さん2018/07/30(Mon)21:05:00ID:ZhMmI1ZTDN
#10-11
VWに具合が悪いと必ず出てくる!!
真実を隠ぺいしようと必死!!
レクサスの板なんだから邪魔するな
#13 匿名さん2018/07/31(Tue)23:25:06ID:I5NWQ2MDDO
排ガス偽装メーカー崇拝する奴のバカ面が見てみたい
#14 匿名さん2018/08/01(Wed)12:41:58ID:IyYzkyMTGZ
#4
トヨタ マンセーのクソ面を見てみたい
#15 匿名さん2018/08/01(Wed)13:41:28ID:MxZjZmZmDO
#13
「ワーゲン大好き荒らし投稿者」のゴキブリミニバン面など見たくもない
#16 匿名さん2018/08/01(Wed)23:24:39ID:E1Y2MyMjTO
#14-15
ワーゲンに都合悪いと必ず出て荒らして話題そらし!
スマホでID変えて連投!
いい加減にしたら!
#17 匿名さん2018/08/02(Thu)03:38:34ID:M3NzU1OTzM
カムリのほうがかっこいいと思うのは私だけか。まぁ昨日発表されたカムリWSを1ヶ月前に仮注文してるから余計にそう思えるんだろうが。
#18 匿名さん2018/08/02(Thu)08:17:56ID:ExYmM4MTWZ
ウインダムが懐かしい(老害失礼!)
#19 匿名さん2018/08/02(Thu)08:29:19ID:g2NGNiMDWZ
#17
良いセレクト!「WS」はカッコ良い
#20 匿名さん2018/08/04(Sat)07:32:55ID:Q1OGE0MjTM
バカ売れするんだろう
#21 匿名さん2018/08/05(Sun)03:08:23ID:NjYmU0ZTTN
20
北米・中国ではな
日本で「バカ売れ」すると思ってんなら、もう少し勉強が必要だわ
#22 匿名さん2018/08/05(Sun)10:13:35ID:U1YjZjMT2O
17
俺もカムリの方が好きだけど、カムリと比べてどちらがいいかは、趣味によるんじゃないかな?
丙丁つけ難い。
#23 匿名さん2018/08/05(Sun)23:27:03ID:k0NjcyNGDM
結局上手いこと売れる予感。

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/05/14)

レクサス新型ES300hの発売は10月、FFセダンを日本に新規導入

新型ESシリーズが日本でも販売される予定、今秋発売

レクサスが新型ES300hを2018年10月に日本向けに発売する見通しとなっている。

(写真は新型ES300h)
ES300h

フルモデルチェンジを受けた新型ESシリーズは、先月に開催された北京モーターショー2018でワールドプレミアを迎えていた。北米販売されるモデルを含めると、ES350のV6 3.5Lガソリン、ES300hの直4 2.5Lハイブリッド、ES250およびES260の直4 2.5Lガソリン、ES200の直4 2.0L ガソリンと多彩なパワートレインラインアップとなっている。

ES300h レクサス ES300h リアコンビネーションランプ

このうち日本市場への導入が計画されているのがES300hである。トヨタ・カムリとタイプが同じハイブリッドシステムであるが、ES向けの専用チューンを受けてパフォーマンスアップされる見込み。

ES300h フロントグリル ES300h トランク

ES300hをEセグメントの主力に、次期GSは日本向けラインアップを大幅縮小

新型ESシリーズのボディサイズは全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mm、ホイールベースは2870mm。パッケージングで有利なFFプラットフォームを採用しており、広々としたラグジュアリーセダンという位置づけとなる。

ES300h インテリア ES300h シート

これまで日本市場でのESシリーズの販売実績は無いが、ボディサイズの近いものではFRプラットフォームのGSシリーズがあった。現行GSシリーズは2012年発売のモデル末期で、こちらもフルモデルチェンジが近づいている。ただし、日本市場向けの販売はV8 5.0Lエンジン搭載のGS Fのみに絞られ、主力グレードは販売されない可能性がある。このポジションを実質的に引き継ぐのがFFの新型ES300hということになるだろう。

過去記事(2018/04/20)

レクサスESのフルモデルチェンジ発表予告、北京モーターショー2018

レクサス新型ES、プレミアムFFセダンが中国で一新

レクサスはESシリーズをフルモデルチェンジさせ、4月25日にプレスデーを迎える北京モーターショー2018で新型をワールドプレミアさせる。

(写真は新型レクサスES)
レクサスES

ESシリーズはこれまで、日本のレクサスの正規販売モデルとしてラインアップされた実績が無く、馴染みの薄い車種に感じるが、それでもかつてはウィンダムの車名でトヨタブランドから販売されてきた時期がある。プラットフォームはカムリと共用された大型FFセダンで、ウィンダムはさらに高級モデルとしてポジショニングされていた。

ただし、そのウィンダムも2006年に日本販売が終わっている。日本はプレミアムな大型FFセダンというカテゴリが根付きにくい市場環境にあるが、大きなセダンが好まれる北米と中国では重要なモデルとしてこれまでラインアップされてきた。今回フルモデルチェンジ発表の場所が北京に選ばれたのも、そんな市場の好みに合わせた結果と考える。

レクサスES リアコンビネーションランプ

新型ESのスピンドルグリルのデザインが美しい、日本発売の可能性有り

新型ESシリーズのボディサイズや搭載されるエンジンなど詳細な仕様については発表日を待つことになるが、エクステリアについては前もって情報が提供された。

レクサスES フロントグリル

フロントのスピンドルグリルは最新タイプを採用。グリル内の装飾も外枠の糸巻き形状に合わせた凝ったデザインとなっている。

レクサスES ヘッドランプ

ヘッドランプではL型のLEDデイタイムランプでブランドの共通イメージが踏襲される。

レクサスES 北京モーターショー2018 レクサスES 北京モーターショー

サイドからのボディシルエットでは、ルーフ後半がファストバック調になっているのがわかる。

(写真は従来型レクサスES 6代目モデル初期型)
レクサス ES 6th

レクサスはこれまでにHSシリーズとしてFFセダンを国内向けに売ってきたが2017年に販売を終了させている。後継モデルが特に設定されていないことから、新型ESが2018年秋頃に日本導入されるという噂もある。