car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ムーヴ キャンバス発売、ダイハツから両側スライドドア装備の新型軽自動車

新型キャンバスがダイハツよりデビュー、ムーヴがベースのスライドドア版

ダイハツから新型軽自動車、ムーヴ キャンバスが2016年9月7日に発売となった。

(写真は新型ムーヴ キャンバス)
ダイハツ ムーヴ キャンバス

ダイハツは昨年の東京モーターショー2015でコンセプトカーのHINATAを発表していた。その市販型が今回の新型車、ムーヴキャンバスということになる。車両価格は118万8000円からに設定される。

ダイハツキャンバス

HINATAではあまり感じなかったが、市販モデルのキャンバスから受ける印象はツートーンのカラーリングが特徴的で、フォルクスワーゲン・バスを連想させる。顧客ターゲットは女性と明言されており、初代タントを思い出させる丸みのあるヘッドランプもあり、親しみやすい表情に仕上がった。

キャンバス スライドドア

ムーヴキャンバスの登場でコンテは近いうちに販売終了となる見込み

ムーヴ キャンバスは一見するとタントのニューモデルという雰囲気もあるわけだが、その全高は1655mmに収まっている。タントが1750mm、ムーヴが1630mmというなかでは、やはりムーヴがベースであることには違いないようだ。

キャンバス

実は全高1.7m未満の軽自動車で両側スライドを装備するのはこのムーヴキャンバスが初となる。タントのような助手席側ピラーレス構造こそ無いが、これは車体剛性という視点ではプラスとなるはず。重心もムーヴ並となれば、走行安定性に不安を感じることも少なくなりそうだ。

(もちろん単色ボディも用意される)
キャンバス 発売

ムーヴ キャンバスのJC08モード燃費は、28.6km/Lとなる。ムーヴが31.0km/L、タントが28.0km/Lというなかでは妥当なところか。

(写真はムーヴ コンテ)
コンテ

また、ムーヴ キャンバスはムーヴ コンテの後継モデルというポジションも与えられている。リアドア形式はキャンバスが両側スライドドア、コンテがヒンジドアと異なるが、いずれもムーヴがベースの派生モデル。現在のところ、コンテの販売は継続されているが、近いうちに販売終了となる見込みだ。

#1 a2016/09/08(Thu)20:14:48
わぁ可愛い!タントやめてコッチ買うわ!
ってタントのお客さんが移っただけでござるの巻き
になると、ダイハツ困るだろうな
スズキやホンダから確実にお客を奪える上に、自社のラインナップとも
食い合わない車種を作るべきだと思うけど
ウェイクの二の舞にならんだろうか
#2 匿名さん2016/09/08(Thu)22:26:06
単純にモデルチェンジと名前の変更を同時にしただけ。ムーブよりタントの方がネームバリューがある様に感じるが、単に変化をアピールしたいのだろうか。

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/08/09)

ダイハツ・ムーヴキャンバスが9月7日発売見込み、ムーヴコンテ後継モデル

ムーヴキャンバス発売予定、コンテ後継はスライドドア装備

ダイハツから新型ムーヴキャンバスが発売される予定となっている。発売日は2016年9月7日頃が予想される。

(写真はコンセプトカーのHINATA)
HINATA コンセプト

ダイハツは2015年の東京モーターショーで、新たなコンセプトカーとしてHINATAを発表していた。これはスライドドアタイプの次世代軽ワゴン車がムーヴの車体をベースに開発中であることを意図したものであった。

次期タント コンセプト hinata

ムーヴキャンバスは低い全高でタントおよびウェイクと差別化

これまでムーヴの派生車としては、オシャレで四角いボディが特徴のムーヴ コンテがラインアップされてきた。2008年デビューのムーヴコンテは、軽自動車としては非常に長い8年という販売期間となっており、後継モデルの導入が求められるタイミングに来ている。今秋に登場する新型ムーヴキャンバスがその役目を果たすことになるだろう。

(写真は従来型ムーヴコンテ)
コンテ

新型ムーヴキャンバスは、ムーヴコンテには設定されなかったスライドドアを装備することで、新たな購買層にアピールされることになる。

(写真はタント)
ダイハツ タント

ダイハツのスライドドア軽ワゴン車といえば、これまでタントとウェイクが販売されてきた。これらとムーヴキャンバスの決定的な違いはルーフの高さにある。現行モデルの全高はタントが1750mm、ウェイクが1835mmとなっているが、新型ムーヴキャンバスは1660mm程度になる見込み。ムーヴベースならではの高速走行時の安定性が与えられる。もちろん車体重量も軽くなり、空力特性も良くなるから加速や燃費の面でも有利となる。エンジンはNAとターボの2種類が設定されるが、NAで十分と考えるユーザーが比較的多くなるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先