car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・CX-4がワールドプレミア、北京モーターショー2016

CX-4市販型がデビュー、マツダの新型クロスオーバーSUV

マツダは4月25日より開催される北京モーターショー2016で、新型クロスオーバーSUVのCX-4を発表した。

(写真は新型CX-4、北京モーターショー2016)
CX-4 北京モーターショー

新型CX-4のボディサイズは全長4633mm×全幅1840mm×全高1530~1535mm、ホイールベースは2700mmとなる。ホイールベースからアクセラやCX-5がベースとなっていることが容易に想像される。CX-4は194~197mmの最低地上高が設定されながらも全高が低く抑えられたクーペSUV風のエクステリアが特徴となっている。

CX-4 フロントグリル 新型CX-4

フロントデザインから判断するに日本仕様のナンバープレートの位置はフロントグリル下となるだろう。

CX-4 インテリア CX-4 マツダ 市販型

新型CX-4は2.0Lと2.5LのスカイアクティブGを搭載、日本仕様はディーゼル期待

CX-4のパワートレインはエンジン、トランスミッション、駆動方式の組み合わせにより3タイプが用意される。

マツダ CX-4 ホイール

まずは4WD車として、2.5L SKYACTIV-GのNAガソリンエンジンが搭載され、6ATの採用となる。

マツダ CX-4 2016

FF車はワンサイズ小さい2.0L SKYACTIV-Gとなり、トランスミッションは6ATのほか6MTも設定される。

CX-4 マツダ

シンプルなパワートレインラインアップながらも6MTが用意されており、魅力を感じるファンもいるだろう。一方でクリーンディーゼルが無いのは期待はずれであった。ただし、今回の発表はあくまで中国仕様ということであるから、日本仕様ではまた異なるパワートレインが用意される可能性がある。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2016/04/06)

CX-4市販型の画像が中国サイトで公開、日本発売は2016年内の見込み

新型CX-4の画像が中国マツダで公開される、クーペSUVスタイル

マツダの新型CX-4の市販型が2016年4月25日にプレスデーを迎える北京モーターショーで公開されることは前回レポートでもお伝えした通り。マツダは中国向けの公式サイトで、CX-4の画像を公開した。

(写真は新型CX-4)
CX-4

CX-4はクーペSUVと予想する声が多かった。そのリアウィンドウは後ろに行くほど上下に狭くなり、まさにクーペSUVのスタイリングが取り入れられているのがわかる。ただし、実際の後席部分のルーフ高はそれほど下がっておらず、ヘッドクリアランスは十分に確保されていると考えられる。

cx-4 北京

バックウィンドウはベースとなったアクセラやCX-5と同様にルーフスポイラーが装備されている。これは敢えて装備しなかったほうが、リアルーフの滑らかな傾斜が強調され美しいシルエットに仕上がったかもしれない。

桜の花のようにも見えるホイールデザインはCX-5に使われているものと同タイプだろうか。

(写真は越 KOERUコンセプト)
越KOERUコンセプト ワールドプレミア

CX-4の日本発売は2016年内にも実施される見込み、パワートレインはSKYACTIV-G 2.0とSKYACTIV-D 2.2

CX-4は北京でワールドプレミアされるだけあって、やはり中国がメイン市場として扱われる。ただし、CX-4の前身であるKOERUコンセプトが東京モーターショーで公開されていたことからも日本発売は確実と考えられる。2016年内の日本発売に向けての動きもある。

(写真はSKYACTIV-D 2.2)
スカイアクティブ-D 2.2L

CX-4日本仕様に搭載されるパワートレインは2.0LのSKYACTIV-G、2.2LのSKYACTIV-Dの2タイプが予測される。

過去記事(2016/03/14)

マツダ・CX-4が北京モーターショー2016でワールドプレミア、ディザー画像公開

CX-4がワールドプレミア、KOERUコンセプトが中国市場で先行して市販化

隔年開催の北京モーターショーのプレスデーが2016年4月25日よりスタートされる。そこでマツダはワールドプレミアモデルとしてCX-4市販型の公開を予定している。

(写真はCX-4市販型、ティザー画像)
CX-4

マツダは次世代のクロスオーバーSUVモデルとして、KOERUコンセプトを2015年のフランクフルトモーターショー、および東京モーターショーで公開してきた。新型CX-4はその市販モデルということになる。

新型CX-4はシューティングブレークあるいはクーペSUVスタイル

KOERUコンセプトのボディサイズは全長4600mm×全幅1900mm×全高1500mm、ホイールベースは2700mmであった。アクセラおよびCX-5とホイールベースが同じであることから、CX-4はこれらのプラットフォームをベースとした派生モデルと考えていいだろう。

(写真はKOERUコンセプト)
越KOERUコンセプト ワールドプレミア マツダ KOERU コンセプト ハッチバック

車名が示す通り、CX-4はクロスオーバーSUVにカテゴライズされるモデルとなる。ただし、全高1500mmという低いボディスタイルから想像するに、近年のドイツ系プレミアムブランドが力を入れつつあるシューティングブレーク、あるいはクーペSUVのようなモデルと考えるのが妥当かもしれない。

KOERUコンセプト アクセラクロスオーバーSUV KOERUインテリア

SUVとしては全高が控えめであるが、ナンバープレート位置はアクセラのようなフロントグリル内ではなく、CX-5のようにグリル下に設置されることになるだろう。デザイン的にはこちらを好感するファンが多いはず。

越 KOERU マツダ KOERU リアコンビネーションランプ

CX-4は中国で現地生産され、2016年6月頃の発売が予定されている。KOERUコンセプトが東京モーターショーで出展されたことから日本市場でも導入される可能性は非常に高いモデルだ。

過去記事(2016/01/20)

CX-4が中国で今夏先行発売、全長はCX-5より長いシューティングブレーク

CX-4は長春で生産計画あり、北京モーターショーでワールドプレミアか

マツダの新型CX-4が2016年春にも中国で先行発売される見込みとなった。

(写真はKOERUコンセプト、フランクフルトモーターショー2015)
越KOERU コンセプト ワールドプレミア

マツダはコンセプトカーの越(KOERU)をフランクフルトモーターショー2015で発表。さらに東京モーターショー2015でも出品し、新型のクロスオーバーSUVモデルの開発を進めていることが明らかとなっていた。

越 KOERU マツダ KOERU リアコンビネーションランプ

CX-4の全長はCX-5より長い、シューティングブレークスタイル

KOERUコンセプトのボディサイズは全長4600mm×全幅1900mm×全高1500mm、ホイールベースは2700mmというもの。市販車のアクセラとホイールベースが同じであることから、その車体をベースに開発されていることが判断される。KOERUコンセプトの市販型はCX-4の車名が与えられることになるだろう。

KOERUインテリア

そして、その生産が中国の長春市で計画されていることが明らかとなった。新型CX-4は2016年夏頃より中国で先行発売されることになる。

マツダ KOERU コンセプト ハッチバック KOERUコンセプト アクセラクロスオーバーSUV

CX-4市販型のワールドプレミアは、2016年4月に開催される北京モーターショーになることが予想される。

越KOERUコンセプト ワールドプレミア

CX-4市販型の仕様についても情報が出回り始めた。ホイールベースは2700mmということでKOERUコンセプトから変わらず。全長は4635mm、全幅は1840mm、最低地上高は210mmという寸法となる。全長はCX-5より長くなるのでCX-6という車名でもおかしくない。オーソドックスなクロスオーバーSUVであるCX-5に対して、新型CX-4は全高が下げられたスタイリッシュなシューティングブレークという位置付けになるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先