car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型Eクラス カブリオレ画像、メルセデスベンツがジュネーブでワールドプレミア

新型Eクラス カブリオレが遂に公開、ジュネーブモーターショー2017

メルセデスベンツEクラス カブリオレがフルモデルチェンジを受け、今月開催されたジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアを迎えた。

(写真は新型Eクラスカブリオレ)
Eクラス カブリオレ

メルセデスベンツでは2016年からEクラスの5代目モデルに向けた移行が進められている。セダンとステーションワゴンが先行して販売されるなか、2017年1月の北米国際オートショーではクーペがワールドプレミア。さらに今回のジュネーブでカブリオレが追加され、新型Eクラスのすべてのボディタイプが公開されたことになる。

メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ フロントグリル メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ リアコンビネーションランプ

新型Eクラスカブリオレはボディサイズ拡大で居住性向上、トップグレードエンジンは3.5L V6ツインターボ

Eクラス カブリオレ ドライバーズシート Eクラス カブリオレ シート

新型Eクラス カブリオレのボディサイズは全長4826mm×全幅1860mm×全高1428mm、ホイールベースは2873mmとなる。

Eクラス カブリオレ インテリア Eクラス カブリオレ リアシート

先代モデルとの比較では、全長が+123mm、全幅+74mm×全高+32mm、ホイールベース+113mmとなっており、ボディサイズは拡大している。ゆとりのあるキャビンスペースが確保された。

Eクラス カブリオレ フロントグリル Eクラス カブリオレ マフラー

ラゲッジ容量はソフトトップ格納時で310L、ソフトトップ使用時で385Lとなっており、この手のクルマとしては実用性もかなり高いと言えるだろう。

Eクラス カブリオレ リアコンビネーションランプ Eクラス カブリオレ ジュネーブモーターショー2017

ソフトトップのルーフは電動開閉式となっており、50km/h以下の走行中でも20秒で開閉可能としている。

メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ

新型Eクラスカブリオレに搭載されるエンジンは、最高出力333psの3.5L V6ガソリンツインターボ、245psの2.0L 直4 ガソリンターボ、184psの2.0L 直4 ガソリンターボ、194psの2.0L 直4ディーゼルの計4種類がラインアップ。トランスミッションは9速ATが採用される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/09/10)

メルセデスベンツEクラス・E350ブルーテックアバンギャルドの乗り心地に違和感

E350ブルーテックアバンギャルドはV6 3.0Lターボディーゼル搭載

(写真はEクラスセダン)
Eクラス セダン
今回はメルセデス・ベンツEクラスの現行モデルの中でも、エコカーでありながらメルセデスらしさを失わない高級セダン&ステーションワゴンのE350ブルーテックアバンギャルドについて紹介したい。
メルセデスは日本車以外の輸入車では初めてハイブリッド車を導入したブランドでもあり、環境への配慮は相当力を入れている。Eクラスに新しく導入されたブルーテックとは、そのハイブリッドではなく、メルセデスの誇る新型クリーンディーゼルエンジンである。ご存知かもしれないが、欧州ではディーゼルは汚い・臭いなどといった悪印象は全て過去のもので、燃費や環境配慮に優れたエンジンとして高い支持を得ている。
このE350に搭載されたブルーテックはヨーロッパよりはるかに厳しい日本の排ガス規制をクリアするレベルに達している。具体的には、尿素SCR触媒コンバータにより窒素酸化物を劇的に軽減できる後処理が可能となり、その分エンジン側の燃費効率の改善にもつながり二酸化炭素の発生も抑えられているのだ。E350ブルーテックとして採用されるV6 3.0Lターボディーゼルは、最高出力211ps、最大トルク540Nmという力強さを持ちながら、その燃費性能はJC08モードで12.4km/Lと驚きの低燃費なのである。

(写真はEクラスステーションワゴンE350ブルーテックアバンギャルド)
E350ステーションワゴン

Eクラス・E350ブルーテックアバンギャルドはランフラットタイヤによる違和感がある

E350ブルーテックアバンギャルドのインテリアは、その他のEクラスと変わらず高級感があふれ何の文句もない。ただし、乗り心地に関して言えば、従来のEクラスに比べると多少の違和感がある。その原因は、従来スペアタイヤのある位置に尿素水用のタンクがあるために、タイヤがランフラットタイヤが標準装備されていることにある。つまり、走りが若干硬いのである。
しかし、それはメルセデスに対する期待の高さからすればの話である。トルク感は素晴らしく、特に高速中心に考えれば加減速時における車との一体感は素晴らしいものがある。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先